競合車よりも劣る!新型ノートe-POWERの自動ブレーキの性能&安全性をチェック

2020年12月に日産からデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)が全グレードに標準装備されています。

最上位モデルの”Xグレード”だけではなく、最廉価モデルの”Fグレード”にも自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)が標準装備されているのは、とても良いですが、性能&信頼性は、競合車・ライバル車のものよりも少し劣るような感じが…。

この新型モデルに搭載されている自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)は、どのような性能を備えたいるのでしょうか?また、競合車・ライバル車と比較して、どこが劣っているのでしょうか?

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に搭載されている自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の性能や信頼性、欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

どんな特徴がある?【新型ノートe-POWERの自動ブレーキの特徴をチェック】

2020一年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている自動ブレーキは、次のような特徴がありました。

カメラとミリ波レーダーで自車の周囲を検知

メーカーや車種によって、周囲を検知するのに使用をするアイテムに違いがありますが、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の自動ブレーキは、歩行者、白線、標識などを認識することができるカメラと、検知できる範囲の広さが魅力のミリ波レーダーを活用して周囲を検知します。

車種によっては、2台のカメラ(ステレオカメラ)で自車の前方を検知するクルマもありますが、今回デビューを果たした新型モデルでは、単眼カメラで自車の前方を検知する仕様となっています。

ただ、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、画像認識技術の精度に定評のあるイスラエルのモービルアイ社のカメラを搭載しているので、ステレオカメラに勝るとも劣らない検知能力を備えているようですよ。

新型ノートe-POWERの自動ブレーキは歩行者も検知

このように嘆願カメラとミリ波レーダーで前方を検知する自動ブレーキを備えている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、自動車だけではなく、歩行者も検知できるようになっています。

歩行者もしっかりと検知をして、対応してくれるのは嬉しいですよね。

また、ディーラーさんの話によると、自転車に関しては、乗車する人がいる状態だと検知できるようになっているそうですよ。

新型ノートe-POWERの自動ブレーキは時速約5km/h~作動

自動車だけでなく、歩行者や自転車も検知することができる新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)ですが、どれくらいから作動するのでしょうか?

この新型モデルの自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)は、対自動車と対歩行者で対応スピードが異なるのですが、対自動車では、時速約5km/hから対応します。

また、歩行者に関しては、時速約10km/h~約80km/hの範囲で作動するようになっています。

歩行者に対する自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の作動範囲は、自動車よりも少し狭くなっていますが、時速約80km/h以上で歩行者がいるような一般道を運転する機会は、ほとんどないことを考えると、これくらいの対応範囲で十分なのかなと思いました。

競合車よりも劣るところとは?【新型ノートe-POWERの自動ブレーキの欠点】

このような性能を備えている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の自動ブレーキですが、競合者・ライバル社と比較すると少し見劣りする部分がありました。

この新型モデルの自動ブレーキは競合社のものよりもどこが劣っているのでしょうか?

この新型モデルの自動ブレーキを見てちょっと残念に感じたところ、競合社の見劣りをするところを包み隠さずお話ししたいと思います。

歩行者の検知能力

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の自動ブレーキが競合者・ライバル者よりも見劣りすると感じたことの1つが、歩行者の検知能力です。

トヨタから発売されている人気コンパクトカー新型ヤリスでは、夜間の歩行者も検知することができる自動ブレーキを標準装備しています。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に搭載されている自動ブレーキは、夜間の歩行者が検知をすることができると謳っています。

ディーラーさんの話によると、周囲の明るさや歩行者が着ている洋服など状況によっては夜間の歩行者も検知できる場合もあるそうですが、「絶対に夜間の歩行者を検知することができる。」と言い切ることはできないそうです。

ちょっとこれは残念ですよね。

やはり目視では確認することあしにくい夜間の方が、交通事故起こりやすいので…

なので、夜間の歩行者の検知能力に関しては、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)よりも競合者ライバル車の方が1枚も2枚も上手なのかなと感じました。

右折をする時の安全性

また、右左折をするときの安全性に関しても、今回デビュー果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の自動ブレーキよりも、競合車ライバル社の方が優れています。

競合者ライバル社の1つでもあるトヨタの新型ヤリスは、右折をする時、対向車や前方から来る歩行者を検知して、衝突をする危険が判断をした場合、緊急ブレーキを作動するようになっています。

右折をするのが苦手な人には、このような機能が備わっているのは、非常に心強いですよね。

しかし、今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWERの自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)は、このような機能を備えていません。

このように右折をする時の安全性・安心感に関しても、この新型モデルよりも競合車・ライバル車の方が一枚上手なのかなと思いました。

まとめ:競合車よりも少し見劣りをする新型ノートe-POWERの自動ブレーキ

2020年12月にデビューを果たす日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の自動ブレーキを確認したところこのようになっていました。

■新型ノートe-POWERの自動レーキのまとめ

・全グレードに自動ブレーキを標準装備
・自動車だけではなく、歩行者や自転車も検知
・夜間の歩行者には状況次第
・右折時の自動車や歩行者は検知不可

この新型モデルは、最新モデルらしく自動車だけではなく、歩行者も検知することができる自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)を標準装備しています。

ただ、この新型モデルの自動ブレーキは、夜間の歩行者が検知することができない可能性があります。また、右折時の対向車や歩行者も検知することができません。

なので、安全性を最重要視してクルマ選びをしている方は、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ではなく、夜間の歩行者を検知することができる自動ブレーキを備えているトヨタの新型ヤリス(YARIS)などの競合車・ライバル車の方が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02