【スバルらしさ全開】新型ソルテラの外装・エクステリアの実写画像インプレ

2021年5月、スバルからSUVスタイルの電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)が発売されます。

この新型モデルは、スバルとトヨタの共同開発となっており、トヨタの電気自動車”bZ4X”と基本仕様は、まったく同じです。

ただ、新型ソルテラ(SOLTERRA)の外装・エクステリアには、スバルらしさが満載です。

そんな新型モデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、どのような特徴&魅力を備えているのでしょうか?

スバルから新発売された電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)の外装・エクステリアの魅力&注目ポイントを、実写画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの外装【デザインの特徴や注目ポイントを徹底解説】

2021年5月に発売されるスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラの外装・エクステリア

ヘッドライトの下まで大きくまわりこんだ樹脂製のフェンダーアーチモールやフロントグリルのデザインなど、かなり攻めたデザインですよね。

■ヘッドライト下まで回りこんだフェンダーアーチモール

先進性がありつつも、スバルらしさもいたるところで感じる、まさに次世代のスバル車と言った感じのデザインになっていました。

新型ソルテラはミドルクラスのSUVと同サイズ

今回デビューを果たした新型モデルの全長は4980mm、横幅は1860mm、高さは1650mmとなっており、トヨタのハリアー(Hurrier)やスバルのフォレスター(Forester)と同等のサイズになっています。

■新型ソルテラと競合車のボディサイズ

ただ、実際に見てみると、ハリアーやフォレスターなどよりも一回り小さく感じました。

スバルらしいパーツが満載

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、トヨタの”bZ4X”の姉妹車ですが、外装・エクステリアのデザインは、スバル専用デザインになっています。

■スバルの新型ソルテラの外装

■トヨタの新型bZ4X

画像引用:https://toyota.jp/bz4x/

そのため、この新型モデルの外装・エクステリアには、スバルらしいデザインがふんだんに盛り込まれています。

その一つが、フロントグリルです。

今回デビューを果たした新型モデルでは、ブラックのガーニッシュでスバルの特徴の一つでもある六角形の形をしている”ヘキサゴン グリル”を表現しています。

■新型ソルテラのヘキサゴン グリル

また、この新型モデルは、”コの字”のヘッドライトやリヤコンビネーションランプを採用しています。

■新型ソルテラのヘッドライト

■新型ソルテラのリヤコンビネーションランプ

ここらへんも、スバル車らしくて、非常に好感がもてました。

整流効果が高いアイテムを装着

また、2022年5月にデビューをする新型ソルテラ(SOLTERRA)は、整流効果が高いアイテムを備えているのも、魅力の一つです。

その一つが、リヤスポイラーです。

■新型ソルテラのリヤスポイラー

今回デビューを果たした新型モデルのリヤスポイラーの左右は大きく張り出しているものの、中央部分はスッポリと抜けている少し珍しいデザインを採用。

ただ、この少しユニークな形状が リヤにかけての空気の流れを整流するとともに、走りに効果的なダウンフォースを与えてくれるそうです。

また、フロントマスクの両サイドには、ホイールハウスまわりの空気の流れを良くするエア インテークも用意されています。

このように新型ソルテラ(SOLTERRA)の外装・エクステリアは、整流効果を高めるアイテムが用意されているため、走りもかなり期待できるそうですよ。

新型ソルテラの外装【各装備&パーツのデザインや特徴を徹底解説】

“次世代のスバル車”と呼ぶのにふさわしいデザインをしているスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、外装・エクステリアまわりの各パーツも充実しています。

今回デビューを果たした新型モデルの外装・エクステリアには、どのような装備&アイテムが用意されているのか?実写画像を使って、チェックしていきましょう。

シャープな見た目を演出する薄型のヘッドライト

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのヘッドライト

この新型モデルは、フルLEDのヘッドライトを全グレード標準装備しているのですが、デイライトが”コの字型”に点灯するなど、スバルらしいデザインに…。

また、コの字型に点灯しているデイライトは、ウィンカー兼用になっており、ウィンカー操作をすると、鮮やかに発光するのも印象的でした。

■新型ソルテラのウィンカー点灯時の様子

SUVらしさを強調するフォグランプ

また、今回デビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、LEDのフォグランプを全グレードに標準装備しています。

■新型ソルテラのフォグランプ

フロントグリルの下のシルバーのガーニッシュと相まって、SUVらしいフロントマスクを演出していました。

精悍な見た目を強調するサイドミラー

2021年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのサイドミラー

この新型モデルは、モノトーン/ツートンあわせて11色のボディカラーを用意しているのですが、ボディカラーに関わらず、すべてブラック塗装をしたサイドミラーが標準装備となります。

そのため、この新型モデルは、精悍なサイドスタイルに…。

また、シフトレバーをリバース(R)に入れると、サイドミラーの鏡面が下を向くリバース連動機能が備わるなど、機能が充実しているのも魅力の一つですよ。

最新の機能を搭載しているドアハンドル

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のドアハンドルは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのドアハンドル

この新型モデルのドアハンドルは、ボディと同系色のシンプルなデザインに…。

ただ、専用のアプリをインストールすると、スマホを携帯しているだけでドアの施錠&開錠をすることができるデジタルキーを搭載するなど、最新の機能が備わっています。

左右2か所に用意している充電口

今回デビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、クルマの前方左右2か所に充電をする際、ケーブルを差し込む充電口を用意しています。

運転席側には、普通充電用の充電口を搭載。

■新型ソルテラの運転席側の充電口

一方、助手席側には、急速充電用の充電口を搭載しています。

■新型ソルテラの助手席側の充電口

また、充電口部分には、EVのエンブレムを搭載しており、EV車らしさを強調しているのも注目ポイントの一つですよ。

スタイリッシュで迫力のあるタイヤ&ホイール

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のタイヤ&ホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのタイヤ&ホイール

今回私が見たモデルは、最上位モデルに位置をする”ET-HSグレード”だったのですが、切削光輝加工&スポークの側面をミディアムグレー塗装を施した専用デザインのアルミホイールを採用。

また、タイヤ&ホイールサイズも20インチとなっており、迫力のサイドスタイルを演出していました。

ちなみに、廉価モデルに位置をする”ET-SSグレード”は、”ET-HSグレード”よりも一回り小さい18インチのタイヤ&ホイールになっているので、ご注意を…。

スバルらしいデザインのリヤコンビネーションランプ

また、2022年5月にデビューをする新型ソルテラ(SOLTERRA)のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのリヤコンビネーションランプ

この新型モデルに用意されているリヤコンビネーションランプは、”コの字型”のテールランプを備えたスバルらしいデザインに…。

大きく張り出したリヤスポイラーや左右のリヤコンビネーションをつなぐブラックのガーニッシュと相まって、スポーティーで迫力のある後ろ姿を演出していました。

まとめ:次世代のスバル車と呼ぶのにふさわしい新型ソルテラの外装

2021年5月にデビューをするスバルのSUVスタイルの電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

■新型ソルテラの外装のまとめ

・ボディサイズは、ミドルクラスSUVと同等
・スバルらしいデザインを採用した専用デザイン
・デジタルキーなど最新の機能を搭載

この新型モデルは、トヨタの”bZ4X”と兄弟車にあたるのですが、ヘキサゴン グリルを採用するなど、スバル車らしいデザインに…。

また、スマホやiPhoneを携帯するだけで、ドアの開け閉めをすることができるデジタルキーを搭載するなど、最新の機能を搭載しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02