新型ステップワゴンのおすすめのディーラーオプション3選【ディーラーさんイチオシ】

2022年5月にデビューをはたした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ディーラーオプションも充実しており、自分好みの一台に仕上げることができます。

ただ、この新型モデルは、魅力的なディーラーオプションが多すぎるため、どのアイテムを装着すればよいのか迷ってしまうんですよね。

そこで、いつもお世話になっているディーラーさんに、“新型ステップワゴン(STEP WGN)を購入するなら、装着をした方が良い特におすすめのディーラーオプション3つ”を聞いてみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

純正ナビ【新型ステップワゴンのおすすめのディーラーオプション】

新型ステップワゴン(STEP WGN)に装着した方が良いおすすめのディーラーオプションを聞いた際、一番最初に挙げたアイテムが、ディーラーオプションナビです。

■新型ステップワゴンの純正ナビ

純正ナビはマルチビューカメラに対応

ディーラーさんが純正ナビをおすすめした理由の一つが、マルチビューカメラに対応しているからだそうです。

今回デビューを果たした新型モデルの最上位モデルのプレミアムライン(PLEMIUM LINE)は、クルマの周囲を360度確認することができるマルチビューカメラシステムを標準装備しています。

■新型ステップワゴンのマルチビューカメラ

また、下位モデルに位置をするエアー(AIR)と中間モデルのスパーダ(SPADAは、メーカーオプションでマルチビューカメラシステムを装着することができます。

ただ、マルチビューカメラシステムを使用するには、ディーラーオプションのナビが必要なんですよね。

また、ディーラーオプションのナビを装着していないと、緊急サポートセンターや自動地図更新などホンダ コネクト(HONDA Connect)のサービスを受けることもできません。

■新型ステップワゴンのSOSコールスイッチ

つまり、ディーラーオプションのナビを装着しないと、いろいろと不自由が生じるわけです。

ディーラーさん曰く、「新型ステップワゴン(STEP WGN)で損をしないためにも、ディーラーオプションで用意されているナビはぜひとも装着してもらいたい。」とのことでした。

用意されているディーラーオプションナビは3種類

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、11.4インチ~8インチまで3種類のディーラーオプションナビを用意しています。

■新型ステップワゴンに用意されているディーラーオプションナビ

・11.4インチ(LXM-237VFLi)…292,600円
・9インチ(LXM-237VFNi )…   228,800円
・8インチ(LXM-232VFEi)  …  148,500円

この新型モデルに用意されている3つの純正ナビの中で価格が一番安いのは、画面サイズが8.0インチのナビです。

■8インチのディーラーオプションナビ

ただ、下位モデルに位置をする8インチのLXM232VFEiは、メーカーオプションで用意されているマルチビューカメラシステムに対応していないんですよね。

つまり、マルチビューカメラシステムを使用するには9インチサイズ、もしくは、11.4インチサイズのナビを装着するしかないので、ご注意を…。

ちなみに、ディーラーさんの話では、画面サイズが大きく視認性に優れる11.4インチのナビの方が圧倒的に人気が高いようですよ。

■新型ステップワゴンの一番人気の11.4インチのナビ

私は実際に9インチと11.4インチのナビを見比べることができたのですが、視認性や見た目のスタイリッシュさを考えると、11.4インチのナビの方が良いのかなと思ってしまいました。

リア席モニター【新型ステップワゴンのおすすめのディーラーオプション】

また、お子さんのいるご家庭に人気のリヤモニターも、ディーラーさんのおすすめのオプションの一つです。

■新型ステップワゴンのリヤモニター

新型ステップワゴンのリヤモニターの画面はクラストップ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、クラストップとなる15.4インチの大画面のリヤモニターをディーラーオプションで用意。

■15.4インチのリヤモニター

このように見ると、15.4インチのリヤモニターは、かなりの大迫力ですよね。

そのおかげもあり、この新型モデルの15.4インチのリヤモニターは、3列目シートからの視認性も非常に良いです。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は10.1インチサイズのリヤモニターも用意しています。

■新型ステップワゴンの10.1サイズのリヤモニター

ただ、3列目シートの視認性&見やすさを考えると、画面サイズが大きい15.4インチの方が良いようです。

また、15.4インチのリヤモニターは、イルミネーションライトが備わっており、スタイリッシュな車内空間を演出しているのも、おすすめの理由のようですよ。

15.4のリヤモニターのオプション価格は約15万円

どのシートに座っても大迫力の映像を楽しむことができる15.4インチのリヤモニターですが、オプション価格を確認したところ、次のようになっていました。

■15.4インチのリヤモニター…14万9600円

ちなみに、一回り画面サイズが小さい10.1サイズのリヤモニターのオプション価格は8万4700円なので、15.4インチのリヤモニターの方が約6万5000円高くなっています。

この2つのモニターの価格差は小さいくありませんが、見やすさやデザイン性、下取りに出すときのリセールバリューなどを考えると、15.4インチのリヤモニターの方が良いかもしれませんね。

ルーフコンソール【新型ステップワゴンのおすすめのディーラーオプション】

また、いつもお世話になっているディーラーさんがおすすめしてくれた新型ステップワゴン(STEP WGN)のディーラーオプションが、大型ルーフコンソールです。

■新型ステップワゴンのルーフコンソール

運転席まわりの快適性を高めてくれるルーフコンソール

ルーフコンソールをおすすめされると思っていなかったので、ディーラーさんに理由を聞いてみたところ、「運転席まわりの快適性&使い勝手が格段に良くなるから」との回答が…。

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、車内ににたくさんの収納スペースを用意しています。

ただ、ボックスティッシュを置けるような大きい収納スペースが用意されているのは助手席側のみで、運転席側には用意されていないんですよね。

一応、この新型モデルのハイブリッド車は、運転席と助手席の間にボックスティッシュを置けるサイズの収納スペース”センターコンソール”を備えています。

■新型ステップワゴンのセンターコンソール

ただ、この新型モデルのセンターコンソールは、設置位置が低いため、あまり使い勝手は、よくありません。

また、ウォークスルーをする際、またがないといけないセンターコンソール部分にボックスティッシュなどを置くのは、ちょっと気が引けるような感じが…。

ただ、ディーラーオプションに用意されているルーフコンソールを備えると、運転席から手が遠く位置にボックスティッシュを置いておくことができます。

しかも、ボックスティッシュを取り出しやすいようスリットが入っているため、使い勝手も非常に良いとのこと。

ルーフコンソールを備えると、少し商用車っぽさが出てしまうが気になるところですが、運転席回りの機能性や使い勝手を考えると、装着する価値は十分にあると思いますよ。

ルーフコンソールのオプション価格は約2万5000円

新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席まわりの快適性や使い勝手を高めてくれるルーフコンソールのオプション価格を確認してみたところ、次のようになっていました。

■ルーフコンソールのオプション価格…26,400円

今回デビューを果たした新型モデルのルーフコンソールのオプション価格は約2万5000円となっており、かなりお買い得な感じが…。

ディーラーさん曰く、このルーフコンソールのオプション価格の安さも、おすすめの理由の一つのようですよ。

魅力的なディーラーオプションがたくさんある新型ステップワゴン

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型ステップワゴン(STEP WGN)のおすすめのディーラーオプションを聞いてみたところ、次の3つのアイテムを紹介してもらいました。

■ディーラーおすすめの新型ステップワゴンのアイテム3選

・マルチビューカメラに対応のディーラーオプションナビ
・3列目でも見やすい15.4インチのリヤモニター
・運転席まわりの快適性を高めてくれるルーフコンソール

ディーラーさんがおすすめしてくれたリヤモニターやディーラーオプションナビを装着すると、快適性や使い勝手は、格段に良くなります。

ただ、ディーラーオプションナビや15.4インチのリヤモニターを装着すると、乗り出し価格が、このように少しお高めになるので、ご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02