タフさがアップ!新型ノート クロスオーバーの外装の実車画像インプレ

2021年10月、日産の人気コンパクトカー”ノート(NOTE)”をベースにしたSUV仕様新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)がデビューを果たしたました。

この新型モデルのクロスオーバー仕様は、カスタムカーブランドのオーテックが手掛けたこともあり、標準仕様のノート(NOTE)とはひと味違うデザインに進化。

オーテックらしい洗練さがありながら、SUVらしい力強さ&タフさ感じられるデザインに仕上がっていました。

今回デビューを果たした新型モデルのクロスオーバー仕様の外装・エクステリアは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、どのような装備&機能を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、ノートe-POWERのSUV仕様新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノート クロスオーバーの外装をチェック

20210年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーの外装

オーテックらしさとSUVらしさを両立

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、オーテックの特徴でもドットパターンのフロントグリルやシルバー塗装をほどこしたサイドミラーなど、一目見ただけでもオーテック(AUTECH)と分かる外装・エクステリアになっています。

■新型ノート クロスオーバーのフロントグリル

ただ、この新型モデルでは、ブラック塗装をほどこしたイールアーチガーニッシュやサイドシルプロテクター、登山靴をイメージした光輝切削加工を施したアルミホイールなどを装着しており、SUVらしい無骨さも兼ね備えたデザインになっていました。

ノートよりも25mm最低地上高が高いクロスオーバー

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ホイールアーチガーニッシュやサイドシルプロテクターを装着していることもあり、ベースとなっているノートe-POWERよりも全幅が5mmほど拡大しています。

また、最低地上高もベースのノートe-POWERよりも25mmほど高くなっており、運転席からの見晴らしが良くなっているのも好印象でした。

■新型ノートとノートクロスオーバーのサイズ比較

新型ノート クロスオーバーの外装まわりの装備&アイテムをチェック

このようにスタイリッシュ&タフな見た目になっている新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ですが、外装まわりの装備も、ベースのノートe-POWERとはひと味違う専用デザインのものが多数用意されていました。

この新型モデルのクロスオーバー仕様の外装・エクステリアには、どのような装備が備わっているのか?実車画像を使って、注目の装備&アイテムを紹介したいと思います。

フロントグリル

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のフロントグリルは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのフロントグリル

この新型モデルのクロスオーバー仕様では、湘南の白波をイメージしたドットパターンのフロントグリルを採用しています。

そのおかげもあり、ベースとなっているノートe-POWERよりも存在感のあるフロントマスクに…。

■ノートe-POWERのフロントグリル

また、この新型モデルのフロントグリルには、”AUTECH CROSSOVER”と描かれた専用デザインのエンブレムが装着されており、他のモデルとはひと味違う特別感を演出していました。

ヘッドライト

また、ヘッドライトも、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアの注目装備の一つです。

ベースとなっているノートe-POWERでは、ハロゲンのヘッドライトを標準装備していましたが、このクロスオーバー仕様では、LEDヘッドライトを標準装備。

■新型ノート オーテックのLEDヘッドライト

また、この新型モデルに搭載されているLEDヘッドライトは、対向車や先行車を避けて照射をするアダプティブ機能を備えるなど、機能性に優れるのも好印象でした。

ただ、ウィンカーがLEDではなく豆球なのが、少々残念でした。

シグネチャーランプ

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアの注目のアイテムの一つが、フロントマスクの両サイドに備わっているシグネチャーランプです。

■新型ノート クロスオーバーのシグネチャーランプ

実際にこの新型モデルのシグネチャーランプを点灯してみると、このような感じに…。

■シグネチャーランプを点灯してみた時の様子

このシグネチャーランプのおかげで、フロントマスクの精悍さ&スポーティーさが増したような感じが…。

また、この新型モデルのシグネチャーランプは、デイライトの機能も兼ね備えており、自車の接近や存在をお知らせしてくれるのも魅力の一つですよ。

ちなみに、この新型モデルに用意されているシグネチャーランプは、電源に連動しており、パワースイッチをオンにすると常時点灯します。

サイドミラー

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、他のオーテックと同様、メタル調のフィニッシャーを備えたサイドミラーを標準装備しています。

■ノートクロスオーバーのサイドミラー

ただ、この新型モデルでは、メタル調にあしらったアイテムはサイドミラー以外ないため、少し浮いているような感じが…。

個人的には、「メタル調ではなく、ブラックで統一した方が良かったのかな」と、思ってしまいました。

ホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクター

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、SUVらしさを強調するアイテムとして、樹脂製のホイールアーチガーニッシュとサイドシルプロテクターを用意しています。

■ノート クロスオーバーのホイールアーチガーニッシュ

■ノート クロスオーバーのサイドシルプロテクター

このモデルのサイドシルプロテクターは、凹凸感のあるデザインをしており、SUVらしい無骨感を強調しているのが印象的でした。

ルーフレール

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、専用アイテムとして樹脂製のルーフレールを備えています。

■ノート クロスオーバーのルーフレール

ブラック塗装をほどこしたルーフレールは、ホイールアーチガーニッシやサイドシルプロテクターとの相性も良く、SUVらしさを強調していました。

リヤコンビネーションランプ

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインをしています。

■ノート クロスオーバーのリヤコンビネーションランプ

この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERと同じ豆球のリヤコンビネーションランプを採用。

このクルマの特徴やテイストを考えると、フルLEDのリヤコンビネーションランプにしてもらいたいところでした。

タイヤ&ホイール

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアの注目のアイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

■新型ノート クロスオーバーのタイヤ

この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違う登山靴をモチーフにした光輝切削加工を施したアルミホイールを標準装備。

SUVっぽいタフな見た目が良いですよね。

また、この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERよりもひと回り大きい16インチサイズのタイヤを装着しており、SUVらしい無骨で迫力のあるサイドスタイルになっていました。

まとめ:プレミアムスポーティとSUVが融合した新型ノート クロスオーバー

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしていました。

■新型ノート クロスオーバーのまとめ

・ノートe-POWERよりも車高が25mmほどアップ
・ルーフレールなど専用のアイテムを装着
・タイヤ&ホイールも専用デザイン

最近、クロスオーバーやSUVが流行っていますが、この新型モデルは、オーテックが手掛けたと言うこともあり、競合車とは一線を画したプレミアム感&スポーティーさが…。

また、この新型モデルの全高は1,545mmに抑えられており、立体駐車場を利用できるようになっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02