新型Nボックス特別仕様車2018の内装の実車画像レビュー【雰囲気の違いにビックリ!?】

カジュアルなデザインが特徴のノーマル車をベースにした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”が、2018年11月にデビューを果たしました。

今回、新発売された特別仕様車は、その名の通り”カッパーブラウン”をアクセントカラーに使用しており、ベースとなっているノーマル車よりも大人っぽいデザインに…。

>>> 新型Nボックス特別仕様車2018の外装はオシャレ!?【実車画像で魅力を徹底解剖】

また、この新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアの雰囲気もノーマルモデルと全く違いがありました。

2018年11月に新発売されたこの特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアは、どのような特徴&魅力があったのでしょうか?

私が撮ってきた実車画像を使って、新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”を徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nボックス特別仕様車2018の内装インプレ:3つの魅力を徹底紹介

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型Nボックスの特別仕様車の内装

ちなみに、こちらはベースになっているノーマルモデルの内装・インテリアです。

■ベースになっているノーマルモデルの内装

 

この2台のモデルの内装・インテリアを見比べてみると、車内の雰囲気が全く異なりますよね。

特別仕様車のベースになっているノーマル車の内装は、ベージュが基調になっており、カジュアルで親しみやすいデザインに…。

一方、ブラウンが基調になっている特別仕様車は、ブランをベースにした内装・インテリアに…。基本的なアイテムや装備は全く同じですが、ノーマルモデルよりも上質感溢れる大人っぽいデザインになっているように感じました。

そんな新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアの特徴&魅力を紹介したいと思います。

カッパーブラウンスタイルの特徴&魅力1:大人っぽいインパネ

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアの特徴&魅力の一つは、大人っぽい雰囲気になったインパネです。

この特別仕様車のインパネの助手席には、模様が入ったカッパーメタルカラーのガーニッシュを標準装備。

このカッパーブラウンのインパネガーニッシュは、親しみやすいデザインになっているノーマルモデルのものよりも、光沢感のあるブラウンのガーニッシュ上位モデルの”カスタム(Custom)”に近いオシャレなデザインになっていました。

■Nボックス カスタムのインパネ

>>> 新型N-BOXカスタムの内装|普通乗用車に匹敵するインテリアを徹底解剖

また、ハンドルや送風口(サイドレジスター)などの各装備・パーツも、特別仕様車専用デザインに…。

■カッパーブラウンスタイル専用デザインのハンドル

ハンドルや送風口(サイドレジスター)に施されたカッパーブラウンは、さりげなくワンポイントで使用。センスの良さを感じるデザインになっており、女性受けしそうだなと感じました。

エアコンの操作パネルも高級感のあるデザインに…

また、今回新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のインパネを実際に確認をしてみて、印象的だったのが、エアコンの操作パネルのデザインです。

パッと見ただけでは分からないのですが、この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のエアコンの操作パネルのスイッチ部には、ノーマルモデルにはなったメッキ調の加飾が…。

■特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のエアコン操作パネル

■ノーマルモデルのエアコン操作パネル

メッキ調の加飾があるとないのでは、見た目の高級感や上質感に違いがあります。

特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のエアコン操作パネルを見た後にノーマルモデルのパネルを見ると、ちょっとシンプルに感じてしまいます。

カッパーブラウンをアクセントカラーに使用しただけではなく、このようにインパネ全体がオシャレなデザインになっているのも新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の魅力の一つなのかなと思いました。

カッパーブラウンスタイルの特徴&魅力2:肌触りの良いシート

また、2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアの特徴の一つは、シートのデザインです。

■新型Nボックス 特別仕様車のシート

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”では、ブラウンを基調に艶やかなカッパーカラーをワンポイントアクセントに使用した落ち着いた雰囲気のシートを標準装備。

■ベースになっているノーマルモデルのシート

シートの雰囲気が全く異なりますよね。

ノーマル仕様のシートは親しみやすいカジュアルなデザインになっていたのに対し、特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、大人っぽいデザインに…。

ブラウンが強いので、好き嫌いははっきりと分かれそうなデザインですが、オシャレな雰囲気の内装・インテリアを好む人には、ピッタリのシートデザインになっているように感じました。

シートの肌触りにも違いが…

また、新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”とベースになっているノーマルモデルでは、シートの肌触りにも違いがありました。

どちらのモデルも高い伸縮性と丈夫さが特徴の織物”トリコット素材”を使用しているのですが、肌触りが全く異なります

ノーマルモデルのメイン部分(座面など)に採用されているトリコットは、カーペットのようなちょっと粗さを感じる肌触りになっていました。

■ノーマルモデルのシート素材

一方、今回新発売された特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のシートは、サラサラと柔らかい肌触りに…。

■特別仕様車のシート素材

見た目の高級感・上質感だけではなく、肌に触れた時の感触も良いシートに仕上がっているように感じました。

この肌触りが良くなったシートも特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の注目ポイントの一つなので、もしこの新型モデルが気になる方は、ぜひとも実際にシートに座ってみて、肌触りや座り心地を確かめてみてくださいね。

カッパーブラウンスタイルの特徴&魅力3:安全性がアップ

今回新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”注目ポイントの一つが、安全性がアップした事です。

この新型モデルのベースになっているノーマルモデルの一つベンチシート仕様のノンターボ車”GLグレード”では、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグがメーカーオプション設定になっていました。

しかし、今回新発売された新型モデルの特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”では、ベンチシート仕様/スーパースライド仕様、ターボ車/ノンターボ車どのモデルでも、特別仕サイドエアバッグ&カーテンエアバッグが標準装備されています。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

このように安全面が強化されているのも、今回新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”でも、ホンダの最新の安全装備システム”ホンダセンシング(Honda SENSING)”が標準装備されています。

なので、この新型モデルは、安全面でも十分に信頼できるクルマに仕上がっていますよ。

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの内装・インテリアは、ブラウンを基調にした大人っぽいデザインに…。
カッパーブラウンスタイル専用の装備やアイテムも多数用意されおり、落ち着いた雰囲気の内装・インテリアを好む方には、ピッタリなクルマなのかなと思いました。

この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の内装・インテリアは、ベースとなっているノーマルモデルの内装と雰囲気や質感が全く異なります。

もしこの新型モデルが気になるのなら、ぜひともご自分の目や手ででしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする