新型エクリプスクロスのおすすめのグレード【モデル選びの決め手になる装備とは?】

アグレッシブなフロントマスクと流麗なクーペフォルムが特徴のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月にデビューをしました。

現在、街乗りにピッタリなコンパクトSUV市場は特に人気が高く、日本国内だけでもトヨタのCHR/C-HRやホンダのヴェゼルなど強力なライバルが…。

ただ、三菱から新発売されたこの新型SUVは、後部座席のスライド機能やタッチパッドなど、競合車には無い魅力的な装備や機能を多数用意。ライバル車に勝るとも劣らない商品力や魅力を備えていました。

>>>  新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

そんな三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”を購入する際に悩むのは、グレード選びです。

この新型モデルは、最廉価モデルの”Mグレード”でも十分な機能や装備を備えているので…。

今回、三菱からデビューをした新型SUVは、3つのグレードを用意していますが、どのグレードがおススメなのでしょうか?また、グレード選びをする際、注意をしなければいけないポイントは、何だのでしょうか?

2018年3月にデビューをしたこの新型モデルのおすすめのグレードは何なのか?詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスのおすすめのグレードは何?注目ポイントも紹介

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、グレード設定はとてもシンプルになっており、次の3つのグレードをラインナップしています。

■新型エクリプスクロスのグレード設定
・Mグレード
車体本体価格:253万2600円(2WD) / 274万8600円(4WD)
・Gグレード
車体本体価格:270万6480円(2WD) / 292万2480円(4WD)
・Gプラスパッケージ
車体本体価格:287万9280円(2WD) / 309万5280円(4WD)

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、ご覧の通り、3つのグレードを用意しておりますが、全グレード共通して1.5リットルターボエンジン&CVTの組み合わせとなっております。

つまり、グレード間で走破性や乗り心地に違いため、装備と価格が、グレード選びの決め手となります。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の中で、特におススメのグレード、また、グレード選びをする際に注意をしなければいけないポイントを紹介します。

3つのグレードの中で、まず最初に購入候補から外れるのは…

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の3つのグレードの中から一番最初に購入候補から外れるのは、最廉価モデルの”Mグレード”です。

先ほども簡単に紹介した通り、今回新発売された新型モデルの”Mグレード”は、最廉価モデルとしては、十分な機能・装備を備えています。また、Mグレードでも本革巻きのステアリングホイールやパドルシフトを備えるなど、内装・インテリアの安っぽさも感じません。

■新型エクリプスクロスのMグレードの主な機能&装備
・ハロゲンヘッドライト
・16インチアルミホイール
・本革巻きステアリングホイール
・パドルシフト
・左右独立温度調節機能付きのフルオートエアコン
・衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
・車線逸脱警報システム(LDW)
・前進&後退時 誤発進抑制機能

ただ、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のMグレードは、GグレードやGプラスパッケージと比較すると、機能やグレードが劣る部分も…。

例えば、GグレードやGプラスパッケージのクルーズコントロール(クルコン)は、前走車を検知して、自車のスピードを調整する追従するタイプを採用しているのに対し、このMグレードは、設定したスピードで走行するのみのシンプルなタイプになっています。

また、Mグレードは、7インチの純正ナビ”MMCS”や本革シートなどのメーカーオプションを装備する事もできません。

■新型エクリプスクロスの本革シート

>>> 車内の雰囲気が全然違う!?新型エクリプスクロスの本革シートの実車画像レビュー

このような違いを考えると、上位モデルよりも機能や装備が劣るMグレードをわざわざ選ぶ必要はないのかなと思いました。

GグレードとGプラスパッケージ【グレード選びの決め手になる装備とは?】

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、中間グレードの”Gグレード”と”Gプラスパッケージ”では、どちらの方がおススメなのでしょうか?

正直に言って、”Gグレード”・”Gプラスパッケージ”どちらも装備・機能が充実しているので、どちらを選んでも満足できると思います。

そこで、この2台のモデルのグレード選びで決め手なるのは、スマホ/iPhoneと接続して使用をする機能”スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)とナビです。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA仕様にした時とナビ仕様にした時のおススメのグレードを紹介したいと思います。

ちなみに、この新型モデルに用意されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)って何?って方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

>>> 新型エクリプスクロスのSDAって何?特徴やメリットをわかりやすく紹介

SDAを選択すると、グレードは自然と一択に…

今回新発売されたこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の注目機能の一つでもあるスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)は、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”の専用の装備となっています。

■新型エクリプスクロスのSDA

また、メーカーオプション設定になっていないため、Gグレードなど他のグレードに装備する事ができません。

なので、もしスマホ/iPhoneとUSB接続をして使用する事ができるスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を装着するのなら、自然とGプラスパッケージの一択となります。

ナビを装着時のおすすめのグレードは?

新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデルの”Gプラスパッケージ”に標準装備されているスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)ではなく、ナビを装着する際のおススメのグレードは何なのでしょうか?

この時に注目をしないといけないのは、純正ナビ”MMCS”と市販ナビのどちらを搭載したいかと言う事です。

■新型エクリプスクロスの純正ナビMMCS

純正ナビ”MMCS”の装着を考えている方に一番のおすすめグレードは、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデルの”Gプラスパッケージ”です。

中間グレードの”Gグレード”でも純正のナビ”MMCS”を装着する事ができますが、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”の方が後側方車両検知警報システム”や”後退時車両検知警報システム”など、安全装備が充実しているからです。

ただ、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデルの”Gプラスパッケージ”は、スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を装着したモデル、もしくは、純正のナビ”MMCS”を装着したモデルしか選ぶ事ができません。

つまり、Gプラスパッケージの場合、アルパイン(ALPINE)やカロッツェリア(carrozzeria)などの市販のナビを装着する事ができません。

なので、アルパイン(ALPINE)などの市販のナビを装着したい場合は、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”ではなく、中間グレード”Gグレード”が自然とおすすめグレードに…。

このように今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、純正ナビor市販ナビによってもおススメできるグレードが変わってくるので、注意してくださいね。

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、中間モデルの”Gグレード”、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”はどちらも機能や装備が充実しているので、どちらのモデルもおススメできます。

そこで、グレード選びの決め手となるのが、ナビ/SDAです。

例えば、スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を装着したいのなら、最上位モデル”Gプラスパッケージ”を選ぶしかありません。逆に市販のナビを選びたいのなら、Gグレードを選ぶしかありません。

このように今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、ナビ選びに制限があるので、「どのグレードを購入したいか」と言うよりも、「どのナビを装着したいか」を最重要視して、考えるのが良いのかなと思いました。

そうすると、自然とあなたにピッタリなグレードが決まってくると思いますよ。

ちなみに、中間モデルの”Gグレード”にメーカーオプションの純正ナビ”MMCS”を装着すると、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”よりも乗り出し価格は高くなる場合があるので、ご注意を…。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする