高級感は十分!?新型カローラツーリング/セダンSグレードの内装の実車画像インプレ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデルに位置をするのが、価格と装備のバランスの良さが魅力の”Sグレード”です。

この中間モデルの”Sグレード”の内装・インテリアは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”ほど派手さはありませんが、上質で大人っぽい雰囲気に…。また、機能や装備も予想以上に充実していました。

そんな新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このSkグレードは、どのような特徴や魅力を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、中間モデルの”Sグレード”の内装・インテリアの様子や魅力を余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンSグレードの内装をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Sグレードの内装・インテリア

ワイド感を強調した薄型タイプのインパネを採用するなど基本的なデザインは、最廉価モデルの”GXグレード”や最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と全く同じになっています。

また、ハイブリッド車/ガソリン車問わずストレート式のシフトレバーをセンターコンソールを搭載しているのも共通しています。

■Sグレードのセンターコンソール

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”とは異なり、インパネ(ダッシュボード)にシルバーのステッチやシルバーの加飾をあしらった大人っぽい落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっていまいた。

また、センターコンソールにはピアノブラック調の加飾やステッチがあしらわれており、最廉価モデルの”GXグレード”で感じた安っぽさが解消されていたのも好印象でした。

ドア内側パネルも高級感のあるデザインに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”では、ドア内側パネルのトリム部分に合成レザーを採用。

■Sグレードのドア内側パネル

また、ドアインサイドドアハンドルやトリムガーニッシュ部分にシルバーの加飾をあしらった高級感・上質感のあるデザインになっていました。

■Sグレードのドアトリムガーニッシュ

■Sグレードのインサイドドアハンドル

シートも座り心地&フィット感が良い上級タイプを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”では、最廉価モデルの”GXグレード”と同じファブリック素材を採用したシートを採用しています。

■Sグレードのシート

ただ、中間モデルの”Sグレード”に採用されているシートは、最廉価モデルの”GXグレード”シートサイドの張り出しが大きい上級仕様となっており、体を支えてくれるホールド感やシートに優しく包み込まれている感じがアップしていました。

新型カローラツーリング/セダン Sグレードの運転席まわりの機能や装備をチェック

ダッシュボードにステッチをあしらい高級感のあるデザインになっていた新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデルの”Sグレード”の内装・インテリアですが、ハンドルやシフトレバーなどの運転席まわりの装備や機能も充実していました。

そんな”Sグレード”の運転席まわりの機能や装備を確認したいと思います。

シルバーの加飾が眩しいSグレードのメーター

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”のメーターは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのメーター

“Sグレード”のメーターは、最廉価モデルの”GXグレード”と全く同じスピードメーターを中央に配した3眼式のアナログタイプを採用。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”とは異なり、スピードメーターのリング部分にシルバー塗装をあしらった上質感のあるデザインとなっていました。

グリップ感の良いハンドル&シフトレバー

新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”に採用されているハンドル(ステアリングホイール)&シフトレバーは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのハンドル(ステアリングホイール)

■Sグレードのシフトレバー

中間モデルの”Sグレード”では、高級感のある本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備。

本革巻きのハンドル・シフトレバーを備えると、運転席まわりの高級感がグッと増しますね。

また、一見するとサラサラとした見た目になっている本革巻きのハンドル・ステアリングホイールですが、グリップ感が良く、じんわりと手に馴染む感じが好印象でした。

電動パーキングブレーキ&オートブレーキを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドを標準装備。

■電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

また、ハンドルの左側にはワンタッチでエンジンを立ち上げることができるプッシュ式のエンジンスターターも備わっており、スムーズに発進/停車ができるクルマに仕上がっていました。

■プッシュ式のエンジンスターター

使い勝手の良いセンターコンソールボックス

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”の注目のアイテムの一つが、センターコンソールボックスです。

■Sグレードのセンターコンソールボックス

センターコンソールボックスの表面にシートと同じファブリック素材を採用しているのは、最廉価モデルの”GXグレード”と全く同じになっています。

ただ、中間モデルの”Sグレード”のセンターコンソールボックスは、スライド式となっており、使い勝手に優れたデザインになっていました。

■Sグレードのセンターコンソールをスライドした時の様子

フルオートエアコンを標準装備

新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”では、他のグレードと同様に液晶ディスプレイを備えたフルオートエアコンを標準装備しています。

■Sグレードに標準装備しているフルオートエアコン

標準装備のフルオートエアコンでも十分な機能を備えていますが、Sグレードでは、車内のカビやハウスダスト、たばこの煙などを検知して、自動的に空気を清浄するエアクリーンモニター&ナノイー付きのエアコンにオプションでアップグレードすることができますよ。

新型カローラツーリング/セダンのSグレードの後部座席の機能や装備をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”は運転席まわりの機能や装備は充実していましたが、後部座席まわりの装備や機能はイマイチ…。最廉価モデルの”GXグレード”と大差がありませんでした。

そんなSグレードの後部座席の機能や装備の特徴を紹介したいと思います。

後部座席用のUSBが用意されているのはハイブリッド車のみ

新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”の装備や機能でちょっと残念だったのは、後部座席用のUSBポートです。

この”Sグレード”では、後部座席用のUSBポートが用意されているのは、ハイブリッド車のみ。

■ハイブリッド車の後部座席用のUSBポート

残念ながら、ガソリン車のSグレードでは、後部座席用のUSBポートが標準装備されていません。また、オプションでも装着することができません。

標準装備は難しいまでも、せめてメーカーオプションでUSBポートを装着できるようにしても良かったのかもしれませんね。

後部座席のセンターアームレストが用意されているのは、ツーリングのみ

また、最廉価モデル”GXグレード”と同様に中間モデルの”Sグレード”でも、後部座席の中央にセンターアームレストが用意されているのは、ステーションワゴン仕様の新型カローラツーリング(Corolla Touring)のみです。

■センターアームレストの用意がないセダン車の後部座席

新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、後部座席の中央にセンターアームレストが用意されていないので、ご注意くださいね。

まとめ:落ち着いた大人っぽい雰囲気の車内空間を楽しめるSグレード

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

本革巻きのハンドルやシフトレバー、シルバー塗装をあしらったインサイドドアハンドルを備えるなど、中間モデルの”Sグレード”の内装・インテリアは、グッと上質感が増したような感じが…。

また、中間モデルのSグレードは、派手さのある最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とは違い老若男女を問わず愛される落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする