新型ステップワゴンのウォークスルー幅は大きい?【車内の移動のしやすさを徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、1列目から2列目、2列目から3列目にウォークスルーをすることができます。

ただ、ウォークスルーのしやすさに関しては、グレードやパワートレインで違いが…。

今回デビューをはたした新型モデルのウォークスルーの幅は、どれくらいだったのでしょうか?また、この新型モデルは、ウォークスルーしやすいのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のウォークスルー性・車内の移動のしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの1列目から2列目のウォークスルー性をチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は運転席と助手席の間を通り抜けることができるようになっています。

そんな新型モデルの運転席と助手席の間にあるウォークスルーの広さは、このようになっています。

■1列目から2列目へのウォークスルー幅

また、この新型モデルの運転席と助手席の間のウォークスルーの幅の広さを測ってみたところ、次のようになっていました。

■フロントシートのウォークスルー幅…約22cm

1列目から2列目ウォークスルー幅は約22cm

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の1列目から2列目シートへのウォークスルーの幅は、シート中央部の一番狭い場所で約22cmとなっており、十分な広さを確保しています。

また、後方のの足元空間の広さは25cmとなっており、ウォークスルーをするには、十分なサイズになっています。

なので、よほど恰幅(かっぷく)が良い人でない限り、1列目と2列目の間をウォークスルーすることができます。

ウォークスルーのしやすさはイマイチ

ただ、実際にこの新型ステップワゴン(STEP WGN)の1列目と2列目シートのウォークスルーを確かめてみたところ、色々と気になるところがありました。

まず初めに気になったのは、運転席と助手席の間の上部のスペースです。

先ほどもお話した通り、この新型モデルのウォークスルーの足元幅は約25cmあるため、比較的足の運びはスムーズに行えます。

ただ、この新型モデルの運転席と助手席は、引き下ろして使用するアームレストが備わっているため、足元と比べると上部のスペースが若干狭くなっているんですよね。

私は身長約175cm中肉中背なのですが、運転席と助手席の間を通過しようとすると、このアームレストが足に少し食い込むですよね。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、車内の高さが約1,410mmとなっており、成人男性が普通に立つには高さが少し足りないです。

そのため、ウォークスルーをする際、少し身をかがめて移動をしないといけないのも、気になるところでした。

ハイブリッドはガソリン車よりウォークスルー性は劣る

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)で気になったのは、ハイブリッド車のウォークスルー性です。

と言うのも、この新型モデルのハイブリッド車は、運転席と助手席の間に高さ約15cm、長さ約40cmのセンターコンソールを備えているんですよね。

■ハイブリッド車のセンターコンソール

そのため、ハイブリッド車の場合は、ウォークスルーをする際、センターコンソールをまたがないといけません。

■センターコンソールがあるハイブリッド車のウォークスルー

一方、この新型モデルのガソリン車は、運転席と助手席の間に何もないスッキリとしたウォークスルースペースに…。

■センターコンソールのないガソリン車のウォークスルー

しかも、ガソリン車の方は床がフラットなため、非常に歩きやすいです。

このように今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車とハイブリッド車では、1列目と2列目シート間のウォークスルー性に大きな差があるので、ご注意くださいね。

新型ステップワゴンの2列目から3列目のウォークスルー性をチェック

一方、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートから3列目シートへのウォークスルー性は、どうなっていたのでしょうか?

この新型モデルの2列目シートから3列目シートへのウォークスルー性は、7人乗り仕様と8人乗り仕様で大きくことなります。

そんな新型モデルの2列目シートと3列目シートのウォークスルー性を、7人乗り仕様と8人乗り仕様に分けて紹介したいと思います。

7人乗り仕様のウォークスルー性をチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の7人乗り仕様に用意されている2列目キャプテンシートは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの2列目キャプテンシート

旧型モデルと違い前後左右にスライドできるようになったこの新型モデルの2列目キャプテンシートを両サイドに広げた時のウォークスルー幅は、このような感じになります。

■2列目シートのウォークスルー幅

パッと見た感じ、この新型モデルの2列目シートのウォークスルー幅は、それほど広くないような感じが…。

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目キャプテンシートのウォークスルーの幅を確認してみたところ、次のようになっていました。

■2列目キャプテンシートのウォークスルー幅…約17cm

この新型モデルの2列目キャプテンシートを両サイドに広げた時のウォークスルー幅は約17cmと、フロントシートよりも若干狭めに…。

そのため、成人男性がウォークスルーをしようとすると、若干窮屈さを感じます。

ただ、車外にでることなく直接3列目シートにアクセスすることができるのは、2列目にキャプテンシートの良さなのかなと思いました。

8人乗り仕様のウォークスルー性をチェック

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の8人乗り仕様の2列目に採用されているベンチシートは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのベンチシート

この新型モデルのベンチシートは6対4分割方式になっており、左右独立して前後にスライドできるようになっています。

ただ、2列目シートから3列目シートに直接アクセスすることができません。

なので、2列目シートから3列目に行くには、一度クルマの外に出て、2列目シートを前方にスライドするしかありません。

ちなみに、旧型モデルでは、荷室・ラゲッジスペースから直接3列目シートにアクセスできる”わくわくゲート”が備わっていました。

■旧型モデルのわくわくゲート

そのため、2列目シートから3列目シートに直接アクセスすることができなくても、それほど不自由さを感じなかったんですよね。

しかし、わくわくゲートがなくなってしまった新型ステップワゴン(STEP WGN)の8人乗り仕様では、3列目シートへのアクセスがしにくくなってしまった感じが…。

このように考えると、わくわくゲートがなくなった影響を一番受けているのは、2列目シートにベンチシートを備えた8人乗り仕様なのかもしれませんね。

まとめ:選ぶモデルで大きく変わる新型ステップワゴンのウォークスルー性

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のウォークスルー性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのウォークスルー性のまとめ

・フロントシートのウォークスルー幅は約22cm
・ハイブリッド車は運転席と助手席の間にセンターコンソールがあり
・2列目シートのウォークスルー幅は約17cm
・ベンチシートは2列目から3列目へのウォークスルー不可

今回デビューを果たした新型モデルは、若干スムーズさに欠けるものの1列目から2列目シートに、また、2列目シートから3列目シートにウォークスルーができるようになっています。

ただ、ハイブリッド車の運転席と助手席の間には、センターコンソールが設置されているなど、ウォークスルー性に関しては、パワートレインによって違いが…。

また、2列目に3人乗車することができるベンチシートは、2列目シートから3列目シートへ直接アクセスすることができません。

このように今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、パワートレインや選ぶ2列目シートのタイプによってウォークスルー性が変わってくるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02