【モデューロXと標準仕様】新型ステップワゴンの外装の違いを実車画像でチェック

新型ステップワゴンをベースにした純正コンプリートカーモデューロX(ModuloX)が、2018年12月にホンダから新発売されました。

今回新発売されたモデューロX(ModuloX)は、内外装に様々な専用アイテムを採用。ベースとなっているスパーダ(SPADA)よりも、スポーティーで迫力のあるデザインになっていました。

>>> 10個の専用の装備を用意!新型ステップワゴン モデューロXの外装インプレ

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)のカスタマイズ仕様”モデューロX”と、標準仕様のスパーダの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、カスタム仕様のモデューロX(ModuloX)と標準仕様のスパーダ(SPADA)の外装・エクステリアの主な違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン モデューロXと標準仕様の外装比較

2018年12月にデビューを果たした新型ステップワゴン モデューロXと、ベースとなっているスパーダの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■標準仕様”スパーダ”の外装・エクステリア

>>> 新型ステップワゴン スパーダ(2017年)の外装【旧型との違いを実車画像で比較】

■カスタム仕様”モデューロX”の外装・エクステリア

>>> 新型ステップワゴン モデューロXの外装の実車画像【特徴や魅力を徹底解剖】

このように2台のモデルを並べてみると、見た目のデザインが大きく異なりますよね。

フロントエアロバンパーやリヤロアディフューザーなど空力性能を向上させるエアロパールを備えたモデューロX(ModuloX)は、スポーティーな見た目に…。標準仕様よりも存在感&車格が増したように感じました。

そんな新型ステップワゴン(STEPWGN)のモデューロXとスパーダを見比べてみたところ、外装・エクステリアに次のような違いがありました。

違い1:フロントマスク

2018年12月にデビューを果たした新型ステップワゴン モデューロX(STEPWGN ModuloX)とスパーダの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、フロントマスクです。

■標準仕様スパーダのフロントマスク

■カスタム仕様モデューロXのフロントマスク

標準仕様のスパーダは、角ばった大きなフロントグリルを採用していたのに対し、コンプリーカーモデルのモデューロX(ModuloX)は、ブラック塗装が施された細目の横桟をフロントグリル採用。

パッと見た時の迫力や押し出し感は、標準仕様のスパーダ(SPADA)の方があります。

ただ、新型ステップワゴン モデューロX(STEPWGN ModuloX)の方が精悍でスタイリッシュなフロントマスクになっているように感じました。

また、フロントエアロバンパーを標準装備しているモデューロX(ModuloX)の方が、スポーティーでどっしりとしたデザインになっていました。

■モデューロXのフロントエアロバンパー

違い2:ホイールのデザイン

また、ホイールのデザインの違いも新型ステップワゴン(STEPWGN)のコンプリート仕様”モデューロX(ModuloX)”とスパーダ(SPADA)の大きな違いの一つです。

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車では、モデューロX/スパーダどちらも16インチサイズのホイールを標準装備しています。

ただ、この2台のモデルでは、ホイールのデザインやカラーに違いが…。

■標準仕様スパーダのタイヤ&ホイール

■カスタム仕様モデューロXのタイヤ&ホイール

標準仕様のスパーダは切削加工を施したスタイリッシュなホイールデザインになっていたのに対し、細いスポークが中央より広がるデザインを採用。

また、”モデューロX(ModuloX)”のホイールにはクリアブラック塗装が施されており、スポーツモデルらしい引き締まった印象になっていました。

また、新型ステップワゴン モデューロX(STEPWGN ModuloX)では、専用のチューニングが施されたサスペンションを採用。

■カスタム仕様モデューロXの専用サスペンション

標準仕様よりも若干硬めの足回りになっていましが、腰高感やフワフワ感を感じないどっしりとした安定感のある乗り心地になっていたのは、好印象でした。

ちなみに、装着しているタイヤのメーカー&ブランドに関しては、モデューロX(ModuloX)と標準仕様で違いはありませんでした。

>>> どこ製!?新型ステップワゴン モデューロXのタイヤメーカー&ブランドを確認

違い3:クルマ後方のデザイン

2018年12月に新たにラインナップに加わった新型ステップワゴン モデューロX(STEPWGN ModuloX)と、標準仕様のスパーダ(SPADA)では、後ろ姿のデザインにも大きな違いがありました。

■標準仕様スパーダの後ろ姿

■カスタム仕様のモデューロXの後ろ姿

この2台のモデルの後ろ姿で大きく異なるのは、ボディ下部のデザインです。

カスタム仕様のモデューロX(ModuloX)では、空気の流れを整えて、走行安定性と燃費効率を高めるリヤロアディフューザーを標準装備。

■モデューロXのリヤロアディフューザー

ブラック塗装が施されたリヤロアディフューザーが良いワンポイントアクセントになっており、スポーツモデルらしい精悍な後ろ姿に…。標準仕様のスパーダ(SPADA)とは雰囲気が異なり、スポーティーさと特別感がある後ろ姿になっていました。

また、”わくわくゲート”を開けるグリップ部分(リヤコーナーガーニッシュ)のデザインの違いも注目ポイントの一つです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、標準仕様のスパーダ(SPADA)では、ピアノブラック調のカラーのリヤコーナーガーニッシュを標準装備。

■標準仕様スパーダのリヤコーナーガーニッシュ

一方、新型ステップワゴン(STEPWGN)のコンプリートカー仕様”モデューロX(ModuloX)”のリヤコーナーガーニッシュは、ボディと同系色に…。

■カスタム仕様モデューロXのリヤコーナーガーニッシュ

標準仕様のスパーダよりもモデューロXの方が、スッキリとした後ろ姿になっているように感じました。

また、わくわくゲートのグリップ周りがボディと同系色になったおかげで、ボディ下部に備わっているブラック塗装のリヤロアディフューザーが、より一層際立っているように感じました。

2018年12月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEPWGN)のコンプリートカー仕様のモデューロXと標準仕様のスパーダの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

カスタム仕様の”モデューロX(ModuloX)”では、フロントグリルやホイールなどが専用アイテムとなっているおかげで、標準仕様のスパーダ(SPADA)よりもスタイリッシュなデザインに…。

また、標準仕様のスパーダと異なり、カスタム仕様のモデューロXではフロントエアロバンパーやリヤロアディフューザーなど、走破性や乗り心地を良くするアイテムを備えているのも好印象でした。

ちなみに、今回新発売された新型ステップワゴン モデューロX(STEPWGN ModuloX)は、高級感のあるピアノブラック調のパネルをダッシュボードに採用するなど、標準仕様とは異なる雰囲気の内装・インテリアになっています。

コンパクトミニバンとは思えない高級感が漂う”モデューロX(ModuloX)”の内装・インテリアにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする