競合車よりも広い!?新型ステップワゴンの荷室開口部のサイズを確認してみた

2017年9月、マイナーチェンジをして新しいデザインに生まれ変わった新型ステップワゴン(STEPWGN)が、デビューをしました。

縦にだけではなく、横にも開ける事ができる”わくわくゲート”がこの新型モデルの魅力の一つですが、実際に見て良いと思ったのが、荷室・ラゲッジスペースの開口部のデザインと広さです。

縦に開けた時だけでなく、横に開けた時の開口部もとても広く、使い勝手が良いように感じました。

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジスペースの開口部の高さや横幅は、どのくらいだったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジスペースの開口部の広さや使い勝手を、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの荷室開口部の広さはどのくらい?

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の後ろ姿は、このようなデザインとなっています。

■新型ステップワゴンの後ろ姿

今回新発売された新型モデルの後ろ姿は、マイナーチェンジ前と同様にアシンメトリー(左右非対称)のデザインに…。

あまり良い評判を聞かないこの左右非対称の後ろ姿ですが、見慣れちゃったこともあり、個人的には、私はそれ程気にはなりませんでした。

むしろ今回マイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)は、ルーフスポイラーやリヤコンビネーションランプのデザインが変更され、個人的には、変更前のモデルよりも良くなったと、感じました。

>>> 新型ステップワゴン スパーダの外装レビュー【先代モデルとの違いとは?】

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)の後ろ姿ですが、テールゲート(バックドア)を縦開きをした時と、横開きした時では、荷室・ラゲッジスペースの開口部の高さや横幅が異なります。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを、縦開きした時と横開きした時の開口部の高さや横幅を確認していきたいと思います。

新型ステップワゴンのわくわくゲートのサイズ:横開き時

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)のテールゲート(バックドア)を横に開いた時に荷室・ラゲッジスペースの開口部は、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンのバックドアを横開きした時の開口部

そんな新型モデルのバックドア(テールゲート)を横開きした時の荷室開口部の横幅や高さは、このようになっていました。

■わくわくゲートを横開きした時の開口部のサイズ
高さ:約1,270mm
横幅:約830mm

横開きした時に開口部も十分な広さですよね。

私がこの新型ステップワゴン(STEPWGN)の”ワクワクゲート”を横開きした時の荷室開口部で良いと思ったのが、高さがある事です。

私は実際にこの”ワクワクゲート”を使って、3列目シートにアクセスをしてみたのですが、開口部が広いため、まったく窮屈感を感じませんでした。

荷室・ラゲッジスペースの開口部の左側には、乗り降りをサポートする取っ手(グリップ)も用意されており、ラクにサッと乗り降りができちゃいました。

体を小さくかがめないといけない、スライドドアとは大違いです。

ディーラーさんから教えて貰ったのですが、新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジスペースを横開きした時の開口部の広さは、ベビーカーや自転車を積む事を念頭に入れて設計をしたようです。

なので、横開きした状態でベビーカーや自転車をそのまま積みこむ事ができちゃいます。

また、このクルマの地上から荷室フロアまでの高さは約445mmと、競合車・ライバル車よりも格段にひくくなっているため、ベビーカーや自転車の積みこみも、とてもラクです。

後ろ姿や賛否両論あるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、個人的には、競合車・ライバル車と比較しても、一番使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっているように感じました。

新型ステップワゴンのわくわくゲート:縦開き時のサイズ

一方、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジスペースを縦開きした時の荷室・ラゲッジスペースの開口部のサイズは、どうなっているのでしょうか?

実際に縦開きをしてみると、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンのバックドアを縦開きした時の開口部

かなり広いですよね。

この新型ステップワゴン(STEPWGN)は、リヤバンパーを採用しない独自構造をしているため、縦に開けた時の荷室開口部も競合車・ライバル車よりも広くなっています。

そんな新型モデルの縦開きした時の荷室開口部の高さや横幅は、このようになっていました。

■わくわくゲートを横開きした時の開口部のサイズ
高さ:約1,270mm
横幅:約1,180mm

ちなみに、日産のセレナ(SERENA)やトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアなど競合車・ライバルの荷室開口部のサイズは、このようになっていました。

■競合車・ライバル車の荷室開口部サイズ
・日産 セレナ
高さ:約1,220mm
横幅:約1,140mm
・トヨタ ヴォクシー
高さ:約1,240mm
横幅:約1,200mm

このように見比べると、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室開口部がいかに広いか分かりますよね。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの開口部は真四角で荷物の積み降ろしもしやすいデザインになっていますし、この広さと使い勝手の良さは、この新型モデルの魅力の一つなのかなと、改めて思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室開口部の広さは、このようになっていました。

縦開きをした時の広さもとても良いと思いましたが、個人的に良いと思ったのは、”わくわくゲート”を横開きした時の荷室開口部の広さです。

成人男性の私でもラクラク乗り込めるサイズ・広さになっているのは、好印象でした。

競合車の一つでもある日産のセレナ(SERENA)には、テールゲートの上半分のみを開閉できる”デュアルバックドア”を標準装備していますが、個人的には、新型ステップワゴン(STEPWGN)の”わくわくゲート”方が、使い勝手が良いように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする