乗り降りしにくい!?新型カローラツーリングの乗降性で気になったところ

トヨタの最新のプラットフォーム”TNGA”を採用した新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、先代モデルよりもシートの着座位置が低く設定してあるおかげで、スポーティーな乗り味を楽しめるクルマに仕上がっています。

ただ、その一方、この新型モデルは先代モデルよりも乗り降りがしにくくなったというデメリットも…。特に後部座席の乗り降りのしにくさは、少々気になるところでした。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の乗降性・乗り降りのしやすさは、どのような感じだったのでしょうか?また、私が実際に乗り降りをしてみて、気になったところは、どこだったのでしょうか?

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型ツーリング(Touring)の乗降性・乗り降りのしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングのフロントシートの乗降性をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のフロントシートのドア開口部の広さは、このようになっています。

■新型カローラツーリングのフロントシートのドア開口部の広さ

今回デビューを果たした新型モデルは、運転席まわりの居住スペースを広くとっていることもあり、ドアを開けた時の開口部も広めに…。

また、フロントドアが90度ちかくまで開くため、ドアパネルが乗り降りを妨げないのも好印象でした。

ステップ高&シートの着座位置は低めに設定

そんな新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のドア開口部の地上からの高さ(ステップ高)とシートの着座位置は、先代モデルと比較すると、だいぶ低くなっている感じが…。

■新型カローラツーリングのステップ高とシート高

ステップ高:約350mm
シート高  :約535mm

このクルマはドア開口部も広く、ステップの高さも低めに抑えられているため、乗り降りをする際の足の運びはとてもスムーズに行えます。

ただ、この新型モデルのフロントシートの乗降性を確認してみて気になったのは、着座位置の低さです。

この新型モデルは、先代モデルよりも乗り込む際の姿勢の上下動が大きくなり、スポーツモデルに乗り込むような感覚に…。なので、乗り降りをする際のスムーズさには欠けます。

スポーツモデルのような低い着座位置はこのクルマの魅力ですが、乗り降りのしやすさ・乗降性に関しては、先代モデルよりも悪くなったように感じました。

新型カローラツーリングの後部座席の乗降性をチェック

一方、2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席の乗降性・乗り降りのしやすさは、どのようになっていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席のドアをあけると、このような感じに…。

■新型カローラツーリングの後部座席のドア開口部

フロントシートのドア開口部と比較すると、後部座席のドア開口部は、ちょっと狭いですね。

また、ドアパネルもフロントシートほど開かないため、後部座席のドア開口部は、余計に狭く感じます。なので、赤ちゃんやちょっと大きめの荷物をクルマに乗せたりするのは、ちょっと大変な感じが…。

個人的には、後部座席もフロントシートまわりのように、もう少し広いドア開口部にしても良かったのかなと思いました。

乗り降りのしやすさもイマイチ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席はドア開口部が狭いため、乗降性もイマイチです。

私が特に気になったのは、足の運びのスムーズさです。

この新型モデルの後部座席はドア開口部が狭いだけではなく、足元空間(ニークリアランス)が狭いため、足の運びがスムーズにいきません。

私は足のサイズが27cmあるのですが、このクルマに乗り降りをする際、ドア内側パネルやフロントシートのシートバックなどどかしらに足をぶつけてしまいます。

この足の運びのスムーズさは、少々気になるところでした。

ただ、この新型モデルはフロントシートと同じくステップ高が低く、足を高く上げなくても乗り降りできるようになっていたのは、とても良いと思いました。

■新型カローラツーリングの後部座席のステップ高…約350mm

乗り降りをする際の頭上空間も気になる

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席に乗り降りをする際、頭上空間(ヘッドクリアランス)の狭さも気になりました。

この新型モデルは先代モデルよりも車高が低くなっているのもあるのですが、天井が後方にいくにつれて、少し低くなっているんですよね。

そのため、この新型モデルの後部座席のドア開口部は、後方に行くにつれて、若干低くなっており、乗り降りをする際は、頭の運びにも注意をしないといけません。

このスムーズさに欠ける後部座席の乗降性も、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの気になったところの一つでした。

まとめ:新型カローラツーリングの乗降性は先代モデルよりも劣る

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の乗降性・乗り降りのしやすさは、このようになっていました。

この新型モデルは、先代モデルよりも車高が低くなったこともあり、乗り降りをする際の体の運びが大きくなったような…。

特に開口部が低くなっている後部座席の乗り降りのしにくさが気になりました。

もしこの新型モデルに赤ちゃんや小さいお子さんを乗せようと考えている方は、試乗をする際に後部座席の乗降性・乗り降りのしやすさをしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする