後方の視認性は本当に良い!?新型エクリプスクロスの後方視界の良さを徹底チェック

2018年3月、十分な居住空間を確保しながら、スポーティーなスタイルを実現したコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

>>> 新型エクリプスクロスの外装レビュー【実車画像で新型車の魅力を徹底解剖】

最近、この新型モデルのようなクーペスタイルのSUVは流行っていますが、試乗をする前に私が気になっていたのは、後方視界です。競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRのようにクーペスタイルのSUVは総じて後方・斜め後方の視界は悪いので…。

ただ、試乗に同行をしてくれたディーラーさんは、「今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、しっかりと後方の視界を確保しているため、運転のしやすさや安全性は、犠牲になっていません。」と、豪語していました。

今回新発売されたこの新型モデルの後方の視界は、どのくらい確保されていたのでしょうか?また、ディーラーさんが仰っていた通り、この新型モデルの後方視界は、本当に良かったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、後方・斜め後方の視界を確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの後方の視界をチェック

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後ろ姿

この新型モデルの後ろ姿はかなりユニークで、リヤガラスをハイマウントストップランプが貫くユニークなデザインに…。

そんな新型SUVの後方の視界を運転席から確認してみると、このような感じに…。

■新型エクリプスクロスの運転席からの後方視界

また、ルームミラーから後方を確認すると、このような感じに…。

実際に運転席から後方を確認してみると、リヤガラスを貫いているピラーが、ちょっと気になります。

ちなみに、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の競合車・競合車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRの後方視界は、このようになっています。

■トヨタ C-HR/CHRの後方視界

この2台のモデルの後方視界を確認してみると、リヤガラスのエリアの大きさが全く異なりますよね。トヨタのC-HR/CHRよりも新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の方が、後方の視認性は良い感じが…。

リヤガラスを上下2分割にするように貫くピラーは少々気になるものの、クーペフォルムのSUVとは思えないほど広いガラスエリアを確保しているは、とても良いと思いました。

また、今回新発売されたこの新型モデルは、後方の視界が確保できるように様々な工夫が施されているのも、好印象でした。

後方視界を確保するための工夫1:後部座席のデザイン

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)で後方視界を確保するために施された工夫の一つが、後部座席のデザインです。

例えば、後方の視界を妨げないように、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席のヘッドレストは、収納時、背もたれと同じ高さになるようになるようになっています。

なので、後部座席に乗車する人がいない時は、スッキリとした後方視界を実現しています。

また、この新型モデルの後部座席の中央のシートベルトは、シート内蔵型になってないのですが、シートベルトの設置位置・レイアウトを工夫。

一般的な天井から吊り下げ式と異なり、使用時に運転手の視界を遮らないようなシートベルトのデザインになっているのも、とても良かったです。

後方視界を確保するための工夫2:ワイパーのデザイン

また、リヤワイパーのデザインも、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の注目ポイントの一つです。

今回新発売されたこの新型SUVのリヤワイパーは、ルーフエンドスポイラーの中に収納されるデザインに…。

なので、リヤワイパーを使用しない時は、後方の視界を邪魔しません。

また、ルーフエンドスポイラーに隠れたリヤワイパーは、この新型モデルのスタイリッシュな後ろ姿にも一役買っている感じが…。

このデザイン性と後方の視界の良さの兼ね備えたリヤワイパーも、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の注目ポイントの一つなのかなと思いました。

新型エクリプスクロスの斜め後方の視界をチェック

一方、今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の斜め後方の視界は、どうなっていたのでしょうか?

運転席から斜め後方の視界を確認してみると、このような感じになっています。

■新型エクリプスクロスの斜め後方の視界

この新型モデルのボディ後端のピラー(Cピラー)は、若干太め…。

また、見た目のデザインを最重要視したためか、三角窓も用意されておらず、斜め後方の死角は、若干大きいような感じが…。

ただ、思ったよりも良いと思ったのは、サイドウィンドウのデザインです。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、最新のトレンドに倣って、サイドウィンドウの下端が後ろに向けて持ち上がっているデザインになっています。

ただ、思ったよりもサイドウィンドウのサイズが大きいため、斜め後方の視界が犠牲になっていない感じが…。

このボディ後端のピラーの太さ、三角窓が用意されていないデザインは少々残念でしたが、後部座席の横に備わっているサイドウィンドウの大きさは、とても良いと思いました。


2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の真後ろ、斜め後方の視界は、このようになっていました。

この新型モデルでは、ピラーがリヤガラスを貫き、上下2分割したデザインになっており、慣れるまでは、少し違和感を感じます。

競合車・ライバル車のトヨタのC-HR/CHRよりもリヤガラスのエリアは大きく、クーペデザインのSUVとしては、十分な後方視界を確保しているように感じました。

また、試乗をする前、ディーラーさんが、「今回新発売された新型モデルは、競合車・ライバル車よりも広い後方視界を確保しています。」と言っていましたが、あながち嘘では無いなと思いました。

クルマを安全に運転をする上で、後方・斜め後方の視界性は、とても重要です。

もしこれからこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の試乗に行かれるのなら、ぜひとも後方の視界性もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする