視認性も機能も物足りない!新型ステップワゴンのルームミラーの使い勝手を徹底解説

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、走破性&乗り心地、安全性どれをとっても旧型モデルよりも大幅に進化を遂げています。

ただ、ルームミラー関しては、物足りなさが…。

今回デビューを果たした新型モデルのルームミラーは、どのようなデザイン&視認性になっていたのでしょうか?また、この新型モデルのルームミラーのドコに物足りなさを感じたのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のルームミラーのデザインや視認性、機能性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのルームミラー【デザイン&機能性をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のルームミラーは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのルームミラー

競合車より見た目で劣る新型ステップワゴンのルームミラー

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のルームミラーでまず初めに気になったのは、見た目のデザイン性です。

競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナe-POWER(SEREN e-POWER)は、ベゼルレスのルームミラーを採用しており、スタイリッシュな運転席まわりを演出していました。

■セレナe-POWERのルームミラー

一方、今回デビューを果たした新型モデルのルームミラーは、セレナe-POWERよりもベゼルが太いこともあり、セレナe-POWERよりも見た目のデザイン性で劣っているような感じが…。

また、この新型モデルのルームミラーは、台形のようなデザインになっているため、セレナe-POWERよりも確認できる範囲が狭いのも気になるところでした。

防眩機能を全グレードに標準装備

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)ルームミラーは、後方のヘッドライトの眩しさを防いでくれる”防眩機能”が全グレードに標準装備されています。

ただ、この新型モデルDは、後ろのクルマのヘッドライトが眩しいと感じたら、レバーを手前に引く手動タイプの防眩ルームミラーが全グレードに標準装備されていたんですよね。

■新型ステップワゴンの防眩ルームミラー

個人的には、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIUM LINE)くらい後方のクルマのヘッドライトを検知するると、自動でミラーの反射率を落として眩しくないようにしてくれる自動防眩機能を備えても良いのかなと思いました。

後席の様子を確認できる後方確認ミラーもなし

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)で残念だったのが、旧型モデルに用意されていた後方確認ミラーがなくなってしまったことです。

旧型モデルは、運転中、振り向くことなく後部座席に座っている子供の様子を確認することができる後方確認ミラーが、運転席の天井部分に用意されていました。

■旧型モデルの後方確認ミラー

小さいお子さんがいるご家庭では非常に評判が良かった後方確認ミラーですが、今回デビューを果たした新型モデルでは、なくなってしまったんですよね。

トランクから3列目シートに直接アクセスすることができる”わくわくゲート”もそうなのですが、多くの方から支持を集めている機能&装備がなくなってしまったのは、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の残念なところの一つでした。

新型ステップワゴンのルームミラー【見やすさ&視認性をチェック】

競合車よりも見た目のデザイン性&機能性で見劣りする新型ステップワゴン(STEP WGN)のルームミラーですが、視認性&使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているルームミラーの視認性&見やすさを確認してきたので、紹介します。

3列目シート使用時の視認性はイマイチ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されているルームミラーを使用して、後方を確認してみると、このような感じになります。

■ルームミラーで後方を確認した時の様子

この新型モデルは、リヤガラスが大きいこともあり、ルームミラーを使用しての後方の確認は非常にしやすいです。

ただ、3列目シートを使用している時や、荷室・ラゲッジスペースに荷物を山積みにすると、後方の視界は、かなり遮られるのかなと思いました。

オプションでデジタルインナーミラーに変更可能

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、3列目シートに乗車する人がいる時の視認性の悪さを解消するアイテムとして、デジタルインナーミラーをディーラーオプションで用意しています。(正式名称はアドバンスドルームミラー

■新型ステップワゴンのデジタルインナーミラー

この新型モデルに用意されているデジタルインナーミラーは、クルマの後方に設置されたカメラ映像をミラー部分に映し出してくれます。

そのため、3列目シートを使用している時や荷室にたくさんの荷物を積み込んでいる時でもクリアでスッキリとした後方視界を確保することができます。

ホンダ純正 アドバンスドルームミラー オデッセイ、ステップワゴン、フィット ディーラーオプション【社外品との違いについて】

またただ、この新型モデルに用意されているデジタルインナーミラーをカメラ映像を表示するモードは、ベゼル部分が太いため、画面サイズが小さいく感じるんですよね。

オプション価格も取り付けアタッチメント代込みで7万4800円(工賃別)と、ちょっとお高めになっています。

ちなみに、ケンウッドやアルパイン、コムテックなどでは、ドライブレコーダー(ドラレコ)機能付きのデジタルインナーミラーを用意しています。

■DRV-EM4700のデジタルインナーミラー

画像引用:https://www.kenwood.com/jp/car/drive-recorders/products/drv-em4700/

上記の画像はケンウッドから発売されているドラレコ付きのデジタルインナーミラー”DRV-EM4700″なのですが、ワイド感のあるスクエア形状でオシャレな見た目に…。

また、このケンウッドのデジタルミラーは、ホンダのディーラーオプションで用意されているものとは違いドライブレコーダー機能も兼ね備えているので、搭載するカメラもフロントとリアに1つずつで済みます。

しかも、このケンウッドから発売されているデジタルインナーミラー”DRV-EM4700″の価格は\3万4000円と、ディーラーオプションのものの半額以下です。

画面の画素数もディーラーオプションのデジタルインナーミラーも良いですが、新型ステップワゴン(STEP WGN)にデジタルインナーミラーの装着を検討しているのなら、市販のアイテムの方が良いかもしれませんね。

まとめ:競合車よりも劣る新型ステップワゴンのルームミラー

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のルームミラーのデザインや視認性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのルームミラーのまとめ

・オーソドックスなデザインのルームミラーを採用
・防眩機能を全グレードに標準装備
・後方確認ミラーの用意もなし
・自動防眩機能の搭載はなし
・3列目使用時は後方の視界が劣る
・デジタルインナーミラーはオプションで用意

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車とは違いオーソドックスなデザインの防眩ルームミラーを全グレードに標準装備。

ただ、ベゼルレスのルームミラーを採用している競合車・ライバル車と比べると、見た目のデザイン性で見劣りするような感じが…。

また、旧型モデルで用意されていた後方確認ミラーの用意がなくなってしまったのも、今回デビューを果たした新型モデルの残念なところでした。

もしこれから新型ステップワゴン(STEP WGN)の試乗に行かれる方は、この新型モデルのルームミラーの視認性や使い勝手も確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02