【少し気になる…】新型ソルテラの内装の欠点&残念なところとは?

2022年5月にデビューを果たすスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、トップマウントメーターやダイヤル式のシフトレバーなど、最新の機能&装備が存分に投入されています。

ただ、この新型モデルの内装・インテリアで残念だったところも…。

スバル初の電気自動車”新型ソルテラ(SOLTERRA)”を試乗して気になったことは、何だったのか?この新型モデルの内装・インテリアの欠点&残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

内装色【新型ソルテラの内装の欠点1】

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)で少し残念だったのが、用意されている内装色・インテリアカラーです。

上位モデルはブラックの内装色を選べない

この新型モデルは、オーソドックスなブラックと明るめのブラウン(正式名称はタン)の2種類の内装色・インテリアカラーを用意しています。

■新型ソルテラのブラックの内装色

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/index/

■新型ソルテラのブラウンの内装色

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/index/

ただ、この新型モデルは、下位モデルに位置をするET-SSグレードは、ブラックの内装色、上位モデルのET-HSグレードは、ブラウンの内装色とグレードごとに固定されてしまっているんですよね。

つまり上位モデルのET-HSグレードでは、ブラックの内装色・インテリアカラーを選べないことに…。

私もそうなのですが、ブラウンではなく、シックで大人っぽいブラックの本革シートを備えたET-HSグレードが欲しいという方は、多いと思うのですが…。

■ET-HSグレードのブラウンの本革シート

個人的には、新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルに位置をするET-HSグレードは、ブラウンだけではなく、オーソドックスなブラックを選べるようにしても良かったのかなと思いました。

各パーツの高級感【新型ソルテラの内装の欠点2】

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の内装・インテリアで気になったのは、各アイテム・パーツの高級感です。

安っぽささが目立つアイテムがチラホラと…

この新型モデルの上位モデルに位置をするET-HSグレードは、本革シートやメッキ加飾をほどこしたダイヤル式のシフトレバーなどを備えており、高級感や上質感を強調した内装・インテリアになっています。

■新型ソルテラのET-HSグレードの内装

ただ、この新型モデルの車内に用意されているアイテムの中には、「ちょっともったいないな~」と感じるアイテムも…。

その一つが、エンジンスターターです。

この新型モデルは、インパネ中央にパワースイッチを備えているのですが、スイッチまわりも含めて特別な加飾がなくプラスチック感が強いんですよね。

■新型ソルテラのパワースイッチ

また、インサイドドアハンドルも、シンプルなブラック塗装になっています。

■新型ソルテラのインサイド ドアハンドル

この新型モデルは、センターコンソールやダッシュボードに光沢感のあるピアノブラック調のパネルを使用しています。また、ドリンクホルダーやサイドレジスター(送風口)、スイッチベースなどにはメッキの加飾を施して、高級感や上質感のある車内空間を演出しています。

■新型ソルテラのドリンクホルダー

■新型ソルテラの送風口

そのため、パワースイッチやインサイドドアハンドルのシンプルさが、余計に際立っています。

個人的には、「ここらへんの細かいパーツの高級感や上質感にも、こだわってもらいたかったな…」と、思ってしまいました。

際立つ指紋などの汚れ【新型ソルテラの内装の欠点3】

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の内装・インテリアで気になったのは、際立つ指紋汚れや埃(ほこり)です。

新型ソルテラはピアノブラック調のパネルを採用

今回デビューを果たした新型モデルは、エアコンパネルやセンタコンソールの前方部分に光沢感のあるピアノブラック調を採用しています。

■新型ソルテラのエアコンパネル

■新型ソルテラのセンターコンソール

この新型モデルは、ダッシュボードやシフトレバーまわりにピアノブラック調のパネルを採用しているおかげで、上質感や高級感はありますが、指紋の汚れや埃(ほこり)がかなり目立ちます。

個人的には、シフトレバーやエアコンパネルあんど頻繁に手が触れる部分は、指紋などの汚れが目立つピアノブラック調のパネルではなく、違い素材の方が良いのかなと思ってしまいました。

安全装備【新型ソルテラの内装の欠点4】

また、用意されている安全装備システムも、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の気になるところ一つです。

新型ソルテラのスバル セーフティセンスを搭載

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、トヨタと共同開発ということで、スバルの安全装備”アイサイト”ではなく、トヨタの安全装備システムをベースにした”スバル セーフティセンス(SUBARU Sefty Sence)”が搭載されています。

そのため、最新のアイサイトと比べると、この新型モデルの安全装備は、機能や性能が少し劣ります。

その一つが、自動ブレーキ(プリクラッシュ セーフティシステム)です。

スバル セーフティセンス(SUBARU Sefty Sence)を搭載している新型ソルテラ(SOLTERRA)も車両だけではなく、昼夜の歩行者や自転車も検知できる最新の自動ブレーキを搭載しています。

SOLTERRA:SUBARU Safety Sense[プリクラッシュセーフティ(PCS)]

ただ、スバル セーフティセンス(SUBARU Sefty Sence)は、見通しの悪い交差点での衝突回避&軽減をサポートする”前側方プリクラッシュブレーキ”などの用意がなく、アイサイトの自動ブレーキよりも性能が劣ります。

【新型レヴォーグ】まとめて解説「アイサイト」

また、カーブ手前で自動減速してくれる機能を搭載していないなど、高速道路の運転を楽にしてくれるクルーズコントロールの性能が劣るのも気になるところでした。

まとめ:物足りなさを感じるところもある新型ソルテラの内装

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の内装・インテリアには、このような欠点&残念なところがありました。

■新型ソルテラの内装の欠点のまとめ

・用意されているインテリアカラー
・各アイテムの高級感&上質感
・汚れが目立つダッシュボード&センターコンソール
・安全装備の性能&充実度

高級感・上質感ただよう内装・インテリアが魅力のこの新型モデルですが、指紋汚れが目立つセンターコンソールやエアコンパネルなど、色々と気になるところも…。

また、内装色・インテリアカラーを選ぶことができないのも、残念なところの一つでした。

今回デビューをする新型ソルテラは、技術の粋(すい)を結集して開発したクルマですが、このような欠点&デメリットもあるので、購入を検討している方は、契約書にハンコを押す前に隅々までチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02