新型Nボックス特別仕様車2018の外装はオシャレ!?【実車画像で魅力を徹底解剖】

軽自動車の中で常にトップクラスの売り上げを誇るホンダのスーパーハイト系ワゴンの新型Nボックス(N-BOX)。

2017年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたばかりですが、2018年11月に早くも特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”を発売しました。

先日、この新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”を見る事ができたのですが、ベースとなっているノーマル車よりもオシャレなデザインに…。また、装備面・機能面に関しても、良くなっているように感じました。

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、機能面・装備面で、ノーマルモデルよりも優れていると感じたところは、どこだったのか?

実車画像を使って、この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nボックスの特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の実車画像レビュー

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型Nボックスの”カッパーブラウンスタイル”の外装

ちなみに、この特別仕様車のベースになっているノーマルモデルの外装・エクステリアは、このようになっています。

■新型Nボックスのノーマルモデルの外装

クルマの雰囲気が全く異なりますよね。

今回新発売された特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のベースとなっているノーマル車は、親しみやすいキュート&カジュアルな外装デザインになっていました。

しかし、今回新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ルーフやサイドミラーに、今トレンドの”カッパーブラウン”を採用しており、キュートさやカジュアルさよりもオシャレさなデザインに…。

■カッパーブラウンスタイルのサイドミラー

この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ノーマルモデルよりも上質感が増しているので、オシャレに乗りこなしたい女性にピッタリなモデルなのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は見た目のデザインだけではなく、機能・装備面でノーマルモデルよりも優れているのも好印象でした。

そんな特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアの注目のポイントを紹介いたします。

カッパーブラウンスタイルの注目ポイント1.スライドドア

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型Nボックス(N-BOX)のの特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”注目の装備の一つが、スライドドアです。

このクルマのベースになっているノーマル車のノンターボモデルでは、助手席側のみ電動スライドドア(パワースライドドア)が標準装備となっており、運転席側の電動スライドドアは、メーカーオプション設定となっておりました。

しかし、新たに登場をした特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ノンターボ車でも、運転席側の電動スライドドアが標準装備。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

ディーラーさんに話を聞いても、ノーマルモデルのノンターボ車を選んだお客さんの中で、運転席側のスライドドアをオプションで追加していく方はかなり多く、装着率はかなり高めになっているそうですし…。

今回新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ベースとなっているモデルよりも車体本体価格は10万円~20万円ていど高めに設定されていますが、その分、機能や装備も充実しているように感じました。

カッパーブラウンスタイルの注目ポイント2.タイヤ&ホイール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアで印象的だったのアイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”に標準装備されているホイール自体は、14インチサイズのスチールホイールとなっており、ベースとなっているノーマルモデルと全く同じです。

しかし、この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のホイールは、兄妹車種の”Nボックス スラッシュ(N-BOX /)”に採用されているようなオシャレなハーフホイールキャップカバーを標準装備。

■新型N-BOXのカッパーブラウンスタイルのタイヤ&ホイール

特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の最大の特徴でもあるオシャレ感を、タイヤ&ホイールでも上手に演出しているように感じました。

ちなみに、新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”に装着されているタイヤメーカー&ブランドを確認したところ、ダンロップの”エナセーブ EC300(ENASAVE EC300)”となっており、ノーマルモデルと違いはありませんでした。

なので、走りや乗り心地に関しては、ベースとなっているノーマルモデルと違いは無いようですよ。

>>> 新型N-BOXの乗り心地【試乗をして分かった先代との違いとは?】

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ベースとなっているノーマルモデルの”G Lグレード”や”G EXグレード”よりも大人っぽいデザインに…。オシャレなデザインになっており、女性に人気が高そうな仕様になっているように感じました。

ちなみに、この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ターボ車とノンターボ車2種類のパワートレインをラインナップしています。

乗車人数や使用するシチュエーションによって、2つのパワートレインから選べるようになっているのも、とても良いと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする