新型ソルテラの後部座席って広い?【足元&頭上空間を計測してみた】

2022年5月にデビューをする新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ミドルクラスSUVの中でも特にホイールベースが長いクルマになっています。

そのため、競合車・ライバル車よりも後部座席の足元空間(ニークリアランス)が広くなっているため、ゆったりと座れて、非常に快適です

また、頭上空間(ヘッドクリアランス)も十分なゆとりを確保しています。

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、どれくらいの広さになっているのでしょうか?また、頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、どれくらいなのでしょうか?

先日、スバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の足元空間&頭上空間の広さを計測してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの後部座席【足元空間の広さをチェック】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラの後部座席
グレード:ET-HSグレード

高級感がただようシートを採用している新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、次のようになっていました。

十分な広さを確保している新型ソルテラの後部座席

こちらは、フロントシートを一番前にスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■後部座席の足元の広さ:運転席を最先端時

運転席を一番前にスライドすると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、かなり広くなりますね。

一方、新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席を一番後ろにした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、このような感じになります。

■後部座席の足元空間の広さ:運転席を最先端時

クルマによっては、運転席を一番後ろにすると、後部座席に乗車できないくらい足元空間(ニークリアランス)が狭くなるクルマがあります。

しかし、この新型モデルは、運転席を一番後ろにしても、大人でもなんとか座れるくらいの足元空間(ニークリアランス)の広さを確保。

■後部座席を一番後ろにした時の後部座席

運転席を一番後ろにした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、競合車にはないこの新型モデルの良いところなのかなと思いました。

そして、運転席を私が一番運転しやすい位置に合わせた時の新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、このような感じ。

■後部座席の足元空間の広さ:ドライビングポジション時

運転席をドライビングポジションに合わせてた時も十分な広さの足元空間(ニークリアランス)になっていました。

後部座席の足元空間の広さは40cm以上

このように十分に広い後部座席を備えているスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、実際、どれくらいの広さを確保しているのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、次のようになっていました。

■新型ソルテラの後部座席の足元空間の広さ

この新型モデルの運転席を一番前にした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は約45㎝となっており、広々とした足まわりに…。

また、運転席をドライビングポジションに合わせた時の後部座席の足元の広さは、約38cmとなっていました。

ミドルクラスSUVの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は30cm~35cmくらいなので、このクルマの後部座席の足元空間(ニーく入りアランス)がいかに広いかがわかりますよね。

この窮屈感を感じることなく座ることができる新型ソルテラの足元空間(ニークリアランス)は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの大きな魅力の一つなのかなと思いました。

後部座席に座った時のゆとりは拳3つ分

また、身長約175cmある私がこの新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席に座ってみた時の足まわりは、このような感じになります。

かなり余裕がありますよね。

どれくらい広いか測ってみたところ、膝先からシートバックまで拳を縦にして約3つ分の広さが…。

そのため、足を組んで座ることも可能です。

また、この新型モデルは、膝先からシートバックまで余裕があるため、窮屈感や圧迫感を感じないで座ることができるのも好印象でした。

フロントシート下のトンネルは狭い

2021年5月に出部y-をする新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さを誇っていますが、フロントシート下のトンネルは、あまり広くありません。

■新型ソルテラのフロントシート下のトンネル

私の足のサイズは26.5㎝なのですが、足をフロントシート下のトンネルにいれてみたところ、ちょうど指の付け根くらいまでしか入れることができません。

ただ、この新型モデルの後部座席は、十分な足元空間(ニークリアランス)の広さを確保しているため、フロントシート下のトンネルの広さは、あまり気になりませんでした。

新型ソルテラの後部座席【頭上空間の広さをチェック】

一方、新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の頭上空間の広さは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)は、このような感じになっています。

■新型ソルテラの後部座席の頭上空間

今回デビューを果たした新型モデルは、フォレスターのような箱型シルエットではなく、スタイリッシュな見た目が特徴のアーバンスタイルのSUVになっているため、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、それほど広くありません。

ただ、窮屈感&圧迫感を感じるほど狭くもありませんでした。

座面から天井までの高さは約90cm弱

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の座面から天井までの高さを計測してみたところ、次のようになっていました。

■新型ソルテラの座面から天井までの高さ…約87cm

この新型モデルの後部座席の座面から天井までの高さを計測してみたところ、90cm弱。

足元空間に関しては、圧倒的な広さをるこの新型モデルですが、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、ミドルクラスの中で平均的な広さとなっていました。

新型ソルテラの後部座席の頭上空間は拳1つ分

また、身長が約175㎝ある私がこの新型モデルの座ってみたところ、頭のてっぺんから天井まで拳を縦にして約1つ分くらいのゆとりがありました。

なので、窮屈さは一切感じません。

また、線路を横断する時など少しクルマが上下に揺れても、頭が天井に触れることがないため、乗り心地の悪さも感じませんでした。

リクライニングで頭上空間を広くすることも可能

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席は、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能を備えています。

■新型ソルテラの後部座席をリクライニングした時の様子

ご覧いただければ分かると思いますが、この新型モデルの後部座席のリクライニング幅は、それほど大きくありません。

ただ、リクライニングすると、後部座席の頭上空間がひと回り広くなるんですよね。

もし背の高い男性が新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席に座るのなら、後部座席の背もたれをリクライニングした方が良いのかなと思いました。

まとめ:広くて快適な新型ソルテラの後部座席

2022年5月にデビューをする新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席の足元空間&頭上空間の広さを測ってみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラの後部座席の広さのまとめ

・足元空間の広さはミドルクラスSUVの中でトップクラス
・フロントシート下のトンネルは狭め
・頭上空間は標準的な広さ
・リクライニングで頭上空間を拡大可能

この新型モデルは、本格的なオフロード仕様のSUVではなく、街中で映えるアーバンタイプのSUVのため、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、標準的な広さとなっています。

ただ、この新型モデルは、ホイールベースが広いこともあり、後部座席の足元空間(ニークリアランス)に関しては、競合車・ライバル車よりも圧倒的に広くなっていました。

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、広くて快適な新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席もしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02