【欠点&注意点】新型ノートe-POWERの純正ナビはココが残念

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、9インチサイズの純正ナビ(メーカーオプションナビ)を用意しています。

画面サイズも大きく、また、機能も充実しているこの新型モデルの純正ナビ(メーカーオプションナビ)ですが、注意をしないといけないところも…。

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているこの新型モデルの純正ナビ(メーカーオプションナビ)の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

私がこの新型モデルに用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)を使用して気になったところを、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

装着できるのは上位グレードのみ【新型ノートe-POWERの純正ナビの欠点1】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビ(メーカーオプション)の欠点&デメリットの一つが、装着できるグレードが限られてしまうことです。

純正ナビを装着できるのはXグレードのみ

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、2WD車が3つのグレード、4WD車は2つのグレード、合計5つのグレードをラインナップしています。

ただ、メーカーオプションで用意されている純正ナビ(メーカーオプション)を装着することができるのは、2WD車と4WD車の最上位モデルに位置をする”Xグレード”のみです。

それ以外のグレードでは、純正ナビ(メーカーオプションナビ)を装着することができず、ディーラーオプションナビを装着するしかありません。

ディーラーオプションナビも9インチサイズとなっているのですが、見た目のデザインや機能性に若干の違いが…。

■新型ノートe-POWERの純正ナビ

■新型ノートe-POWERのディーラーオプションナビ

(引用:日産公式ホームページ)

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルの”Xグレード”だけではなく、中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”Fグレード”でも、純正ナビ(メーカーオプションナビ)を選ぶことができるようにしても良かったのかなと思いました。

NissanConnectの申し込みが必要【新型ノートe-POWERの純正ナビの欠点2】

また、純正ナビ(メーカーオプションナビ)に備わっている機能を最大限に活用するには、年間7,920円のサービス料が発生をする”ニッサンコネクト(NissanConnect)”に申し込まないといけないのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の欠点&デメリットの一つです。

NissanConnectに申し込まないと使用できない機能

今回デビューを果たしたこの新型モデルの純正ナビ(メーカーオプションナビ)は様々な機能を搭載しているのですが、次の機能に関しては、ニッサンコネクト(NissanConnect)を申し込まないと使えないようになっていました。

■ニッサンコネクトに申し込まないと使えない機能

・ドアtoドアナビ
・OTA自動地図更新
・OTAソフトウェア更新
・最速ルート検索
・Googleサービス(Google検索、ストリートビュー、航空写真)
・オペレーターサービス
・Wifiサービス(docomo in Car Connect)
・情報チャンネル
・ドライブ履歴
・メンテナンス通知
※docomo in Car Connectは別途サービス料が必要

このように見ると、ニッサンコネクト(NissanConnect)を申し込まないと使用することができないナビ機能が多いように感じますね。

個人的には、OTA自動地図更新やGoogleを活用して目的地を探すことができる機能が使えないのは、かなり痛いような感じが…。

このように今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)は、通信を活用した最新のサービス”ニッサンコネクト(NissanConnect)”を利用することを前提としたアイテムになっているので、ご注意くださいね。

オプション価格の高さ【新型ノートe-POWERの純正ナビの欠点3】

また、オプション価格が高いのも、今回デビューをはたした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)の欠点&デメリットの一つです。

純正ナビのオプション価格は約35万円~

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、メーカーオプションはすべて様々なアイテムがひとまとめになった”セットオプション”として用意されているのですが、純正ナビを含むセットオプションは、安いタイプで約35万円となっています。

また、高速道路を運転を楽にしてくれるプロパイロット機能を含むお値段が高い方のセットオプションの価格は、約42万円となっています。

機能や装備を見ると、このくらいの金額になってしまうのも分かるのですが、お値段だけみると、少し高く感じてしまいますよね。

個人的には、色々なアイテムとセットにするのではなく、純正ナビ(メーカーオプションナビ)だけを単品で注文できるようにしても良かったのかなと思いました。

備わっているオーディオ機能【新型ノートe-POWERの純正ナビの欠点4】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビ(メーカーオプションナビ)で残念だったことの一つが、オーディオ機能です。

純正ナビにはCD/DVDの挿入口がなし

今回デビューを果たした新型モデルに用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)は、Apple CarPlayやAndroid Autoが使用できるようになっています。

なので、iPhoneやスマホを接続すると、スマホ内の音楽などを楽しめるようになっています。

また、メーカーオプションでHDMI端子も装着することができるため、ナビの画面で動画なども楽しむことが可能です。

■新型ノートe-POWERのHDMI端子

ただ、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)では、CD/DVDの挿入口はなし。

そのため、純正ナビ(メーカーオプションナビ)では、CDやDVDを直接楽しむことができません。

最近はスマホやサブスクで気軽に音楽を楽しめるようになったとはいえ、ちょっとコレは残念ですよね。

このようにオーディオ関係の使い勝手が悪いのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビの気になるところでした。

まとめ:機能や価格で残念さを感じる新型ノートe-POWERの純正ナビ

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)を確認してみたところ、次のような欠点&デメリットが目につきました。

■新型ノートe-POWERの純正ナビの欠点&デメリット

・純正ナビを装着できるのはXグレードのみ
・ニッサンコネクトを申し込まないと、使えない機能が多数
・セットオプションのため価格は高め
・CD/DVDは使用できない

見た目はとてもスタイリッシュなこの新型モデルの純正ナビですが、装着できるのは最上位モデルのXグレードのみなど、色々と気になるところが…。

また、ニッサンコネクト(NissanConnect)を申し込まないと使用することができない機能がたくさんあるのも気になるところです。

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビ(メーカーオプションナビ)は、このような欠点&デメリットもあるので、装着を検討している方はご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02