新型ノート クロスオーバーとノート オーテックの外装比較【違いはドコ?】

2021年10月にデビューを果たしたノートをベースにしたSUVモデル新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、日産のカスタムカーブランドのオーテックが手掛けたモデルです。

そのため、新型クロスオーバーは、プレミアムスポーティーモデルのオーテックとかなり似ています。

ただ、この2台のモデルの外装・エクステリアを見比べて見ると、様々な違いが…。

オーテックが手掛けたこの2台のモデルの外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この2台の外装は、どのような違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノート クロスオーバーとノート オーテックの外装のデザインをチェック

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とプレミアムスポーティー仕様のノート オーテック(NOTE AUTECH)の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーの外装

■ノート オーテックの外装

スタイリッシュでスポーティなノートオーテック

日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”をベースにしたカスタム仕様のオーテック(AUTECH)は、湘南の白波をモチーフにしたドットパターンのフロントグリルを備えるなど、洗練された見た目に…。

■ノートオーテックのフロントマスク

また、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、どっしりとした低重心とワイドスタンスを強調するメタル調フィニッシュを採用しており、洗練されたスポーティーさを演出していました。

SUVらしい無骨さを演出したノートクロスオーバー

一方、ノートe-POWERをベースにしたクロスオーバー仕様”新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)”は、ルーフレールやブラック塗装をほどこしたホイールアーチガーニッシュやサイドシルプロテクターを採用しており、洗練さと力強さを兼ね備えた見た目に…。

■新型ノートクロスオーバーのルーフレール

また、大径タイヤを装着しており、ノート オーテック(NOTE AUTECH)よりも車高が高くなっており、運転席からの見晴らしが良くなっていたのも好印象でした。

新型ノート クロスオーバーとノート オーテックの外装の違いとは?

このようなデザインをしていた新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の外装・エクステリアですが、装備やアイテムを見比べたところ、様々な違いがありました。

この新型モデルとオーテックの外装・エクステリアでは、どのような違いがあったのか?実車画像を使って、外装の機能&装備の違いを紹介したいと思います。

ボディサイズ

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバーとノート オーテックの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、ボディサイズです。

■新型ノートクロスオーバーとノートオーテックの外装比較

上記の表を見比べて頂くと分かると思いますが、全長に関しては、ノート オーテック(NOTE AUTECH)の方が若干ですが長くなっています。

一方、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、オーテックよりもひと回り大きいタイヤを履いていることもあり、また、サスペンションを強化したことにより車高が25mmほど高くなっています。

たかが25mmと思うかもしれませんが、この2台のモデルを乗り比べてみると、運転席の着座位置&見晴らしの違いを実感することができます。

SUVモデルらしい見晴らしの良さを味わえるのは、ノート オーテック(NOTE AUTECH)にはない新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

フロントグリル

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバーとノート オーテックの外装・エクステリアの違いの一つが、フロントグリルです。

どちらのモデルも、オーテック(AUTECH)の特徴でもあるドットパターンのフロントグリルを採用しています。

■ノートオーテックのフロントグリル

■ノートクロスオーバーのフロントグリル

ただ、フロントグリルに備わっているエンブレムのデザインに違いが…。

新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、“AUTECH CROSSOVER”と描かれた専用デザインのエンブレムを装着しており、ノートオーテックとは違う特別感を演出しているのが好印象でした。

ルーフレール

また、2021年10月にデビューをした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のみ、天井にブラック塗装をほどこした樹脂製のルーフレールが備わっています。

■新型ノートクロスオーバーのルーフレール

ルーフレールが備わると、SUVらしさがグッと増しますね。

しかも、この新型モデルに用意されているルーフレールは単なる飾りではなく、ベースキャリアを積み込めるようになっているのも魅力の一つですよ。

加飾パーツ

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノート オーテック(NOTE AUTECH)の大きな違いの一つが、外装・エクステリアを彩る加飾パーツのデザインです。

ノートe-POWERをベースにしたカスタム仕様のノート オーテック(NOTE AUTECH)では、メタル調のフィニッシャーやプロテクターを装着し、スポーティで精悍(せいかん)な見た目を演出していました。

■ノートオーテックのメタル調のフロントプロテクター

■ノートオーテックのメタル調のサイドシルフィニッシャー

■ノートオーテックのメタル調のリヤプロテクター

一方、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、このようなメタル調のフィニシャーやプロテクターの用意はなし。

そのかわりに、SUVらしさを強調する樹脂製のホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクターが標準装備となっていました。

■新型ノート クロスオーバーのホイールアーチガーニッシュ

■新型ノート クロスオーバーのサイドシルプロテクター

タイヤ&ホイール

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERのカスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、タイヤ&ホイールのデザインも異なります。

ノート オーテック(NOTE AUTECH)では、細いスポークが特徴の16インチサイズのアルミホイールを装着しており、スポーティな見た目を演出していました。

■ノートオーテックのアルミホイール

一方、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、登山靴をモチーフにした切削光輝加工を施したアルミホイールを標準装備。

■新型ノートクロスオーバーのアルミホイール

そのおかげもあり、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、タフな印象のサイドスタイルに…。

また、この2台のモデルはどちらも16インチのタイヤを履いているのですが、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方がタイヤの直径がひと回り大きくなっているのも、この2台のモデルの大きな違いの一つですよ。

■新型ノートクロスオーバーとノートオーテックのタイヤサイズ

まとめ:新型ノート クロスオーバーはSUVらしさを強調するアイテムを多数用意

2021年8月にデビューを果たしたSUV仕様の新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERをベースにしたカスタム仕様のオーテックの外装・エクステリアを比較したところ、このような違いがありました。

■新型ノートクロスオーバーとオーテックの外装の違いのまとめ

・ボディサイズ
・フロントグリル
・ルーフレール
・加飾パーツ
・タイヤ&ホイール

パッと見た感じ一緒に感じてしまう新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノート オーテックですが、じっくりと見比べてみると、様々な違いが…。

新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方には、ブラック塗装をほどこした樹脂製のホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクター、ルーフレールなどを備えており、SUVらしさを演出していました。

また、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)はノート オーテックよりも運転席の着座位置が高いため、運転席からの見晴らしが良いのも魅力の一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02