トップクラスの大きさ!新型ノートe-POWERの荷室容量を確認してきた

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、広くて使い勝手に優れる荷室・ラゲッジスペースを備えているのが魅力の一つです。

また、荷室容量も、競合車・ライバル車よりも優れていました。

新しく生まれ変わったこの新型モデルの荷室容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、競合車・ライバル車と比較して、この新型モデルの荷室容量は、どれくらい優れていたのでしょうか?

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”の荷室容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの荷室容量はどのくらい?

2020年12月にフルモデルチェンジをした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースはこのようなデザインになっています。

■新型ノートe-POWERの密室

コンパクトカーとしては十分な広さを備えているこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERの荷室容量… 340リットル
(※VDA方式で計測)

先代モデルよりも荷室容量はアップ

実は今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室容量を聞いて、かなりビックリしたんですよね。

と言うのも、この新型モデルは、先代モデルよりもボディサイズが小さくなったこともあり、荷室の奥行きも先代モデルよりもひと回り小さくなっていたんですよね。

■先代モデルの荷室

なので、この新型モデルの荷室容量も、先代モデルよりも少し小さくなっていると思っていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ホイールハウスの張り出しを小さくすることによって、先代モデルよりも容量の大きい荷室・ラゲッジスペースを実現したようですよ。

新型ノートe-POWERの荷室容量は大きいの?【競合車と比較】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースの容量は、VDA方式で340リットルとなっていましたが、この数値だけを見ても、凄いのかどうか分からないですよね。

そこで、今回デビューを果たしたこの新型モデルと競合車・ライバル車の荷室容量を比較したところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERと競合車の荷室容量

新型ノートe-POWERの荷室容量はクラストップ

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、荷室・ラゲッジスペースの定評のあるホンダの新型フィット4(FIT4)よりも10リットルほど大きく、コンパクトカーの中でトップの値になっていました。

ホンダの新型フィット4(FIT4)の方がこの新型モデルよりも荷室・ラゲッジスペースの奥行きが広いため、新型フィット4(FIT4)の方が荷室容量も大きくなっていると思っていたいたので、この結果には、少々ビックリ!

■新型ノートe-POWERと競合車の荷室サイズ比較

多くの荷物を積み込むことができる積載性は、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

積載性だけではなく、使い勝手の良さも魅力の一つ

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースは、容量が大きいだけでではなく、使い勝手が良いのも魅力の一つです。

この新型モデルが競合車・ライバル車よりも優れているのが、荷室・ラゲッジスペースの荷室開口部の広さです。

この新型モデルの荷室開口部は、台形のようなデザインになっており、大きい荷物も積み下ろしがしやすい形状になっています。

■新型ノートe-POWERの荷室開口部

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型フィット4(FIT4)と比較すると、荷室開口部の広さは、一目瞭然ですよね。

■新型フィット4の荷室開口部

ただ単に荷室容量が広いだけではなく、使い勝手に優れているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:容量だけではなく、使い勝手も優れる新型ノートe-POWERの荷室

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERの荷室容量

・荷室容量は430リットル
・荷室容量の大きさは、コンパクトカーの中でトップ
・新型ノートe-POWERの荷室は、使い勝手も良好

今回デビューを果たした新型モデルの荷室容量は340リットルとなっており、コンパクトカーの中でトップの値に…。

また、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、ただ単に荷室容量が大きいだけではなく、使い勝手に優れているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02