新型カローラ ツーリング/セダンのタイヤ【全3種類を実車画像で徹底解剖】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ(COROLLA)は、ツーリング/セダンどちらも3つのグレードを用意しているのですが、タイヤ&ホイールはグレード別の設定になっています。

■新型カローラ ツーリング/セダンのグレードラインナップ

・GXグレード (ガソリン/ハイブリッド)
・Sグレード (ガソリン/ハイブリッド)
・WxB (ガソリン/ハイブリッド)

なので、この新型モデルは、グレードによってタイヤ&ホイールのデザインやサイズ、サイドスタイルに違いが…。

そんな新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の各グレードのタイヤ&ホイールのデザインは、どのようになっていたのでしょうか?また、このクルマに用意されているタイヤメーカー&ブランドは、何だったのでしょうか?

私が撮ってきた実車画像を用いて、この新型モデルに用意されているタイヤ&ホイールを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ ツーリング/セダンの”GXグレード”のタイヤ&ホイール

2019年9月にデビューをした新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最廉価に位置をする”GXグレード”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました

■最廉価モデル”GXグレード”のタイヤ&ホイール

3つのグレードの中で唯一スチールホイールを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマの最廉価モデルに位置をする”GXグレード”は、3つのグレードの中で唯一フルホイールキャップ付きのスチールホイールを標準装備しています。

■新型カローラ セダンの”GXグレード”のサイドスタイル

■新型カローラ ツーリングの”GXグレード”のサイドスタイル

このようにこのGXグレードをサイドから見ると、「あ~…、やっぱりGXグレードは、最廉価モデルなんだな…」と、言うことを実感します。

ツーリングらしいスポーティーさや、セダン車らしい高級感を一切感じないサイドスタイルは、GXグレードの大きなデメリットの一つなのかなと思いました。

タイヤサイズも他のグレードよりも小さめ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最廉価モデル”GXグレード”は、タイヤサイズも他のグレードよりも一回り小さくなっています。

■GXグレードのタイヤサイズ…15インチ(195/65R15)

なので、他のグレードよりも足元が【ふわふわ】とした乗り心地に…。

このように最廉価モデルのGXグレードは、他のグレードと乗り心地も異なるのでご注意くださいね。

ちなみに、15インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備している最廉価モデルの”GXグレード”ですが、後に紹介をする”Sグレード”と全く同じデザイン&サイズをしたタイヤ&ホイールにオプションで変更することが可能です。

もし”GXグレード”のタイヤ&ホイールのデザインや乗り心地に物足りなさを感じたら、オプションで変更するのも良いかもしれませんね。

新型カローラ ツーリング/セダンの”Sグレード”のタイヤ&ホイール

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の中間モデルに位置をする”S”グレードに標準装備されているタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

■Sグレードのタイヤ&ホイール

Sグレードではアルミホイールを標準装備

最廉価モデルの”GXグレード”はシンプルなスチールホイール(鉄チン)を装着していましたが、中間モデルの”Sグレード”では、シルバー塗装を施したアルミホイールを採用。

■新型カローラ セダンの”GXグレード”のサイドスタイル

■新型カローラ ツーリングの”GXグレード”のサイドスタイル

やはりアルミホイールを装着すると、サイドスタイルに迫力が増しますね。

また、この”Sグレード”に標準装備されているアルミホイールはシルバー塗装を施しており、老若男女だけからも愛される落ち着いたデザインになっているのも好印象でした。

タイヤサイズも他のグレードとは異なる

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の中間モデルに位置をする”Sグレード”のタイヤサイズも、他のグレードとは異なります。

■Sグレードのタイヤサイズ…16インチ(205/55R16)

中間モデルの”Sグレード”では、最廉価モデルの”GXグレード”よりも一回り大きい16インチのタイヤ&ホイールを標準装備。

そのため、”Sグレード”は、最廉価モデルの”GXグレード”よりもカッチリとした乗り心地に…。

ただ、段差を乗り越えた時のショックや突き上げ感のいなし方がとても良く、剛の中にも柔がある非常に乗り心地が良いクルマに仕上がっていました。

新型カローラ ツーリング/セダンの”WxB”のタイヤ&ホイール

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

■WxBのタイヤ&ホイール

WxBはダークメタリック塗装を施したアルミホイールを標準装備

今回デビューをした新型モデルの最上位グレード”WxB(ダブルバイビー)”では、漆黒に輝くダークメタリック塗装をほどこした専用デザインのアルミホイールを標準装備。

そのため、新型カローラツーリング(COROLLA Touring)は、このモデルの特徴でもあるスポーティーさが一層際立っているような感じが…。

■新型カローラ ツーリングのサイドスタイル

また、ダークメタリック塗装が施された専用デザインのアルミホイールを装着した新型カローラ セダン(COROLLA SEDAN)は、スポーツセダン車のような佇まいになっていました。

■新型カローラ セダンのサイドスタイル

3つのグレードの中で一番大きいタイヤ&ホイールを装着

また、最上位モデルに位置をする”WxB(ダブルバイビー)”は、3つのグレードの中で一番大きなタイヤ&ホイールを装着をしてます。

■WxBのタイヤサイズ…17インチサイズ(215/45RR17)

そのため、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードよりも硬めの足回りに…。

ガチガチに硬くて乗り心地が悪いといった感じではないのですが、中間モデルの”Sグレード”よりも段差を乗り越えた時のショックがダイレクトにお尻に伝わってきます。また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、路面の小さなコツコツを拾います。

スポーツモデルらしい硬めの乗り心地が好みの方は、”WxB(ダブルバイビー)”のちょっと硬めの乗り心地を楽しめると思います。ただ、柔らかめの乗り心地を好む方は、”WxB”よりもSグレードの方が運転しやすく感じるのかなと思いました。

新型カローラ ツーリング/セダンのタイヤメーカー&ブランドは?

このようにグレードによって異なるデザインのタイヤ&ホイールを装着している新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)ですが、どこのタイヤメーカーのもの履いていたのでしょうか?

私はツーリング&セダンあわせて10台弱のモデルを見ることができたのですが、私が見た限りでは、次のようになっていました。

WxB(ダブルバイビー)はスポーツ仕様のタイヤを装着

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤを確認したところ、次の2つのメーカーからタイヤを納入していました。

■WxBのタイヤメーカー&ブランド

・ブリヂストン トランザT002 (TURANZA T002)
・ヨコハマタイヤ ブルーアースGT AE51(BluEarth-GT AE51)

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ロングドライブでの快適性や操縦安定性能を高い次元で兼ね備えたハイスペック仕様のタイヤを標準装備。

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデルのWxBは、ステアリングフィールが良く、ダイレクト感のある走りを楽しめるクルマになっているのですが、このハイスペック仕様のタイヤも大きな影響を与えているのかもしれませんね。

GX/Sグレードは燃費効率を重視したタイヤを装着

一方、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最廉価モデルの”GXグレード”や中間モデルの”S”グレードでは、次のようなタイヤを履いていました。

■GX/Sグレードのタイヤメーカー&ブランド

・ブリヂストン エコピアEP150 (ECOPIA EP150)
・ダンロップ エナセーブ EC300+ (ENASAVE EC300+)

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では走りの良さを追求したハイスペック仕様のタイヤを履いていましたが、最廉価モデルの”GXグレード”や中間モデルの”Sグレード”では、燃費性能を最優先した低燃費タイヤを装着。

やっぱり最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”と比較すると、GX/Sグレードに用意されているタイヤのランクはだいぶ落ちますね。

ただ、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているタイヤが良かっただけで、このクルマの車格や車体本体価格を考えると、エナセーブやエコピアなどの低燃費タイヤが採用されているのは、ある意味当然なのかもしれませんね。

まとめ:グレードによって乗り心地に差があるので注意

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)は、ご覧の通り、グレードによって、装着しているタイヤ&ホイールのデザインが異なります。

なので、この新型モデルは、サイドスタイルに大きな差が…。

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)は、グレードによってタイヤサイズやメーカー&ブランドも異なるため、乗り心地や走破性、接地感にも大きな差があるので、ご注意くださいね。

ちなみに、この2台のモデルに先立って発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のタイヤ&ホイールは、全く異なる専用デザインになっています。また、サイズも異なるので、要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする