購入は要注意!新型ステップワゴン エアーの魅力&欠点&デメリットを徹底解説

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の注目のグレードが、下位モデルに位置をするエアー(AIR)です。

スッキリ&クリーンな見た目や温かみを感じる内装など、上位モデルに位置をするスパーダにはない魅力があるエアー(AIR)ですが、欠点&デメリットも…。

なので、購入する際は注意が必要です。

今回デビューを果たした新型モデルの注目グレード”エアー(AIR)”は、どのような特徴&魅力があるのでしょうか?また、エアー(AIR)の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型ステップワゴンのエアー(STEPWGN AIR)の特徴や魅力、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのエアーはココが凄い【特徴&魅力を徹底解説】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデル”エアー(AIR)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■エアーの外装・エクステリア

ミニバンで良くありがちな”オラオラ系・ギラギラ系”とは一線を画したスッキリとしたクリーンな外装・エクステリアに…。

私が見たモデルは、エアー専用色のフィヨルドミストパールと言うこともありますが、良い意味で生活感のない洗練された見た目になっていました。

一方、新型ステップワゴンの下位モデルに位置をするエアー(AIR)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■エアーの内装・インテリア

この新型モデルのエアーは、シートやインパネのパネル、ドア内側パネルなどに織物をあしらっていることもあり、どこか温もりを感じる親しみやすいデザインになっていました。

このようにシンプル&クリーンな内外装をしている新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーですが、次のような特徴&魅力を備えていました。

エントリーモデルとは思えない充実した機能&装備

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーの魅力&注目ポイントの一つが、エントリーモデルとしては十分すぎるほど充実した機能&装備です。

その一つが、スライドドア。

今回デビューを果たし新型モデルのエアーでは、助手席側だけではなく、運転席側にも、アウトドアハンドルに備わっているスイッチに触れるだけで自動開閉をするパワースライドドアが標準装備されています。

また、エアコンも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーの注目のアイテムの一つです。

後部座席用のエアコンはシンプルなマニュアルになっているものの、フロントシートには、運転席と助手席で別々に温度を調節することができる左右独立式のフルオートエアコンを標準装備。

■エアーのエアコンパネル

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PLEMIUMLINE)と比べると、機能や装備で見劣りする部分はあります。

ただ、200万円台で購入することができるエントリーモデルとしては、十分に満足できる機能&装備を備えていると思いますよ。

2種類から選べる内装色・インテリアカラー

また、2種類の内装色・インテリアカラーを用意しており、お好みの車内空間を選ぶことができるのも、新型ステップワゴンの下位モデル”エアー(AIR)”の魅力の一つです。

この新型モデルのエアー(AIR)は、オーソドックスな”ブラック”とナチュラル感がただよう”グレー”の2種類の内装色・インテリアカラーを用意。

■エアーのブラックの内装色

■エアーのグレーの内装色

このように見比べると、ブラックとグレーでは、内装・インテリアの雰囲気が全然違いますよね。

ちなみに、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)とプレミアムライン(PLEMIUMLINE)の内装色は、ブラックのみ。エアーのように内装色を選ぶことができません。

■スパーダのブラックの内装色

下位モデルでありながら、好きな内装色・インテリアカラーを選ぶことができるのは、新型ステップワゴンのエアー(AIR)の良さの一つなのかなと思いました。

開放感あふれる車内空間

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の上位モデルに位置をするスパーダやプレミアムラインよりも開放感あふれる車内空間になっているのも、エアー(AIR)の魅力の一つです。

上位モデルに位置をするプレミアムラインは、ブラックの内装色を採用しているだけではなく、ルーフも黒く塗装をしたブラックルーフを採用しているんですよね。

一方、下位モデルの位置をするエアー(AIR)は、オーソドックスなグレーのルーフを採用。

また、エアー(AIR)のブラックの内装色・インテリアカラーは、シートの表皮やインパネ、ドア内側パネルに採用されている織物に明度の異なる糸を織り交ぜています。

そのため、スパーダやプレミアムラインのブラックの内装色とは異なり、エアーのブラックの内装色は、圧迫感や窮屈感がなく、車内がひと回り広く感じます。

どのシートに座っても圧迫感や窮屈感を感じることなく快適に過ごせる開放感あふれる車内空間になっているのも、上位モデルのスパーダやプレミアムラインにはない、新型ステップワゴンのエアー(AIR)の特徴&魅力の一つですよ。

新型ステップワゴン エアーのココが残念【欠点&デメリットを大公開】

このように上位モデルに位置をするスパーダやプレミアムラインにはない魅力&メリットを備えている新型ステップワゴンのエアー(AIR)ですが、ちょっと残念に感じるところもありました。

この新型モデルのエアー(AIR)の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?実際にエアーを確認して、残念に感じたところを包み隠さずお話したいと思います。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴンのエアー(AIR)の欠点&デメリットの一つが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、スイッチ一つでテールゲートを開閉することができるパワーテールゲートを標準装備しています。

しかし、下位モデルに位置をするエアー(AIR)では、パワーテールゲートの用意はなし。

そのため、エアー(AIR)では、手動でテールゲートの開け閉めをしないといけません。

しかも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のテールゲートは、競合車・ライバル車よりもサイズが大きいため、テールゲートが少し重たいんですよね。

個人的には、メーカーオプションでも良いので、スイッチ一つでテールゲートを開け閉めすることができるパワーテールゲートを用意してもらいたかったです。

シートヒーターの用意がない

また、新型ステップワゴンの下位モデルに位置をする”エアー(AIR)”の欠点&デメリットの一つが、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターです。

最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、フロントシートだけではなく、2列目シートにもシートヒーターを用意しています。

■プレミラムラインのシートヒータースイッチ

しかし、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、シートヒーターの用意はなし。また、オプションなどでも装着することができません。

なので、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーは、真冬の寒い日、水温が温まってヒーターが使用できるようになるまでは、我慢をしなければなりません。

このように上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PLEMIUMLINE)よりも快適性に劣るのが、気になるところでした。

充電用のUSBポートの用意もなし

また、充電用のUSBポートの用意がないのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデル”エアー”の欠点&デメリットの一つです。

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、各シートに1つずつ合計5つの充電用のUSBポートを用意しています。

■スパーダやプレミアムラインの充電用のUSBポート

一方、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、ナビと接続するためのUSBポートは用意しているものの、充電用のUSBポートの用意はありません。

最近は、軽自動車でもUSBポートを用意しているクルマがあることを考えると、ちょっとこれは残念ですよね。

このように快適装備&便利アイテムの用意がないのも、新型ステップワゴンの下位モデル”エアー(AIR)”の気になるところでした。

上位モデルよりも劣る安全装備

また、上位モデルに位置をするスパーダやプレミアムラインよりも安全性能が劣るのも、新型ステップワゴンのエアーの欠点&デメリットの一つです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)も、ホンダの最新の安全装備システム”ホンダ センシング(Honda SENSING)”は標準装備されています。

■周囲を検知する新型ステップワゴンの単眼カメラ

なので、自動ブレーキや誤発進抑制機能、標識認識機能などの基本的な安全装備は、しっかりと備わっています。

ただ、下位モデルのエアーは、高速道路での車線変更をサポートするブラインドスポットインフォメーションの用意はありません。

また、先行車や対向車を検知して照射する範囲を自動調整をしてくれるアダプティブドライビングビームや、ハンドル操作と連動して進行方向をあらかじめ照らしてくれるアクティブコーナリングライトなどの用意もありません。

■新型ステップワゴンのアクティブコーナリングライト

このように上位モデルと比べて、安全装備が劣るのも、新型ステップワゴンの下位モデル”エアー(AIR)”の残念なところの一つでした。

まとめ:快適装備や安全装備で見劣りする新型ステップワゴンのエアー

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーには、このような魅力&欠点がありました。

■新型ステップワゴン エアーの特徴&魅力のまとめ

・シンプルでスッキリとした見た目
・カジュアルで親しみやすい内装
・2種類から選ぶことができる内装色
・エントリーモデルとは思えない充実した機能
・開放感あふれる車内空間

■新型ステップワゴン エアーの欠点&デメリットのまとめ

・テールゲートの開け閉めのしにくさ
・シートヒーター&USBの用意がない
・上位モデルより劣る安全性能

スッキリとした見た目やホッと一息できる癒しの内装・インテリアなど、上位モデルに位置をするスパーダやプレミアムラインにはない魅力&メリットがあります。

ただ、この新型モデルのエアー(AIR)は、快適装備や便利アイテム、安全装備が上位モデルよりも劣るという欠点&デメリットがあります。

個人的には、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)と同等の装備&機能を備えて、見た目や内装で好きなモデルを選べるようにしても良かったのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02