使い勝手は良かった!?新型エクリプスクロスの床下収納インプレッション

街乗りにピッタリなスタイリッシュな見た目が特徴のSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月に三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型SUVの魅力の一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、見た目から想像できないほど広い荷室・ラゲッジスペースを採用。また、荷室の奥行きを調節できる後部座席のスライド機能を備えている事もあり、競合車・ライバル車よりも使い勝手も良いように感じました。

>>> 新型エクリプスクロスの荷室インプレ【魅力&使い勝手を徹底解剖】

このように競合車・ライバル車よりも広い荷室・ラゲッジルームを備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、荷室フロアの下には床下収納(サブトランク)も用意しています。

そんな新型モデルの床下収納(サブトランク)の広さは、どうだったのでしょうか?また、床下収納(サブトランク)の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした三菱の新型SUVの床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの床下収納インプレッション

2018年3月にデビューをした三菱のクーペSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売されたこの新型モデルは、後部座席のスライド機能を採用している事もあり、ホンダのベゼル/ヴェゼルやトヨタのC-HR/CHRなど競合車よりも広い荷室を確保。奥行きも広く、とても使い勝手の良いデザインになっているように感じました。

>>> 意外と広い!?新型エクリプスクロスの荷室サイズを確認してきた

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースですが、フロアの下にも収納スペースを用意しております。

この新型モデルの荷室フロアに用意されているストラップを持ち上げて、床下収納(サブトランク)を確認してみると、このような感じに…。

■新型エクリプスクロスの床下収納

意外とサイズが大きいと思いませんか?

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのベゼル/ヴェゼルやトヨタのC-HR/CHRの床下収納(サブトランク)は、このようなデザインになっています。

■ホンダ ヴェゼルの床下収納の広さ

■トヨタ C-HRの床下収納の広さ

新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)と競合車・ライバル車の床下収納では、奥行きの広さが全く違います。なので、自然と、この新型モデルの方が床下収納も広い事に…。

また、この新型モデルの床下収納は一番低い部分までの深さは約150mmとなっており、ちょっとした洗車道具や子供のおもちゃなどを収納する事ができちゃいます。

形はちょっとイビツになっているのが難点ですが、サイズのあるアイテムも収納できるため、意外と使い勝手は良いのかなと思いました。

また、トヨタのC-HR/CHRと異なり、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の床下収納(サブトランク)は、汚れた時にカンタンにお手入れできる樹脂素材になっています。なので、ちょっとした汚れ物などを収納しておくのにも、とても良いのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルの荷室フロアの裏側には、フックが備わっており、このように荷室開口部にフロアを吊るしておけます。

このように持ち上げたフロアを固定して置くことができるので、床下収納への荷物の出し入れする際、両手が使えるようになっているのも、とても良いと思いました。

スペアタイヤを装着した時の床下収納は?

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、オプションでメーカーオプションでスペアタイヤを用意しています。

ただ、スペアタイヤは、荷室・ラゲッジスペースの床下に装着されます。

■床下に収納された新型エクリプスクロスのスペアタイヤ

このようにスペアタイヤを装着すると、床下収納(サブトランク)の用意はなくなって欠点・デメリットも…。なので、オプションで用意されているスペアタイヤを装着する際は、注意をしてくださいね。

ちなみに、スペアタイヤのオプション価格を確認したところ、10,800円となっておりました。

先ほどもお話した通り、メーカーオプションとして用意されている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のスペアタイヤを装着すると、床下収納(サブトランク)の用意がなくなってしまうという欠点・デメリットもあります。

ただ、タイヤがパンクをした際、JAFを待つ必要がないというメリットも…。

オプション価格もそれ程高くないので、ご自身でタイヤ交換できる方は、オプション設定になっているスペアタイヤの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、私が見積もりを貰ったディーラーさんの話では、スペアタイヤの装着率は、意外と高いようですよ。この新型モデルに乗って、アウトドアレジャーに行く方の装着が特に高いようですよ。

今回新発売された三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の荷室・ラゲッジスペースの下に備わっている床下収納(サブトランク)のデザインや使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

実際に確認してみると、思ったよりも深さもあり、意外と使い勝手が良さそうな感じが…。また、樹脂素材でできており、簡単にお掃除・お手入れできるのも、この新型モデルの床下収納(サブトランク)の良いところの一つなのかなと思いました。

トヨタのC-HR/CHRやホンダのヴェゼル/ベゼルなど、強力なライバルは多いですが、荷室・ラゲッジスペースの広さ・容量だけではなく、床下収納(サブトランク)の使い勝手もこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が一番良いと思いました。

>>> 意外と広い!?新型エクリプスクロスの荷室サイズを確認してきた

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ぜひとも床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手も確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする