一番人気なのも納得!新型ステップワゴン スパーダの外装の魅力を実写画像で徹底解説

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は3つのグレードを用意していますが、一番人気が高いのは、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)です。

そんな新型モデルのスパーダ(SPADA)は、フロントグリルなどにメッキ加飾がほどこされていることもあり、エアー(AIR)よりも存在感のある外装・エクステリアに…。

また、機能や装備が充実しており、人気が高いのも納得の出来の良さでした。

今回デビューを果たした新型モデルのスパーダ(SPADA)の外装・エクステリアは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、どのような装備&アイテムを備えているのでしょうか?

実車画像を使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の内装・インテリアを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン スパーダの外装【デザインの特徴&注目ポイントをチェック】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴン スパーダの外装

フロントグリルやサイドシルにクロームメッキ調のガーニッシュをあしらっているこの新型モデルのスパーダ(SPADA)は、シックで大人っぽい雰囲気の外装・エクステリアに…。

そんな新型モデルのスパーダの外装・エクステリアは、次のような特徴&魅力を備えていました。

ボディサイズはプレミアムラインとほぼ同じ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダ(SPADA)のボディサイズは、全長4830mm×全幅1750mm×全高1840mmとなっており、全長&全幅に関しては、最上位モデルに位置をするプレミアムラインと同じ。

■スパーダとプレミアムラインのボディサイズ比較

ただ、タイヤサイズが違うこともあり、全高に関しては、最上位モデルに位置をするプレミアムラインよりも5mmほど低くなっていました。

プレミアムラインとは似ているようで似ていない

新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の外装・エクステリアを正面からみると、最上位モデルに位置をする”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)と見分けがつかないくらいソックリです。

■スパーダの外装・エクステリア

■プレミアムラインの外装・エクステリア

ただ、この2台のモデルをよ~く見比べてみると、様々な違いが…

その一つが、フロントグリルやサイドシル、テールゲートなどにあしらわれているクロームメッキの加飾です。

最上位モデルに位置をするプレミアムラインは、明るい白っぽい見た目が特徴のプラチナ調のクロームメッキをフロントマスクやサイドシルなどにあしらっています。

■プレミアムラインのプラチナ調クロームメッキ

一方、中間モデルのスパーダ(SPADA)では、明るさを抑えた黒っぽい輝きが特徴のダーククロームメッキを採用。

■スパーダのダーククロームメッキ

そのおかもげあり、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルのスパーダ(SPADA)は、最上位モデルのプレミアムラインよりもシャープで引き締まった印象の見た目に…。

また、スパーダ(SPADA)とプレミアムライン(PLEMIUMLINE)では、ヘッドライトの内部のデザインが異なるのも、注目ポイントの一つですよ。

下位モデルのエアーよりも機能&装備は充実

また、下位モデルに位置をするエアー(AIR)より機能や装備が充実しているのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の人気モデル”スパーダ(SPADA)”の特徴&魅力の一つです。

例えば、テールゲート。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、電動パワーテールゲートの用意がなく、手動で開け閉めをするようになっていました。

しかし、中間モデルのスパーダ(SPADA)は、スイッチ一つで開閉をすることができる電動パワーテールゲートを標準装備。

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダ(SPADA)は、カーブを曲がる際に進行方向を照らしてくれるアクティブコーナリングライトも標準装備。

このように下位モデルのエアー(AIR)には用意されていない機能&装備が用意されているのも、この新型モデルのスパーダ(SPADA)の魅力の一つですよ。

プレミアムラインより小回りが効くスパーダ

また、小回り性能が優れているのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の特徴&魅力の一つです。

最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIUMLINE)の最小回転半径は5.7mなのに対し、中間モデルのスパーダ(SPADA)の最小回転半径は、0.3m小さい5.4mに…。

この新型モデルはホイールベースが長いため、「細い道でもスイスイ…。」と言うわけではありません。死角も多いですし…。

ただ、プレミアムラインとスパーダでは、立体駐車場や狭いパーキングエリアの駐車のしやすさが全然違います。

この運転のしやすさも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の人気が高い理由の一つなのかもしれませんね。

新型ステップワゴン スパーダの外装【装備&アイテムをチェック】

シックで落ち着いた雰囲気をただよわせている新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルのスパーダ(SPADA)ですが、外装・エクステリアまわりには、どのような機能&装備を備えているのでしょか?

スパーダ(SPADA)の外装・エクステリアに用意されている装備&アイテムを紹介したいと思います。

シャープな見た目を演出するフロントグリル

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装の注目の装備&アイテムの一つが、フロントグリルです。

■スパーダのフロントグリル

スパーダ(SPADA)のフロントグリルは、最上位モデルのプレミアムラインと同様、ダークグレーカラーのパネルを装着。

ただ、スパーダ(SPADA)は、ダーククロームメッキの加飾を施していることもあり、プレミアムラインよりも精悍(せいかん)なフロントマスクになっていました。

視認性に優れたヘッドライト

また、ヘッドライトも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の外装・エクステリアの注目のアイテムの一つです。

■スパーダのLEDヘッドライト

太いラインのシグネチャーランプが印象なこの新型モデルのヘッドライトですが、ヘッドライト内部にダーククロームメッキをあしらった専用デザインに…。

また、先ほども申し上げた通り、ウィンカーやハンドル操作と連動して、カーブの進行方向を照らしてくれるアダプティブコーナリングライトを備えているのも、スパーダの魅力の一つですよ。

画像引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ただ、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダ(SPADA)には、最上位モデルのプレミアムラインに用意されているアダプティブドライビングビームの用意はないので、ご注意を…。

オーソドックスなデザインのサイドミラー

また、2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■スパーダのサイドミラー

この新型モデルは、他のグレードと同様、ボディと同系色のサイドミラーを標準装備。

また、最近、サイドミラーにもシーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)を備えるクルマが増えてきましたが、この新型モデルのサイドミラーのウィンカーは、チカチカと点灯するオーソドックスなタイプになっていました。

開け閉めがしやすいアウトドアハンドル

新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”のドアハンドルは、このようなデザインをしています。

■スパーダのアウトドアハンドル

この新型モデルのアウトドアハンドルは、ボディと同系色を採用。

また、前席と後席のドアハンドルが一体化したようなデザインになっているため、スッキリとした見た目に…。

そんな新型モデルのスパーダ(SPADA)のアウトドアハンドルの魅力の一つは、操作性の良さです。

競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナ(SERENA)のような足の動きでスライドドアを開け閉めできる”ハンズフリースライドドア”は、標準装備されていません。

足でスライドドアが開けられる!新型セレナの「ハンズフリーオートスライドドア」を試してみた!

ただ、スマートキーを携帯した状態でアウトドアハンドルの四角い部分を触れるだけで、スライドドアが自動開閉するため、操作性の悪さは、一切感じませんでした。

迫力を演出するルーフスポイラーを標準装備

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の外装・エクステリアの注目の装備の一つが、ルーフスポイラーです。

最廉価モデルに位置をする”エアー(AIR)”は、ルーフスポイラーを備えていませんでしたが、中間モデルのスパーダ(SPADA)は、後方に大きく張り出した大きなルーフスポイラーを標準装備。

■スパーダのルーフスポイラー

ダーククロームメッキをあしらった専用バンパーとの相性も良く、エアー(AIR)よりも精悍(せいかん)な後ろ姿になっていました。

存在感のあるリヤコンビネーションランプ

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインをしています。

■スパーダのリヤコンビネーションランプ

この新型モデルのスパーダ(SPAD)は、下位モデルに位置をするエアー(AIR)と同様、縦に長い大きなリヤコンビネーションランプを採用。

この新型モデルのリヤコンビネーションランプは、真っすぐではなく、若干曲線を描いており、精悍な雰囲気の中に親しみやすさを感じるデザインになっているのも好印象でした。

専用デザインのタイヤ&ホイール

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の外装の注目の装備&アイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

■スパーダのタイヤ&ホイール

スパーダ(SPADA)は、下位モデルに位置をするエアー(AIR)と全く同じ切削加工をほどこしたタイヤ&アルミホイールを標準装備しています。

ただ、スパーダ(SPADA)のホイールは、切削面にダーククリア塗装がほどこされているため、エアー(AIR)よりも引き締まった見た目の足回りになっていました。

まとめ:シャープな見た目が印象的なスパーダの外装

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしていました。

■新型ステップワゴン スパーダの外装のまとめ

・迫力と上品さを兼ね備えたスパーダの外装
・外装の加飾にダーククロームメッキを採用
・プレミアムラインとは機能や装備が異なる
・小回りが効くのも魅力の一つ

フロントグリルやサイドシルにダーククロームメッキをあしらったスパーダ(SPADA)は、他のグレードよりもシャープで精悍な見た目に…。

また、最上位モデルに位置をするプレミアムラインとは、備わっている機能や装備だけではなく、走破性&安全性、快適性が異なるのも注目ポイントの一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02