新型カローラツーリング/セダンの自動ブレーキは信頼性できる?性能や作動条件をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)が全グレードに標準装備されてます。

また、このクルマに搭載されている自動ブレーキは、競合車・ライバル車よりも性能に優れているような感じが…。なので、イザという時に安心です。

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、どのような性能を備えていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりも優れている部分は、どこだったのでしょうか?

トヨタの新型カローラ ツーリング/セダンに備わっている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の性能や信頼性、作動条件などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンの自動ブレーキは、どうやって検知するの?

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンでは、フロントガラスの上部に設置された単眼カメラと、エンブレム部分に搭載されたミリ波レーダーで前方のクルマなどを検知する自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を備えています。

■前方のクルマを検知する単眼カメラ

■ミリ波レーダーを搭載しているエンブレム

この新型モデルに搭載されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、走行中、前方車と衝突する可能性があると判断した場合、マルチインフォメーションディスプレイやブザーで警報を発し、ブレーキ操作をするよう促してくれます。

■警告を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイ

また、ドライバーがブレーキが踏めなかった場合でも、自動ブレーキを作動させ、衝突の回避&被害の軽減をサポートしてくれます。

新型カローラツーリング/セダンの自動ブレーキの性能【検知対象&速度をチェック】

単眼カメラとミリ波レーダーで周囲を検知してくれる新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、前方を走る自動車だけではなく、歩行者や自転車も検知してくれます。

歩行者だけではなく、歩行者や自転車などもしっかりと検知して、対応してくれるのは、嬉しいですよね。歩行者や自転車の飛び出しは、やはり怖いので…。

ただ、この新型モデルに用意されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の作動条件は、対自動車と対歩行者&自転車で違いがありました。

対車両の自動ブレーキの作動条件

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の対車両の作動条件を確認してみたところ、次のようになっていました。

■対車両の自動ブレーキの作動条件…時速約10km/h~

このクルマの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の対車両の速度制限に上限がなく、高速道路などを高速域で走行している時でも自動ブレーキが作動するのは、このクルマの良いところの一つです。

ただ、最低速度をもう少し引き下げて、時速10km/h以下のトロトロ運転の時でも自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を対応できるようにして貰いたかったです。

対歩行者&対自転車の自動ブレーキの作動条件

【昼】対歩行者プリクラッシュセーフティ(PCS)

一方、新型カローラ ツーリング/セダンに備わっている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の対歩行者&対自転車の作動条件を確認してみたところ、このようになっていました。

■対歩行者&対自転車の作動条件…時速約10km/h~時速約80km/h

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの対歩行者&対自転車に対する自動ブレーキの作動条件は時速約10km/h~時速約80km/hとなっており、最高速度の上限が設けられています。

ただ、歩行者や自転車が通行しているような道路で時速約80km/h以上出すことはそうそうないので、これだけの速度範囲で自動ブレーキが作動してくれれば、十分なのかなと思いました。

新型カローラツーリング/セダンの自動ブレーキは、夜間の歩行者も検知

そんな新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)のスゴイところの一つが、夜間の歩行者もしっかりと検知して、イザという時、自動ブレーキを作動してくれるところです。

■夜間の対歩行者の自動ブレーキ

【夜】対歩行者プリクラッシュセーフティ(PCS)

夜間の歩行者までしっかりと検知をしてくれる自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を備えているクルマは、まだそれ程多くないんですよね。

そのことを考えると、この新型カローラ ツーリング/セダンに備わっている自動ブレーキは、かなりのハイレベルに仕上がっているのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルの自動ブレーキは、夜間の歩行者には対応していますが、夜間の自転車までは検知することができないので、ご注意くださいね。

新型カローラツーリング/セダンの自動ブレーキは優れている!?競合車と比較

このような機能を備えている新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)ですが、競合車・ライバル車よりも優れているのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルと、ホンダのステーションワゴン”新型シャトル(Shuttle)”の自動ブレーキの性能を比較してみました。

【比較1】対象範囲

2019年9月にデビューを果たしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンと競合車・ライバル車の一つでもある新型シャトル(Shuttle)の自動ブレーキが作動する対象物を確認してみたところ、次のようになっていました。

■自動ブレーキの対象物の比較

対車両 対自転車 対歩行者
新型カローラツーリング/セダン 〇(昼のみ) 〇(昼夜)
新型シャトル × 〇(昼のみ)

トヨタの新型カローラ ツーリング/セダン/ホンダの新型シャトル(Shuttle)どちらの自動ブレーキも、車両や自転車を検知できるようになっています。

ただ、新型カローラ ツーリング/セダンは自転車を検知できるのに対し、ホンダの新型シャトル(Shuttle)の自動ブレーキは、自転車を検知できる機能を備えていません。また、ホンダの新型シャトル(Shuttle)は、夜間の歩行者も検知することができません。

この事を考えると、トヨタから新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキの方が安心感が高いと言っても良いのかもしれませんね。

ちなみに、夜間の歩行者を検知&自転車を検知できる自動ブレーキを備えているホンダ車も登場しています。

なので、そう遠くないうちに、ホンダの新型シャトル(Shuttle)も夜間の歩行者を検知&自転車を検知できる自動ブレーキが搭載されるかもしれませんね。

【比較2】作動速度

また、トヨタの新型カローラ ツーリング/セダンとホンダの新型シャトル(Shuttle)の自動ブレーキが作動する速度を比較してみたところ、このようになっていました。

■自動ブレーキが作動する速度

対自動車 対歩行者(対自転車)
新型カローラツーリング/セダン 約10km/h~ 約10km/h~約80km/h
新型シャトル 約5km/h~ 約5km/h~約80km/h

※新型シャトルの自動ブレーキが作動するのは、自車との速度差が約5km/h以上ある場合のみ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキが作動するのは、時速約10km/h以上になっているのに対し、新型シャトル(Shuttle)は、自車との速度差が約5km/h以上ある場合のみと言う条件があるものの時速約5km/h~となっています。

なので、渋滞中など、トロトロ運転をしている時の安全性は、新型カローラ ツーリング/セダンよりも新型シャトル(Shuttle)の方が高いかもしれませんね。

まとめ:新型カローラツーリング/セダンは十分に信用できる自動ブレーキを用意

2019年9月にフルモデルチェンジをしてトヨタから新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの自動ブレーキの性能や作動条件を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルに用意されている自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は
夜間の自転車の検知をすることができないなど、まだまだ課題はあります。

ただ、この新型モデルでは、競合車・ライバル車が備えていない自転車を検知してくれる機能を搭載。イザと言う時に頼りになる安心感の強い自動ブレーキとなっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする