実は小さい!新型ステップワゴンのe:HEVとガソリンの乗り出し価格の差をグレード別に比較

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、e-HEV(ハブリッド車)とガソリン車を用意しているのですが、乗り出し価格の差は、思ったよりも小さいです。

そのため、e:HEV(ハイブリッド車)の方がお得感があります。

ただ、e:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は、グレードによって若干異なるので、注意が必要です。

今回デビューを果たした新型モデルのe:HEV(ハイブリッド車)とガソリン車の乗り出し価格は、いくらくらいなのでしょうか?また、e:HEV(ハイブリッド車)とガソリン車では、乗り出し価格にどれくらいの差があるのでしょうか?

私がもらってきた見積もりを使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)のe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差を確認してみましょう。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの乗り出し価格【エアーの価格差はいくら?】

こちらが、今回私がもらってきた新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデル”エアー”のe:HEVとガソリン車の見積もりです。

■エアーのガソリン車の見積もり

■エアーのハイブリッド車の見積もり

そして、新型モデルのエアーのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格を比較してみたところ、次のようになっていました。

ちなみに、この新型モデルのエアーは、6種類のボディカラーを用意していますが、今回の見積もりでは、e:HEV/ガソリン車どちらも、一番人気のプラチナホワイトパールを選択。

■エアーのプラチナホワイトパール

また、メーカーオプションでは、マルチビューカメラシステム、ディーラーオプションでは、純正ナビやフロアカーペット、リヤモニターなどの基本的なアイテムのみを注文しました。

■エアーのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格比較

エアーの乗り出し価格の差は約31万円

今回デビューをはたした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は、約31万円。

この新型モデルのエアーのe:HEVとガソリン車の車体本体価格を比べてみると、e:HEVの方が約38万4000円高くなっています。

■エアーのe:HEVとガソリン車の車体本体価格

ただ、エアーのe:HEVは、自動車取得税の代わりに始まった環境性能割や自動車重量税が免除されていることもあり、実質的な乗り出し価格の差は、31万円まで縮まります。

■エアーのe:HEVとガソリン車の税金比較

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のe:HEV車には、静寂性やスムーズな加速など、ガソリン車にはない魅力&メリットがあります。

また、下取りに出す時のリーセルバリューが高いのもe:HEVの魅力の一つです。

ガソリン車よりも乗り出し価格で31万円高いe:HEVですが、購入する価値は、十分にあるのかなと思いました。

ガソリン代で元を取ることも十分に可能

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のe:HEVとガソリン車は乗り出し価格の差が小さいため、元を取ることも十分に可能です。

グレードによって、乗り出し価格の差が異なるのため、元を取るのに必要な走行距離も変わってくるのですが、下位モデルに位置をするエアー(AIR)の場合、約9万km走行すると元を取ることができます。(※ガソリン代は、1リットルあたり160円で計算)

■エアーで元を取るのに必要な走行距離…9万km

なので、毎月1000km走行するご家庭なら7年半、毎月750kmていど走行するご家庭なら10年くらいで元を取ることができまちゃいます。

また、これからガソリン代がもっと高くなれば、元を取るまでの走行距離はさらに短くなります。

このようにこの新型モデルのエアーは、毎月のガソリン代で元を取ることも十分に可能なので、長距離ドライブなどを考えている方は、e:HEVの方を選んだ方がお得かもしれませんね。

新型ステップワゴンの乗り出し価格【スパーダの価格差はいくら?】

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置をする”スパーダ”のe:EHVとガソリン車の乗り出し価格の差は、どのようになっていたのでしょうか?

こちらは、この新型モデルのスパーダのe:EHVとガソリン車の見積もりです。

■スパーダのガソリン車の見積もり

■スパーダのハイブリッド車の見積もり

また、この新型モデルのスパーダ(SPADA)のe:HEVとガソリン車の乗り出し価格を比較してみたところ、次のようになっていました。

ちなみに、ボディカラーやオプションに関しては、エアーと同様、e:HEVとガソリン車で全く同じにしてあります。

■スパーダのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差

スパーダの乗り出し価格の差は約30万円

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダのe:HEVとガソリン車の車体本体価格の差は、下位モデルに位置をするエアー(AIR)と全く同じです。

■スパーダの車体本体価格

ただ、スパーダのガソリン車は、エアーよりも車体本体価格が高いこともあり、税金も高くなっています。(※スパーダのe:HEVは免税)

■スパーダの税金

そのため、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は約30万2000円と、若干ですが、エアーよりも小さくなっていました。

エアーよりも元を取りやすい新型ステップワゴンのスパーダ

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は約30万円と乗り出し価格の差が小さくなったため、毎月かかるガソリン代で元を取りやすくなっています。(※ガソリン代は、1リットルあたり160円で計算)

■エアーで元を取るのに必要な走行距離…約8万5000km

エアーで元を取るのに必要な走行距離は約3万kmでしたが、スパーダ(SPADA)はエアーより5000km短い約8万5000kmで元を取ることが可能。

なので、中間モデルのスパーダ(SPADA)では、月に1000km走行すると7年ちょっと、月に750km走行すると9年半くらいで元を取ることができちゃいます。

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、スパーダのe:HEVの人気が特に高くなっていますが、このコスパの良さの人気の理由なのかもしれませんね。

新型ステップワゴンの乗り出し価格【プレミアムラインの価格差はいくら?】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は、どれくらいなのでしょうか?

こちらが、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)のe:HEVとガソリン車の見積もりです。

■プレミアムラインのガソリン車の見積もり

■プレミアムラインのハイブリッド車の見積もり

そんな新型モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)のe:HEVとガソリン車の乗り出し価格を比較してみたところ、次のようになっていました。

ちなみに、ボディカラーやオプションに関しては、エアーやスパーダと同様、e:HEVとガソリン車で全く同じにしてあります。

■プレミアムラインの乗り出し価格比較

プレミアムラインの乗り出し価格の差は約25万円

車体本体価格が一番高い最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)ですが、e:HEVとガソリン車の車体本体価格の差は38万3900円となっており、エアーやスパーダと全く同じです。

■プレミアムラインの車体本体価格

ただ、プレミアムライン(PREMIUM LINE)のガソリン車は、3つのグレードの中で特に税金が高く、自動車重量税と環境性能割だけで15万円以上も課税されてしまうんですよね。

■プレミアムラインの税金

そのため、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は約24万5000円と、中間モデルのスパーダよりも5万円以上も小さくなっていました。

7万kmで元を取ることができちゃうプレミアムライン

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差は、3つのグレードの中で一番小さいため、元も取りやすくなっています。

この新型モデルのプレミアムラインのe:HEVとガソリン車の元を取るのに必要な走行距離を確認してみたところ、次のようになっていました。

■エアーで元を取るのに必要な走行距離…約7万km

この新型モデルの最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)は、約7万km運転すると、元を取ることができちゃます。

なので、毎月1000km走行する人なら6年弱で、また、月に750km走行する人なら、8年弱で元を取ることができる計算に…。

もし新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルのプレミアムラインを購入するのなら、元を取りやすいe:HEVの方が良いかもしれませんね。

まとめ:実は乗り出し価格の差が小さい新型ステップワゴンのe:HEVとガソリン車

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差を、グレード別に確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの乗り出し価格の差のまとめ

・エアーの乗り出し価格の差は約31万円
・スパーダの乗り出し価格の差は約30万円
・プレミアムラインの価格差は約24万5000円

今回デビューを果たした新型モデルのe:HEVとガソリン車の乗り出し価格の差はグレードによって若干違いがあるのですが、だいたい31万円~24万5000円となっており、車体本体価格よりも差は縮まっています。

また、この新型モデルは、e:HEVとガソリン車は、乗り出し価格の差が小さいので、毎月かかるガソリン車で元を取ることは十分に可能です。

なので、コスパ(コストパフォーマンス)を最重要視するのなら、ガソリン車よりもe:HEVの方が良いかもしれませんね。

ただ、今回デビューを果たした新型ステップワゴンは、競合車よりも乗り出し価格は高めです。なので、購入する際は、ディーラーさんに値引きのお願いをするのをお忘れなく…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02