前後左右に自由自在!新型ステップワゴンの2列目シートのスライド量を測ってみた

2022年5月にデビューを果たしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、旧型モデルよりも格段に進化を遂げましたが、2列目シートもその一つです。

先代モデルの2列目シートは、前後にスライドするのみでしたが、新しく生まれ変わった新型モデルの2列目シートは、前後左右に自由自在に動かすことができます。

また、前後のスライドできる幅も、先代モデルよりも大きくなっていました。

今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートは、前後左右にどれくらいスライドできるようになったのでしょうか?また、左右には、どれくらいスライドできるようになっているのでしょか?

旧型モデルと比べて格段に快適性が増した新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートの前後左右のスライド量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの2列目シート【前後のスライド幅をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの2列目シート

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PREMIUM LINE)は、足を伸ばしてゆったりと座ることができるオットマンを用意。

旧型モデルよりも格段に快適性が増した新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートですが、前後のスライド幅&足元空間の広さを確認したところ、次のようになっていました。

2列目シートを外側にした時のスライド量

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートを外側に広げて、一番後ろまでスライドすると、このような感じになります。

■2列目シートを外側&最後端時の2列目シート

2列目シートを左右に広げた状態で後方にスライドすると、ちょうどシートバックが後輪のホイールハウス部分にぶつかるのですが、十分すぎるほどの足元空間(ニークリアランス)の広さを確保。

そんな新型モデルの2列目シートを外側に広げた時の最大のスライド幅を確認してみたところ、次のようになっていました。

■2列目シートを外側に広げた時の最大のスライド量…610mm

この新型モデルの2列目シートを両サイドに広げた時のスライド量は610mmとなっており、競合車の一つでもある日産のセレナe-POWERよりも40mmほどスライド量が大きくなっています。

スパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PREMIUM LINE)に標準装備されているオットマンを使用するには少々狭いですが、普通に座るには、十分に満足できる足元空間(ニークリアランス)の広さを確保していました。

2列目シートを内側にした時のスライド量

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートで注目なのは、後部座席を内側に寄せた時のスライド量です。

この新型モデルの2列目シートを内側に寄せて、一番後方までスライドすると、このような感じになります。

■2列目シートを内側&最後端時の2列目シート

先ほどの2列目シートを外側にした時と比べて、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、かなり広くなりますね。

そんな新型モデルの2列目シートを内側によせた時のスライド幅を確認してみたところ、次のようになっていました。

■2列目シートを内側によせた時の最大のスライド量…865mm

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートを内側に寄せた時のスライド量は865mmとなっており、セレナe-POWERやヴォクシー/ノアなどの競合車よりもスライド量は大きくなっているんですよね。

■新型ステップワゴンと競合車のスライド量比較

そのおかげもあり、2列目シートを中央に寄せて、後方までスライドすると、オットマンも使える広々空間に…。

この競合車・ライバル車よりも大きいスライド量は、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の大きな魅力の一つでした。

新型ステップワゴンの2列目シート【左右のスライド幅をチェック】

2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)2列目シートは前後だけではなく、左右にもスライドできるように進化しました。

ただ、この新型モデルの2列目シートの左右のスライド量は、運転席側と助手席側で異なるんですよね。

今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートの左右のスライド量は、どれくらいだったのか?この新型モデルの2列目シート左右のスライド幅を確認してきたので、紹介します。

運転席側の2列目シートの左右スライド量

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートに搭載されている横スライド機能ですが、運転席側のスライド量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■運転席側の2列目シートの左右のスライド量…75mm

今回デビューを果たした新型モデルの運転席側のシートの左右のスライド量は75mmとなっており、後ほど詳しく紹介する助手席側よりもスライド量は、若干少なめに…。

ただ、助手席側よりも左右のスライド量が少ないからといって、使い勝手の悪さや居心地の悪さは、一切感じませんでした。

助手席側の2列目シートの左右スライド量

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の助手席側の左右のスライド量を確認してみたところ、次のようになっていました。

運転席側の2列目シートの左右のスライド量…115mm

今回デビューを果たした新型モデルの助手席側の2列目シートのスライド量は115mmとなっており、運転席側よりも40mmほど大きくなっていました。

運転席側よりも左右のスライド量が大きいメリットの一つが、3列目シートへのアクセスのしやすさです。

この新型モデルは、3列目シートへのアクセスのしにくさが欠点&デメリットの一つですが、内側へのスライド量が大きい助手席側の方が、通路の幅が広く3列目シートへアクセスしやすなっているんですよね。

なので、3列目シートへアクセスする際は、通路幅を大きく確保することができる助手席側から通り抜けた方が良いのかなと思いました。

まとめ:国内トップクラスのスライド量を誇る新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートのスライド量を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの2列目シートのスライドのまとめ

・全グレード、前後左右にスライドすることが可能
・前後のスライド量は国内トップクラス
・2列目を外側の時の前後のスライド量は610mm
・2列目シートを内側にした時の前後のスライド量は865mm
・左右のスライド量は運転席側と助手席側で異なる

今回デビューを果たした新型モデルの最大のスライド量は865mmとなっており、ロングスライド機能を備えているセレナe-POWERやヴォクシー/ノアよりも上。

そのおかげもあり、オットマンを使用しても、フロントシートに足が触れることなくゆったりと座ることができます。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、前後だけではなく、左右にもスライドできるようになったのも魅力の一つ。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、競合車・ライバル車よりも広くて快適になった2列目シートにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02