改悪!旧型より使い勝手が劣る新型ステップワゴンの残念な装備&機能

2022年6月にホンダの人気ミニバン新型ステップワゴン(STEP WGN)が、フルモデルチェンジをしてデビューを果たしたました。

横にもスライドできるようになった2列目キャプテンシートなど、全方位的に進化を遂げた新型モデルですが、旧型モデルの方が良かったと感じた装備&機能も…。

今回デビューを果たした新型モデルよりもフルモデルチェンジ前の旧型モデルの方が優れている感じた装備&機能は、何だったのでしょうか?また、新型モデルと旧型モデルでは、どのような違いがあったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)より旧型モデルの方が使い勝手が良いと感じてしまった残念な装備&機能を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

荷室・ラゲッジスペース【新型ステップワゴンの残念な装備&機能1】

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されている装備&機能で、旧型モデルよりも使い勝手が悪くなったと感じた装備&アイテムの一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

■新型ステップワゴンの荷室

旧型モデルの荷室はわくわくゲートを採用

旧型のステップワゴンでは、オーソドックスな縦開きだけではなく、横開きもすることができる荷室“わくらくゲート”を採用していました。

■横開きもできる旧型のステップワゴン

この旧型モデルに採用されていた”わくわくゲート”を実際に使用した人からは、

「スーパーマーケットなど後方のスペースに余裕がない駐車場でも、楽に荷室・ラゲッジスペースの扉を開けることができる。」
「3列目シートに直接アクセスできるから、乗り降りが楽ちん」

などなど、非常に評判は良いです。

実際に使用している人からは非常に評判の良い旧型モデルの”わくわくゲート”ですが、テールゲートがアシンメトリー(左右非対称)になってしまっているという欠点&デメリットがあります。

また、横開きをするため、テールゲートの左から3分の1くらいのところに太いピラーが入ってしまい、運転席から見ると、この縦線が気になるという欠点&デメリットも…。

そのため、ミニバンを購入している人からの評判はあまり良くなく、そもそも購入検討リストにもステップワゴンの名前が挙がらないことが多々あったそうです。

新型ステップワゴンはオーソドックスな荷室を採用

ミニバンを購入している方からの評判があまり良くなったため、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)では、旧型に採用されていた”わくらくゲート”を廃止。

オーソドックスな縦開きのみのテールゲートになりました。

■オーソドックスな形に生まれ新型ステップワゴンの荷室

そのため、この新型モデルの後ろ姿は、旧型モデルよりもスッキリとしたような感じが…。

■新型ステップワゴンの後ろ姿

■旧型ステップワゴンの後ろ姿

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、女性でも簡単にテールゲートを開け閉めできるよう、スイッチを押すだけで開閉することできる電動パワーゲートを採用しています。

■新型ステップワゴンの電動パワーゲートスイッチ

このようにこの新型モデルも、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良くなるよう様々な工夫をほどこしていますが、わくわくゲートの使い勝手の良さ&便利さを知っていると、どうしても物足りなさや不便さを感じてしまいました。

ちなみに、スイッチ一つで開閉することができる電動パワーゲートを標準装備しているのは、上位モデルに位置をするスパーダとプレミアムラインのみです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)には、電動パワーゲートの用意はないので、ご注意くださいね。

■エアーの荷室・ラゲッジスペース

アクセサリーコンセント【新型ステップワゴンの残念な装備&機能2】

また、2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)で残念だったのは、キャンプなどのアウトドアや災害に重宝をするアクセサリーコンセントです。

旧型モデルはアクセサリーコンセントを用意

フルモデルチェンジ前の旧型モデルでは、ハイブリッド車のみですが、センターコンソール部分に最大で1500W/100Vまで対応しているアクセサリーコンセントを用意していたんですよね。

■旧型ステップワゴンのアクセサリーコンセント

以前、旧型のステップワゴンに乗っている友人に色々と話を聞いたのですが、その友人は、「キャンプなどに行かないため、アクセサリーコンセントは、めったに使わない。」と言っていました。

ただ、真冬の寒い日に家がまる1日くらい停電になった時は、

「ステップワゴン(STEPWGN)のアクセサリーコンセントでお湯を沸かして、カップラーメンを食べることできて本当に助かった。」

と言っていました。

新型ステップワゴンはアクセサリーコンセントの用意はなし

災害時などイザという時に重宝をするアクセサリーコンセントですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)では、ガソリン車/ハイブリッド車とわず用意されていません。

■新型ステップワゴンのセンターコンソール

ちょっとコレは残念ですよね。

最近、全国各地で大きい地震が頻発していて、防犯意識が高まっている今こそ、電気ケトルや炊飯ジャーなどの主だった家電を使用することができる100V/1000W対応のアクセサリーコンセントは、必要だと思うのですが…。

最近、話題になっているポータブル電源を購入すれば、アクセサリーコンセントがなくても大丈夫ですが、ポータブル電源は、やはりお値段が高いですよね。

ずっとクルマに積み込んでおくと、場所もとりますし…。

キャンプだけではなく、震災時などイザという時に重宝をするアクセサリーコンセントの良いがなくなってしまったことも、旧型モデルよりも劣る新型ステップワゴン(STEP WGN)の欠点&デメリットの一つだと思いました。

ルームランプ・室内灯【新型ステップワゴンの残念な装備&機能3】

また、車内を明るく照らしてくれるルームランプも、旧型モデルよりも新型ステップワゴン(STEP WGN)の劣っていると感じた装備&アイテムの一つです。

旧型ステップワゴンはすべてルームランプにLEDを採用

フルモデルチェンジをする前の旧型モデルは、運転席の天井にあるマップランプだけではなく、2列目シートの天井にあるルームランプ、ラゲッジランプすべてに白く輝くLEDを採用しています。

■旧型ステップワゴンのルームランプ

そのため、旧型のステップワゴンんは、お求めやすいコンパクトミニバンとは思えない、スタイリッシュで洗練された車内空間に…。

しかも、旧型モデルのLEDルームランプは、お好みの明るさにダイヤルで調整することができる調光機能が備わっていたんですよね。

新型ステップワゴンのLEDルームランプは一部のみ

一方、2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、フロントシートの天井に用意されているマップランプのみLEDを採用。

■LEDを採用しているマップランプ

2列目シートの天井にあるルームランプ&ラゲッジランプに関しては、LEDではなく、シンプルな豆球を採用。

■豆球を採用の新型ステップワゴンのルームランプ

そのため、車内の上質感&スタイリッシュさは、先代モデルよりも劣ります。

また、フロントシートの天井に備わっているマップランプのみLEDなので、すべての室内灯を点灯した際、光の輝きに統一感がないのも気になるところでした。

まとめ:残念に感じるところもある新型ステップワゴンの装備&機能

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)と旧型モデルの装備&機能を比べてみたところ、旧型モデルの方が優れていると感じたところもありました。

■旧型より劣る新型ステップワゴンの残念な機能&装備

・わくわくゲートがなくなった荷室・ラゲッジスペース
・災害時に重宝するアクセサリーコンセントの用意はなし
・LEDではなくなったルームランプ

縦開きできなくなった荷室・ラゲッジスペースやチープさが増した室内灯など、「えっ…旧型モデルのままでよかったのに…」と思った機能&装備も…。

今回デビューを果たした新型モデルは非常に良いクルマに仕上がっているだけに、少しもったいないなと、思ってしまいました。

もしこれから新型ステップワゴン(STEP WGN)の試乗に行かれる方は、荷室の使い勝手やルームランプを点灯した時の室内の様子などもしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02