新型オーラ ニスモのサイドミラーは見やすい?【デザインや視認性を徹底解説】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースモデルのオーラ(AURA)とは違う専用デザインのサイドミラーを標準装備しています。

また、この新型モデルのサイドミラーは、機能が充実しているのも魅力の一つです。

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラーは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルに用意されているサイドミラーの視認性は、どうだったのでしょうか?

専用デザインになっている新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーのデザイン&機能性、視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのサイドミラー【デザイン&機能性をチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモのサイドミラー

赤をほどこした専用デザインのサイドミラーを採用

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーの特徴&注目ポイントの一つは、カラーリングです。

この新型モデルのベースモデルのオーラ(AURA)は、ボディと同系色のサイドミラーを採用していました。(※ツートンカラーは、ブラック塗装をほどこしたサイドミラーを採用しています。)

■オーラのサイドミラー

一方、今回デビューを果たした新型モデルでは、ボディカラー問わず、すべて赤の塗装をほどこしたサイドミラーを採用。

■赤の塗装をほどこしたサイドミラー

NISMOの特徴でもある赤のアクセントカラーと相まって、スポーツモデルらしい精悍な見た目を強調していました。

また、この新型モデルでは、ディーラーオプションで、サイドミラーのカラーを簡単に変更することができる”ドアミラーカバー”も用意しています。

■新型オーラ ニスモのドアミラーカバー:ブラック

■新型オーラ ニスモのドアミラーカバー:シルバー

■新型オーラ ニスモのドアミラーカバー:カッパー

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/optional-parts/vehicles/aura.html

ブラックやシルバーのドアミラーカバーを装着して、従来のモデルとは異なる雰囲気の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を楽しんでも良いかもしれませんね。

ウィンカー機能を搭載

また、今回デビューを果たしたに日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーには、ウィンカーも備わっています。

ただ、この新型モデルのサイドミラーに備わっているウィンカーは、カチカチと点滅をするオーソドックスなタイプとなっており、NISMOらしい先進性やスタイリッシュさはありません。

■ドアミラーウィンカーを点灯時

また、この新型モデルのサイドミラーのウィンカーは、光り方がモワっとしていて、思ったよりも目立たないのも気になるところでした。

シーケンシャルドアミラーウィンカーに変更が可能

光り方に少し物足りなさを感じる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーのウィンカーですが、ディーラーオプションで、シーケンシャルドアミラーウィンカー(流れるドアミラーウィンカー)に変更することが可能です。

■オプションで用意しているシーケンシャルドアミラーウィンカー

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/optional-parts/vehicles/aura.html

ディーラーオプションに用意されているシーケンシャルドアミラーウィンカーに変更すると、先進性&スタイリッシュさが増すような感じが…。

また、標準仕様のドアミラーウィンカーよりも、点灯時のオレンジのラインが際立っているのも、ディーラーオプションで用意されているシーケンシャルドアミラーウィンカーの魅力の一つなのかなと思いました。

【オーラ】オプショナルパーツ「シーケンシャルドアミラーウインカー」

ちなみに、ディーラーオプションで用意されているシーケンシャルドアミラーウィンカーのオプション価格は、4万1560円となっています。

このシーケンシャルドアミラーウィンカーは、ディーr-オプションの中では少し高めのお値段ですが、NISMOらしい精悍さやスポーティさを追求したい人には、非常に良いアイテムだと思いますよ。

新型オーラ ニスモのサイドミラー【視認性をチェック】

NISMOらしいスポーティな見た目を演出している新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーですが、安全性&使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意に用意されているサイドミラーの視認性&見やすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

確認できる範囲が広い新型オーラ ニスモのサイドミラー

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラーの運転席からの見え方&確認できる範囲は、このような感じになっています。

■新型オーラ ニスモのサイドミラーの視認性

この新型モデルは、スポーツモデルと言うこともあり、サイドミラーも先端が少しシャープなデザインに…。

そのため、若干視界が削られている感はあります。

ただ、スポーツモデルのサイドミラーとしては、十分なサイズを確保しているため、視界&視認性の悪さは感じません。

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のシドミラーは、Aピラーの付け根からではなく、ドアパネルから生えており、斜め前方の視界を妨げていないのも好印象でした。

後方の視界をサポートする安全装備も充実

また、サイドミラーでは確認することができない死角をカバーする安全装備が用意されているのも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力の一つです。

競合車の一つでもあるホンダのフィット モデューロXやトヨタのGRヤリスでは、高速道路での車線変更をする際にクルマの接近をお知らせしてくれる安全装備は、オプションとなっています。

しかし、今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)では、車線変更をする際、クルマの接近をお知らせしてくれる”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”を標準装備。

■クルマの接近をお知らせするインジケーター

また、バックや駐車をする際、後方の視界をサポートするアラウンドビューモニターも、用意しています。(※アラウンドビューモニターは、メーカーオプション設定です。)

■新型オーラ ニスモのアラウンドビューモニター

そのおかげもあり、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも安心して運転できるクルマに仕上がっていますよ。

まとめ:視認性&機能性に優れた新型オーラ ニスモのサイドミラー

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のサイドミラーは、このようなデザイン&視認性をしていました。

■新型オーラ ニスモのサイドミラーのまとめ

・赤をあしらった専用デザイン
・ドアミラーウィンカーを標準装備
・オプションでシーケンシャルタイプに変更可能
・サイドミラーの死角をカバーする安全装備も充実

今回デビューを果たした新型モデルは、スポーツモデルらしい赤をあしらった専用デザインのサイドミラーを採用。

そのおかげもあり、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりもスポーツモデルらしさが際立っていました。

また、この新型モデルは、サイドミラーの見えない範囲をカバーしてくれる安全装備が標準装備になっているなど、安全性もしっかりと考慮しているのも魅力の一つです。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、サイドミラーのデザインや視認性にも注目をしてみてくださいね。

また、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも乗り出し価格が高いので、見積もりを貰う際は、値引き交渉を行うのもお忘れなく…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02