ステップワゴン スパーダ(2017年モデル)の外装【マイチェン前との違いを実車画像で比較】

2017年9月、ホンダの5ナンバーサイズのミニバンのステップ ワゴン(STEPWGN)がビッグマイナーチェンジを行いました。

今回のビッグマイナーチェンジで大きく変わったのは、上位モデルのスパーダ(SPADA)です。

多くのお客さんが待ち望んでいたハイブリッド車とラインナップしだたけではなく、外装・エクステリアのデザインを大幅に変更。

柔らかい雰囲気のあったマイナーチェンジ前のモデルと比較して、押し出し感の強い迫力のあるフロントマスクになりました。

今回マイナーチェンジをした2017年モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっているのか?また、マイナーチェンジ前のモデルとの違いは、何だったのか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された2017年モデルのステップワゴン スパーダの外装・エクステリアの写真を撮ってきたので、マイチェン前のモデルと比較しながら、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

2017年モデルのステップワゴン スパーダの外装画像:正面から

2017年9月にビッグマイナーチェンジをした旧型ステップワゴン スパーダの外装・エクステリアを正面から見ると、このようなデザインになっています。

■ステップワゴン スパーダ 2017年モデルの外装・エクステリア

一方、マイナーチェンジをする前のモデルは、このようなデザインをしていました。

■マイナーチェンジ前のステップワゴン スパーダ

 

まったくフロントマスクの雰囲気が異なりますよね。

先代モデルは、押し出し感を控えめにした親しみやすいカジュアルなデザインに…。
良くも悪くもクセが無く、万人受けを狙ったデザインになっているように感じました。

ただ、この旧型モデルの外装・エクステリアは、「スパーダらしく無い。」と、お客さんからは不評だったようです。

そこで、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された2017年仕様のステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)は、フロントマスクのデザインを大幅に変更。より迫力のある”チカラ強さ”を感じるフロントマスクになっているように感じました。

また、マイナーチェンジの前のモデルよりもカクカクとした箱型のデザインになっているのが、印象的でした。

先代との違い1:迫力の増したフロントグリル

今回ビッグマイナーチェンジをしたステップワゴン スパーダと、マイチェン前のモデルを比較して、大きく変わったと感じた装備の一つが、フロントグリルです。

マイチェン前のモデルのスパーダ(SPADA)のフロントグリルは、光沢感を抑えたクロームメッキを採用していました。

■マイチェン前のモデルのフロントグリル

現在発売されているマイナーチェンジ後のモデルよりもフロントグリルは薄くなっており、フロントグリルが主張し過ぎない柔らかいデザインにになっていました。

一方、今回ビッグマイナーチェンジをしたホンダの2017年仕様のステップワゴン スパーダのフロントグリルは、先代モデルよりも厚みのあるフロントグリルを採用。

■旧型モデルのフロントグリル

自然とフロントグリルに目が行くインパクトのあるフロントマスクになっているように感じました。

また、個人的には、先代モデルは、スパーダ(SPADA)とノーマルモデルの見た目の差が小さいのが、ちょっと残念でした。しかし、この2017年モデルは、一目見て、スパーダとノーマルモデルの違いが分かるデザインになっていたのが、好印象でした。

先代との違い2:シャープになったヘッドライト

また、201年年にビッグマイナーチェンジをした旧型モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)の注目ポイントの一つが、ヘッドライトです。

先代モデルでは、大型のヘッドライトを採用していましたが、マイナーチェンジ後のモデルでは、シャープなデザインを採用。

■2017年モデルのヘッドライト

■マイチェン前のモデルのヘッドライト

ヘッドライトを点灯すると、よりシャープさが際立つデザインに…

また、この2017年モデルのヘッドライトで印象的だったのは、点灯した時です。

実際にこのホンダの旧型ステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)のヘッドライトを点灯してみると、このような感じになります。

コの字型に点灯するポジションランプが印象的ですよね。

また、この2017年モデルのヘッドライトでは、ロー/ハイビームだけではなく、ポジションランプやターンランプにもLEDを採用しています。

このシャープさや先進性は、スパーダらしくて良かったと思います。

ただ、個人的には、ホンダの人気軽自動車のN-BOX(Nボックス)に流れるウィンカーを使うくらいなら、新型ステップワゴン スパーダにも使っても良かったのかなと、思いました。

また、ロー/ハイビームを自動で切り替えてくれるオートバイビームに対応していないのも、少々残念でした。

旧型ステップワゴン スパーダの外装画像:横から

フロントマスクは大幅に変わったホンダの2017年モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)ですが、横からのデザインはどうだったのでしょうか?

2017年モデルとマイナーチェンジ前の旧型モデルの横からのデザインを、比較してみましょう。

■旧型ステップワゴン スパーダの横からのデザイン

■マイチェン前のモデルの横からのデザイン

この2017年モデルでもサイドシルガーニッシュを施しており、低重心のドッシリとした雰囲気のサイドビューに…。

大きく入ったキャラクターラインも印象的で、スポーティーさを感じるデザインになっているように感じました。

ただ、キャラクターラインの入り方やメッキ調のアウトドアハンドルなど、今回マイナーチェンジをして新発売されたの横からの姿は、先代モデルと基本的には、全く同じになっていました。

2017年モデルと旧型で唯一異なったのは…

基本的には同じデザインになっていたホンダの2017年モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)と旧型モデルですが、唯一違ったのは、タイヤ&ホイールのデザインです。

今回私が見たモデルは、マイナーチェンジで新たに追加されたハイブリッド車だったのですが、このモデルでは、専用デザインの16インチのアルミホイール&タイヤを標準装備。

■ハイブリッド車専用タイヤ&ホイール

このモデルに搭載されたハイブリッド車専用デザインのタイヤ&ホイールも、スパーダ(SPADA)らしくて、なかなか良いと思いました。

201年モデルのステップワゴン スパーダの外装画像:後ろから

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された2017年モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)とマイナーチェンジ前のモデルの後ろ姿を比較してみたところ、それそれ外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■2017年モデルのステップワゴン スパーダの後ろ姿

■旧型モデルの後ろ姿

左右非対称のデザインや、横にも開くことができる”わくわくゲート”など、基本的なデザインは、先代モデルと同じになっています。

ただ、後ろ姿に関しても、ホンダの新型ステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)とマイナーチェンジ前のモデルでは、若干の違いがありました。

違い1:角が生えたようなデザインのテールゲートスポイラー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)の後ろ姿の大きな違いの一つが、テールゲートスポイラーです。

■マイチェン前のモデルのテールゲートスポイラー

■2017年モデルのテールゲートスポイラー

旧型モデルは真ん中が凹んだデザインをしていましたが、今回新発売された新型モデルは、テールゲートスポイラーのサイドの部分が尖がっている角が生えたようなデザインに変更。

空気抵抗などを考えて、このようなデザインになったようですが、見た目もよりシャープな後ろ姿になっているように感じました。

違い2:リヤコンビネーションランプのカラー

また、ホンダの2017年モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)とマイチェン前のモデルでは、リアコンビネーションランプのデザインにも違いがありました。

■ステップワゴン スパーダのリヤコンビネーションランプ

■マイチェン前のモデルのリヤコンビネーションランプ

マイチェン前のモデルが赤いパネルを採用していたのに対し、今回新発売された2017年モデルは、クリアパネルを採用。先代モデルよりもスッキリとした後ろ姿になっているように感じました。

ちなみに、2017年モデルのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)のリヤコンビネーションランプを点灯すると、このようなデザインになります。

赤く面上に光るテールランプがオシャレですよね。

このスタイリッシュな後ろ姿もこの新型モデルの魅力の一つなのかなと、思いました。

2017年9月にマイナーチェンジをしたホンダのステップワゴン スパーダ(STEPWGN SPADA)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

特に大きく変わったのは、フロントマスクのデザインです。

先代モデルは親しみやすいデザインだったのですが、この新型モデルでは、厚みのあるフロントグリルを採用するなど、より迫力のある顔つきになっているように感じました。

マイナーチェンジ前のモデルよりも個性的な顔つきになったので、好き嫌いはハッキリと出ると思います。若干ガンダム感が強くなった感じもしますし…。

ただ、個人的には、この新型モデルの見た目は、スパーダらしい”イカツサ”があって、良いデザインだと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02