新型オーラ ニスモのルームミラーは見やすい?【デザイン&視認性、使い勝手を徹底解説】

安全装備が充実している日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、ルームミラーも、競合車・ライバル車よりも優れているアイテムの一つです。

そのおかげもあり、この新型モデルは、いつでもクリアな後方視界を確保しています。

今回デビューを果たした新型モデルのルームミラーは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、ルームミラーの視認性は、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているルームミラーのデザインや視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのルームミラーはお洒落?【デザインをチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているルームミラーは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモのルームミラー

インテリジェントルームミラーを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、ベースモデルのオーラ(AURA)と同様、車体の後方に搭載されているカメラの映像をミラー部分に映し出すことができる“インテリジェント ルームミラー”を標準装備。

■カメラの映像をミラー部分に映し出した時の様子

カメラの映像をルームミラー部分に映し出すことができる”インテリジェント ルームミラー”がオプションではなく、標準装備になっているのは、かなり嬉しいですよね。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット モデューロXでは、オーソドックスなルームミラーが標準装備となっており、インテリジェント ルームミラーは、ディーラーオプションで用意しているので…。

■フィット モデューロXのルームミラー

このように視認性に優れたインテリジェント ルームミラーが標準装備されているのは、競合車・ライバル車にはない、このクルマのメリットの一つなのかなと思いました。

デザイン性の良さも新型オーラ ニスモの魅力の一つ

また、デザイン性に優れているのも、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のルームミラーの魅力の一つです。

この新型モデルのルームミラーは、競合車のホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)とは異なり、ベゼルレスデザインを採用。

■ベゼルレスデザインの新型オーラニスモのルームミラー

そのおかげもあり、フィット モデューロX(FIT ModuloX)のルームミラーにはないスタイリッシュさが…。

また、この新型モデルに採用されているインテリジェントルームミラーは、スクエア形状になっており、確認することができる範囲が広いのも、魅力の一つなのかなと思いました。

新型オーラ ニスモのルームミラーは使いやすい?【視認性&機能をチェック】

このようにスタイリッシュなデザインをしている新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のルームミラーですが、視認性&後方の見やすさは、このような感じになっていました。

こちらが、オーソドックスな使い方のルームミラーモードです。

■新型オーラ ニスモのルームミラーモード

一方、ルームミラーの中央下部に備わっているレバーを操作して、クルマの後方に備わっているカメラ映像をルームミラー部分に映し出す”インテリジェントルームミラーモード”にすると、このような感じになります。

■新型オーラ ニスモのインテリジェントルームミラーモード

オーソドックスなルームミラーモードとカメラの映像を映し出すインテリジェントルームミラーモードでは、後方の視認性に大きな差が…。

実際にこの新型モデルのルームミラーを使用した感想を紹介したいと思います。

死角の多さが気になるルームミラーモード

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、オーラ(AURA)をベースにしていることもあり、スポーツモデルとしては、非常に大きなリヤウィンドウを備えています。

■新型オーラ ニスモのリヤウィンドウ

なので、後部座席に誰も乗車していないシチュエーションでは、カメラ映像ではないオーソドックスな”ルームミラーモード”でも十分です。

ただ、後部座席に大人が乗車したり、荷室・ラゲッジスペースに荷物を山積みにすると、後方の視界は、かなり遮られる感じが…。

この新型モデルの後部座席のヘッドレストを高くするだけで、これだけ後方視界は、遮られるので…。

もし後部座席に同乗者がいる場合や荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込んでいる状態なら、クルマの後方のカメラの映像をミラー部分に映し出すインテリジェントルームミラーモードにした方が良いのかなと思いました。

確認範囲の広さが魅力のインテリジェントルームミラーモード

クルマの後方に備わったカメラの映像をルームミラー部分に映し出す新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のインテリジェントルームミラーモードの魅力の一つは、後部座席に乗車している人がいる時でも、クリアな視界で運転することができることです。

ただ、実際にこの新型モデルに用意されているインテリジェントルームミラーモードを使用してみて驚いたことの一つが、見える範囲の広さです。

この新型モデルのインテリジェントルームミラーモードは、オーソドックスなルームミラーモードよりも確認できる横幅がひと回り大きいんですよね。

■ルームミラー時の見え方

■インテリジェントルームミラー時の見え方

そのため、ルームミラーモードよりも安心して運転をすることができます。

また、この新型モデルのインテリジェントルームミラーモードは、映像が高精細で、視認性に優れているのも非常に良かったです。

アラウンドビューモニターは見にくい

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)では、真上から見下ろすような視点でクルマと周囲を確認することができるアラウンドビューモニターが標準装備されています。

ただ、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着しないと、アラウンドビューモニターは、ルームミラーの左側に表示されるんですが、画面サイズがかなり小さいんですよね。

ちなみに、こちらは、別の日産のクルマなのですが、ルームミラー部分に表示されるアラウンドビューモニターは、このような感じになります。

■ルームミラーに表示時のアラウンドビューモニター

■純正ナビに表示時のアラウンドビューモニター

純正ナビの大画面に表示されたアラウンドビューモニターと比べると、かなり見えにくいですよね。

今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の純正ナビは、SOSコールやプロパイロット機能などとセットになっているため、オプション価格は約35万円と高額です。

ただ、アラウンドビューモニターを存分に使いたいのなら、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着した方が良いのかなと思いました。

まとめ:デザイン性&視認性に優れる新型オーラ ニスモのルームミラー

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に標準装備されているルームミラーは、このようなデザイン&視認性になっていました。

■新型オーラ ニスモのルームミラーのまとめ

・インテリジェントルームミラーを標準装備
・ベゼルレスのスタイリッシュなデザイン
・カメラ映像も高精細で視認性は良好
・アラウンドビューモニターの視認性はイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルは、カメラ映像をルームミラーに映し出すことができるインテリジェントルームミラーを標準装備。

そのおかげもあり、競合車・ライバル車よりも後方に視認性は良いです。

また、ベゼルレスデザインになっており、スタイリッシュ&スポーティな車内空間に馴染んでいるのも好印象でした。

ただ、ルームミラーに表示されるアラウンドビューモニターの視認性はイマイチです。

なので、アラウンドビューモニターの使用を考えている方は、乗り出し価格が高くなってしまいますが、メーカーオプションの純正ナビの装着を検討した方が良いと思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02