小物入れには物足りなさを感じる?新型リーフの収納スペース画像レビュー

2010年に日産から発売された電気自動車の新型リーフ(LEAF)が初のフルモデルチェンジを行い、2代目がデビューしました。

この2代目モデルは、オーソドックスな5ドアのハッチバックタイプになり、老若男女誰からも好まれるデザインに…。また、内装・インテリアも使い勝手がよくなったように感じました。

>>> 日産 新型リーフの内装画像レビュー【先代より良くなったところとは?】

ただ、その一方、日産の新型リーフ(LEAF)を見て、残念に感じたのは、用意されている収納スペースの数と使い勝手です。

ディーラーさんは、「ファミリーカーとして使っても十分に満足して貰えるだけの収納スペースを用意した。」と、いってました。ただ、実際にこの新型モデルを試乗してみると、思ったよりも収納スペースが少ない印象が…。

少なくとも私は、物足りなさを感じてしまいました。

今回デビューをした2代目モデルは、どのような収納スペースを用意しているのでしょうか?また、使い勝手&収納力は、どうだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)に用意された収納スペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの収納スペース:フロントシート編

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の2代目新型リーフ(LEAF)のインパネなどフロントシート周りは、このようなデザインになっています。

■インパネ

■センターコンソール

■ドア内側パネル

この2代目モデルは、先代モデルよりもダッシュボードが低くなり、スッキリとした内装・インテリアに…。D型ステアリングホイールやオーソドックスなデザインになったメーターなど先代モデルよりも使い勝手が良くなったように感じました。

>>> 【使い勝手&操作性を徹底解剖】日産新型リーフのインパネ画像レビュー

ただ、センターコンソールボックスなど一般的な収納スペースは装備されているものの、日産の新型リーフ(LEAF)の運転席まわりには、収納スペースが少ない感じが…。

そんな新型モデルの運転席まわりには、次のような収納スペースが用意されていました。

その1:センターコンソールトレー

新型リーフ(LEAF)のセンターコンソールの前方には、トレーが用意されています。

サイズ的にはそれ程大きく無いのですが、女性ものの長財布やポーチなどを置けるサイズにはなっています。

また、センターコンソールトレーの上部には、2.4Aの大容量のUSBソケットが用意されているので、スマホやiPhone、タブレット端末を充電するのにとても良いのかなと思いました。

その2:ドリンクホルダー

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)では、インパネの送風口部分ではなく、センターコンソールに2個ドリンクホルダーを用意しています。

実際に500mlのペットボトルを置いてみると、このような感じになります。

残念ながら起毛処理は施されていませんでしたが、ドリンクホルダーの底には凹凸の模様を施し、置いた飲み物が滑らないように工夫が施されているのは、好印象でした。

また、ドリンクホルダーは完全に独立しておらず、2個が繋がったデザインになっているので、小物入れとして使うのも良いのかなと思いました。

その3:センターコンソールボックス

肌触りの良い新型リーフ(LEAF)のフロントアームレストの下には、収納ボックスが用意されています。

実際にこのフロントアームレストの蓋を持ち上げてみると、このような感じになります。

携帯電話やお財布、携帯音楽プレイヤーを収納するには良いですが、ちょっとサイズ(特に長さ)が小さい感じが…。形も若干いびつですし、使い勝手は、あまり良いとは思いませんでした。

その4:グローブボックス

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)のグローブボックスは、このようなデザインになっていました。

このクルマのグローブボックスはちょっと珍しく、蓋(ふた)を開けると、奥に収納スペースがあるタイプ。

車検証などを入れる事はできますが、車検証を入れるといっぱいになってしまいそうな感じが…。新型リーフ(LEAF)は収納スペースが少ないので、個人的には、もう少し収納力を確保して貰いたかったです。

その5:フロントドア内側パネル

この新型モデルのドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

フロントドアポケットは、ペットボトルとB5サイズのノートや雑誌が収納できるサイズになっています。

実際にこのスペースに、500mlのペットボトルを置いてみると、このような感じになります。

ドリンクホルダーまわりのスペースも広く、また、置いた飲み物が斜めにならないのも好印象でした。

新型リーフの収納スペース画像レビュー:後部座席周り編

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の2代目モデルの後部座席は、このようなデザインになっています。

フロントシート周りの収納スペースも少なかったですが、後部座席周りの収納スペースも少なくなっています。

そんな新型リーフ(LEAF)の後部座席まわりの収納スペースを確認してみましょう。

その1:シートバックポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)では、雑誌などを収納できるシートバックポケットが、上位モデルの”Xグレード”・”Gグレード”に標準装備されています。

助手席側のみにしか用意されていないクルマも多いですが、このクルマは、運転席側にもシートバックポケットが用意されているのが、とても良いと思いました。

その2:後部座席ドア内側パネル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の後部座席のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

フロントシートはポケットも用意していましたが、後部座席はドリンクホルダーのみとなっています。そして、実際にこのスペースに飲み物を置いてみると、このような感じ。

フロントシートのドリンクホルダー同様に取り出しやすいデザインになっているのは、好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の収納スペースを確認してみたところ、このようになっていました。

実際に見てみると、収納スペース自体それ程多く無い感じが…。
また、グローブボックスやセンターコンソールボックスなどの収納スペースのサイズが小さいのも気になるところでした。

このように新型リーフ(LEAF)は、収納スペースが少ないです。
なので、ファミリーカーとして使用するには、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

もしファミリーカーとして使用するのなら、市販の収納グッズを購入するなどして、収納スペースを増やす工夫が必要なのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする