【耳たぶミラーって必要?】新型ステップワゴンのサイドミラーの視認性&機能を徹底解説

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、大きくて視認性に優れたサイドミラーを備えています。

また、この新型モデルは、助手席側のサイドミラーの下の部分に”耳たぶミラー(補助ミラー)”を標準装備しています。

ただ、この耳たぶミラーのおかげで、この新型モデルのスタイリッシュで上品な見た目が少し損なわれているような感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラー&耳たぶミラーは、どのようなデザインをしてるのでしょうか?また、耳たぶミラーは、備わっていた方がやはり良いのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)のサイドミラー&耳たぶミラーのデザインや視認性、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのサイドミラー【デザイン&機能性をチェック】

2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのサイドミラー

ボディと同系色のサイドミラーを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、ボディと同系色のサイドミラーを全グレードに標準装備しています。

ただ、サイドミラーの付け根の部分とミラーの下半分がブラック塗装となっていることもあり、思ったよりもシャープな印象に…。

また、この新型モデルのサイドミラーは、ミラーを支える付け根の部分が太いこともあり、どこか安心感がありました。

LEDのウィンカー付きのサイドミラーを標準装備

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、LEDのウィンカー付きのサイドミラーを全グレードに標準装備しています。

■ウィンカーを点灯した時のサイドミラー

そのため、ウィンカーを点灯した時の視認性も非常に良いです。

ただ、この新型モデルのサイドミラーに備わっているウィンカーは、シーケンシャルタイプではなく、カチカチと点灯するオーソドックスなタイプになっていたんですよね。

この新型モデルは、シーケンシャルウィンカー付きのヘッドライトを装着していただけに、サイドミラーのウィンカーもシーケンシャルタイプにしても良かったのかなと思いました。

エンジンのON/OFFに連動するオートリトラ機能付き

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、エンジンのON/OFFに連動をしてサイドミラーを自動的に展開&収納をしてくれるオートリトラ機能も標準装備しています。

ちなみに、同じホンダから発売されている人気コンパクトカー”フィット4(FIT4)”は、オートリトラ機能は、ディーラーオプション設定になっていたんですよね。

そのため、この新型モデルでも、「オートリトラ機能はオプション設定なのかな?」と心配していました。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルでは、サイドミラーを展開&収納する手間を省いてくれるオートリトラ機能が標準装備されていると知って、ちょっと安心しました。

見た目のデザイン性を損なう耳たぶミラー

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のサイドミラーで、どうしても気になってしまうのは、助手席側に備わっている耳たぶミラー(補助ミラー)です。

■新型ステップワゴンの耳たぶミラー

クルマの安全性や運転のしやすさを考えると、助手席側の死角を減らす耳たぶミラーは必要なのかもしれません。

ただ、真っ直ぐなラインを活かしたシンプルなデザインを特徴とする新型ステップワゴン(STEP WGN)には、耳たぶミラーは、ちょっと不釣り合いな感じが…。

助手席側の死角を減らすために補助ミラーを装着する必要があるのなら、すっきりとした見た目を損なう耳たぶミラーではなく、旧型モデルに備わっていた サイドビューサポートミラーにしてもらいたかったです。

マルチビューカメラ搭載時でも耳たぶミラーは装着

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)で残念に感じたのは、マルチビューカメラシステムを装着時の耳たぶミラーの扱いです。

競合車・ライバル車の一つでもあるヴォクシー/ノアでは、マルチビューカメラシステムを装着すると、助手席側のサイドミラー下に備わっている耳たぶミラーは非装着になるんですよね。

しかし、この新型モデルでは、マルチビューカメラシステムを搭載しても、耳たぶミラーは装着されたまま。

個人的には、助手席側の死角を確認することができるマルチビューカメラシステムを装着すれば、耳たぶミラーは必要ないのかなと思ってしまいました。

新型ステップワゴンのサイドミラー【視認性&見やすさをチェック】

助手席側に備わった耳たぶミラーが少し気にある新型ステップワゴン(STEP WGN)のサイドミラーですが、視認性&見やすさは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのサイドミラーのサイズや見やすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

運転席側のサイドミラーの視認性をチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席側のサイドミラーは、このような感じになっています。

■新型ステップワゴンの運転席側のサイドミラー

この新型モデルのサイドミラーは、ミニバンのサイドミラーらしくサイズは大きめになっています。

ホイールハウスの上部くらいまで確認できるため、運転をしていて非常に安心感があります。

また、この新型モデルのサイドミラーは、ドアから生えるタイプになっており、斜め前方の視界を遮っていないのも好印象でした。

助手席側のサイドミラーの視認性をチェック

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の助手席側のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの助手席側のサイドミラー

この新型モデルの助手席側のサイドミラーの下部には耳たぶミラーが備わっているため、前輪&後輪付近も確認することができます。

■新型ステップワゴンの耳たぶミラー

耳たぶミラーのおかげで、幅広い範囲を確認することができるのは、非常に良いです。

ただ、メーカーオプションで用意されているマルチビューカメラシステムを使用すれば、「耳たぶミラーを確認することはないだろうな…。」と思ってしまいました。

ブラインドスポットインフォは上位モデルのみ

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、高速道路で車線変更する際、斜め後方のクルマの存在をお知らせしてくれる”ブラインドスポットインフォメーション”を用意しています。

■新型ステップワゴンのブラインドスポットインフォメーション

ただ、ブラインドスポットインフォメーションを用意しているのは、中間モデルのスパーダ(SPADA)と最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)のみ。

最廉価モデルのエアー(AIR)は、ブラインドスポットインフォメーションが備わっておらず、また、オプションでも装着することができので、ご注意くださいね。

まとめ:見た目のデザイン性が気になる新型ステップワゴンのサイドミラー

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のサイドミラーのデザインや視認性、使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのサイドミラーのまとめ

・ボディと同系色のサイドミラーを標準装備
・オートリトラ機能など使い勝手も良好
・助手席側に耳たぶミラーを標準装備
・耳たぶミラーを取り外すことはできない
・サイズも大きく、視認性も良好
・ブラインドスポットインフォは上位モデルのみ

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラーはは、マルチビューカメラシステムを搭載しても、耳たぶミラーが装着されてしまうのは、残念なところの一つです。

ただ、この新型モデルのサイドミラーは、サイズが大きいだけではなく、ブラインドスポットインフォメーションなど機能や装備は充実。

そのおかげもあり、非常に安心感のあるサイドミラーになっていました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、サイズが大きく、視認性に優れるサイドミラーのデザインや使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02