車内の雰囲気が全然違う!?新型エクリプスクロスの本革シートの実車画像レビュー

2018年3月、街中で映えるスタイリッシュなデザインが特徴のクーペSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

そんな三菱の新型SUVの注目ポイントの一つが、豪華な装備が盛り沢山の内装・インテリアです。

今回新発売された新型モデルでは、ヘッドアップディスプレイやスマートフォン連動ディスプレイオーディオなどを用意しており、競合車・ライバル車よりも未来感のある内装・インテリアになっていました。

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、メーカーオプションで本革シートを用意しております。

先日、この本革シートを備えたモデルを実際に見る事ができたのですが、標準装備のシートと全く異なるデザインに…。本革シートを備えたモデルの方は、上質さとスポーティーさを兼ね備えた雰囲気になっていました。

また、シート以外のパーツも本革仕様になっているのも好印象でした。

メーカーオプション設定になっている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の本革シートは、どのようなデザインになっているのでしょか?また、標準仕様の内装・インテリアとどのような違いがあったのか?

メーカーオプションになっている本革シートを装着した時の内装・インテリアを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの本革シート実車画像レビュー

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUVの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、メーカーオプションの本革シートにした時の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■本革シート仕様の内装・インテリア

ちなみに、こちらは、標準仕様のファブリックシートを備えたモデルの内装・インテリアです。

■新型エクリプスクロスの標準仕様の内装・インテリア

メーカーオプションの本革シートと標準仕様のファブリックシートを備えたモデルでは、内装の雰囲気やシートの質感が、全く異なりますよね。

標準仕様になっているこの新型モデルのファブリックシートは、サイドサイドにダブルのシルバーステッチを採用している事もあり、スポーティーさを感じるデザインに…。

ただ、高級感・上質感と言う点では、ファブリックシートよりもブラックの本革シートを採用したモデルの方がワンランクもツーランクも上。

車内の広さや先進装備を備えたインパネと相まって、本革シート仕様のモデルの運転席に座ると、ワンランク上のプレミアムSUVに乗っていと錯覚をしてしまうくらいの豪華さ&高級さがありました。

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の本革シートを見て印象的だったのは、ステッチのカラーです。

このようにこの本革シートでは、オレンジがかったアンバー色のステッチをワンポイントアクセントに使用しており、SUVらしいアクティブなデザインになっているのも、個人的にはお気に入りのポイントでした。

本革シートに変更すると、内装の様々なパーツに違いが…

また、メーカーオプション設定になっている本革シートに変更すると、シート以外のパーツの仕様も変更されます。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の本革シート仕様と標準仕様の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

違い1:センターコンソールのデザイン

今回新発売された三菱の新型SUVの標準仕様とメーカーオプションの本革仕様の内装・インテリアの大きな違いの一つが、センターコンソールのデザインです。

標準装備されてる新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のセンターコンソールは、このようなシルバーのステッチが施されたデザインになっていました。

■新型エクリプスクロスの標準仕様のセンターコンソール

しかし、メーカーオプションの本革シート仕様に変更をすると、センターコンソールのステッチのカラーがオレンジがかったアンバーカラーに…。

■新型エクリプスクロスの本革シート仕様のセンターコンソール

本革シート仕様のセンターコンソールに使用されている素材はソフトパッドとなっており、標準仕様と違いはありません。ただ、ノーマルモデルよりもスポーティーな印象のセンターコンソールになっているように感じました。

違い2:ドア内側パネルのデザイン

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のシートを本革シートに変更すると、ドア内側パネルのデザインにも違いがありました。

■標準シート仕様のドア内側パネル

■本革シート仕様のドア内側パネル

本革シート仕様と標準仕様で大きく異なるのは、ドアトリム部分です。

標準仕様では、このドアトリム部分に使用されている素材がファブリックになっているのに対し、本型シート仕様では、レザー調のソフトパッドに…。

■標準シート仕様のドアトリム

■本革シート仕様のドアトリム

なので、ドアアームレストに腕を置いた時の感触は、当たり心地がソフトな本革シート仕様の方が良いように感じました。

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の本革シート仕様と標準仕様では、ドア内側パネルのアームレスト部分のステッチのカラーにも違いが…。メーカーオプション設定になっているの本革シート仕様の方がスポーティーなデザインになっていました。

■標準シート仕様のドア内側パネルアームレスト

■本革シート仕様のドア内側パネルアームレスト

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のメーカーオプションの一つでもある”本革シート”を装着した際の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

また、本革シートシート仕様にすると、センターコンソールやドア内側パネルのデザインにも違いがあり、標準シートの仕様よりもスポーティーさと高級さを兼ね備えたデザインになっていました。

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている本革シートのオプション価格は、24万8400円と、ちょっと高めの価格設定になっています。

ただ、本革シートでは、標準仕様では搭載されていない様々な機能や装備も用意されております。なので、このオプションを付ける価値は十分にあるのかなと、個人的には思いました。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする