新型ノート クロスオーバーのタイヤ&ホイール【サイズやタイヤメーカーを徹底解剖】

日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”をベースにしたSUVモデル新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が、2021年10月にデビューを果たしました。

ブラック塗装をほどこしたルーフレールやホイールアーチガーニッシュ、サイドシルプロテクターなど様々な専用装備を備えているこの新型モデルですが、タイヤ&ホイールも専用デザインとなっています。

この新型モデルのホイールは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、タイヤサイズ&タイヤメーカーは、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)に備わっているタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、メーカーを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノート クロスオーバーのホイール【デザインをチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーのホイール

標準車はスチールホイールを標準装備

新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のベースとなっているノートe-POWERでは、ガンメタ塗装をほどこした樹脂製のホイールキャップを備えたスチールホイール(鉄チン)を標準装備していました。

■ノートe-POWERのスチールホイール

そのおかげもあり、ノートe-POWERは、未来感のあるサイドスタイルになっていました。

切削光輝加工を施したアルミホイールを標準装備

しかし、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)では、切削光輝加工を施した専用デザインのアルミホイールを標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのアルミホイール

切削光輝加工がほどこされたシルバーの部分は、登山靴のソール(靴底)をイメージしたということもあり、ベースとなっているノートe-POWERよりも迫力のあるサイドスタイルに…。

また、ホイールアーチガーニッシュ、サイドシルプロテクターとの相性も良く、SUVらしいタフさを演出しているのも好印象でした。

新型ノート クロスオーバーのタイヤ【サイズやタイヤメーカーを紹介】

このようにSUVらしい迫力のあるデザインになっている新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のタイヤ&ホイールですが、タイヤサイズは、どれくらいの大きさだったのでしょうか?

また、どのメーカー&ブランドのタイヤを履いていたのでしょうか?

この新型モデルに採用されているタイヤのサイズやメーカー、ブランドを確認してきたので、紹介したいと思います。

ひと回り大きいタイヤを履いている新型ノート クロスオーバー

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が履いているタイヤの大きさを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノート クロスオーバーのタイヤサイズ

・16インチ (195/60R16 89H)

この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERの最上位モデルに位置をするXグレードと同じ16インチサイズのタイヤを標準装備しています。

ただ、ノートe-POWERにオプションで用意されている16インチタイヤよりも新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のタイヤの方が直径がひと回り大きくなっていました。

■新型オーラとノートe-POWERのタイヤサイズ比較

また、タイヤ1本で支えることのできる最大負荷能力を表す”ロードインデックス”がノートe-POWERよりも優れているのも、この新型モデルの注目ポイントの一つですよ。

■新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERのロードインデックス比較

新型ノート クロスオーバーはエコタイヤを標準装備

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が履いているタイヤメーカー&ブランドを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノート クロスオーバーのタイヤメーカー&ブランド

ブリヂストン エコピアEP150 (ECOPIA EP150)

今回デビューを果たした新型モデルでは、低燃費性能と高いウェット性能を高い次元で両立したブリヂストンの低燃費タイヤ”エコピアEP150 (ECOPIA EP150)”を標準装備していました。

ただ、個人的には、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が履いているタイヤには、ちょっとガッカリ…。

と言うのも、この新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのカローラクロス(COROLLA CROSS)では、ブリヂストンから発売されているプレミアムSUVタイヤブランドの”アレンザ 001(ALENZA 001)”が標準装備していたんですよね。

■新型カローラクロス

競合車・ライバル車の一つでもあるカローラクロス(COROLLA CROSS)のタイヤと比較すると、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方が少し見劣りするような感じが…。

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、日産のカスタムカーブランドのオーテック(AUTECH)が手掛けたということを考えると、もう少し装着するタイヤにも気を配ってもらいたかったです。

まとめ:迫力のある大径タイヤ&ホイールを履いた新型ノート クロスオーバー

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が履いているタイヤ&ホイールのサイズやメーカー、ブランドを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノート クロスオーバーのタイヤ&ホイールのまとめ

・切削光輝加工を施したアルミホイールを標準装備
・タイヤサイズは16インチ
・タイヤの直径は標準モデルよりもひと回り大きい
・低燃費タイヤを標準装備

新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が履いているタイヤメーカー&ブランドがSUVタイヤではなく、低燃費タイヤを装着していたのは、ちょっと残念。

ただ、ベースとなっているノートe-POWERよりもひと回り大きいタイヤ&ホイールを装着しており、SUVらしい迫力のあるサイドスタイルを演出していたのは好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02