新型ステップワゴンの運転席は快適&機能的【競合車にはない特徴や魅力を徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、オットマンが備わった2列目シートに注目が集まっていますが、運転席の座り心地や使い勝手も格段に進化を遂げています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、長距離ドライブでも快適に運転をすることができます。

また、競合車・ライバル車にはない魅力も…。

今回デビューを果たした新型モデルの運転席は、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルの運転席は、競合車・ライバル車よりもドコが優れているのでしょうか?

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席の特徴や魅力、注目ポイントをどこよりも分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの運転席【デザイン&機能性をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの運転席

グレードで使用されている素材は違う

今回デビューを果たした新型モデルの運転席に使用されている素材は、グレードによって違いがあります。

■新型ステップワゴンの運転席の素材

・エアー              …ファブリック
・スパーダ           …ファブリック×プライムスムース
・プレミアムライン…スエード調素材×プライムスムース

そのおかげもあり、グレードによって見た目のデザイン性に違いが…。

■エアーの運転席

■スパーダの運転席

■プレミアムラインの運転席

また、この新型モデルは、シートに表面に使用されている素材が違うことから、肌触りだけではなく、座った時の沈み込む感じもグレードで若干違いがありました。

クッション性が良くなった新型ステップワゴンの運転席

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席の注目ポイントの一つが、座面のクッション性です。

今回デビューを果たした新型モデルの運転席の座面に使用されているウレタン素材は、旧型モデルよりも厚みが23mm、密度が27%アップ。

そのおかげもあり、この新型モデルの運転席は、”コシがあって、じんわりと適度に沈み込む”非常に快適な座り心地になっていました。

体をしっかりと支えてくれるサイドサポート

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席で驚いたのが、背もたれに備わっているサイドサポートです。

この新型モデルのサイドサポートは思ったよりも張り出しか大きく、しっかりとした作りに…。

骨盤をしっかりとサポートしてくれるため、長距離ドライブでも姿勢が崩れることなく、快適に運転をすることができました。

ちなみに、座面に関しては、乗降性・乗り降りをしやすさを重視してか、サイドサポートは控えめになっていました。

運転席の足元空間も広々

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席で良いと思ったのが、足元空間(ニークリアランス)の広さです。

クルマによっては、ダッシュボードの中央にあるセンタークラスターの張り出しが大きく、左足まわりが窮屈に感じるクルマもあります。

ただ、この新型モデルは、センタークラスターの張り出しが小さいため、左足まわりもスッキリ。

フットレストのサイズも大きく、左足を乗せた際、安定感があるのも好印象でした。

シートの高さや前後位置の調節は手動式

このように座り心地の良いシートデザインになっている新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席ですが、前後のスライドや高さ、背もたれの角度の調整などはすべて手動式となっています。

■新型ステップワゴンの調整レバー

セレナe-POWERやヴォクシー/ノアなどの競合車も、スイッチ一つで運転席の高さや前後の位置を調節することができる電動パワーシートを備えていないので、この新型モデルに備わっていないのも仕方がないことなのかもしれません。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルのプレミアムラインとスパーダは、機能や装備の差が小さいので、プレミアムラインに電動パワーシートを装着して、特別感を出しても良かったのかなと…。

■プレミアムラインの運転席まわり

そうしたら、最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)も、もう少し売れ行きが伸びたかもしれませんね。

運転席まわりの快適装備はシートヒーターのみ

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席で少し残念だったのは、快適装備の充実度です。

今回デビューを果たした新型モデルは、3段階から温度を調整することができるシートヒーターを上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)とプレミアムライン(PREMIUM LINE)に標準装備しています。

■新型ステップワゴンのシートヒータースイッチ

ただ、ハンドル・ステアリングホイールのグリップ部分を温めてくれるステアリングヒーターの用意はなし。

■新型ステップワゴンのステアリングホイール

ちなみに、同じホンダから発売されているヴェゼル(VEZEL)やフィット4(FIT4)では、ステアリングヒーターが用意されているんですよね。

ヴェゼルやフィット4に用意されているのなら、最上位モデルのプレミアムラインくらいには、ステアリングヒーターを用意してもらいたいところでした。

新型ステップワゴンの運転席はココが凄い【競合車にはない魅力&メリットとは?】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、座り心地が良く、長距離ドライブでも快適に過ごせる運転席を備えていますが、競合車・ライバル車にはない魅力もありました。

今回デビューを果たした新型モデルの運転席は、競合車・ライバル車よりもどこが優れているのでしょうか?

新型ステップワゴン(STEP WGN)を試乗をして競合車・ライバル車よりも優れていると感じたところを、紹介したいと思います。

運転席からの見晴らし&視認性の良さ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)が、競合車・ライバル車よりも優れていると感じたところの一つが、運転席からの見晴らし&視界の良さです。

競合車の一つでもある日産のセレナe-POWERやトヨタのヴォクシー/ノアのダッシュボードは、サイドウィンドウの下端(=ベルトライン)よりも少し高めに設定されているんですよね。

■セレナe-POWERのダッシュボード

そのため、死角が多く、運転席からの視界&見切りはあまりよくありません。

一方、今回デビューを果たした新型モデルのダッシュボード・インパネは、サイドウィンドウの下端と同じ高さに設置。

また、この新型モデルは、ダッシュボードの上面もフラットになっていることもあり、運転席からの視界&見切りが良く、運転がしやすいです。

運転席からの見晴らしが良く、安心して運転できる感じは、競合車・ライバル車にはないこの新型ステップワゴン(STEP WGN)の良いところの一つかなと思いました。

運転席と助手席の幅も広さ&ウォークスルー性

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ウォークスルー性も良好です。

この新型モデルの運転席と助手席の間は約22cm開いており、フロントシートから2列目シート・3列目シートへ直接アクセスをすることができるようになています。

2列目シートや3列目シートに行く際、わざわざ車外に出なくて良いのは、かなり嬉しいですよね。

ただ、この新型モデルのハイブリッド車の運転席と助手席の間には、高さ15cm弱のセンターコンソールが備わっています。

■ハイブリッド車のセンターコンソール

そのため、ハイブリッド車でウォークスルーをする際は、センターコンソールをまたいでいかないといけないので、ご注意を…。

乗降性・乗り降りのしやすさ

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席が、競合車・ライバル車よりも優れていると感じたのが、乗り降りのしやすさです。

この新型モデルは、フロントシートのドア開口部が広いだけではなく、ステップ高(地上からドア開口部の下端までの高さ)が約395mmと低めに設定されています。

そのため、小柄な女性でも高さを感じることなく、楽に乗り降りをすることができます。

また、この新型モデルのドア開口部の下端は段差がなく、フロアとフラットな掃き出し口になっていて、足の運びをスムーズに行えるのも、この新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:快適で運転に集中できる新型ステップワゴンの運転席

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席のデザインや機能、快適性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの運転席のまとめ

・運転席の素材はグレードで違う
・座り心地は旧型モデルよりも格段にアップ
・シートの高さや位置の調整は手動式
・上位モデルのみシートヒーターを標準装備
・ステアリングヒーターの用意はなし
・運転席の視界&視認性は競合車よりも良好
・ドア開口部が広く、乗降性も良好

この新型モデルの運転席には、真冬に重宝をするステアリングヒーターの用意がないなど、残念なところもあります。

ただ、この新型モデルの運転席は、クッション性がよいだけではなく、体をしっかりとサポートしてくれるため、長時間ドライブでも快適です。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりもダッシュボードの位置が低く、運転席からの見晴らし&見切りが良いのも好印象でした。

もしこれからこの新型ステップワゴン(STEP WGN)の試乗をする際は、快適性と運転のしやすさにこだわったこの新型モデルの運転席にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02