新型エクリプスクロスのインパネ【先進装備など注目ポイントを徹底解剖】

スポーティーなクーペとチカラ強さが特徴のSUVを融合させたクロスオーバー車新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月、三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、三菱のクルマの特徴でもあるダイナミックシールドをフロントマスクに備えており、存在感のあるデザインになっていました。

>>> 新型エクリプスクロスの外装レビュー【実車画像で新型車の魅力を徹底解剖】

また、この新型モデルの実車を見て印象的だったのが、インパネのデザインです。

今回新発売された新型モデルのインパネ・内装は、クーペスタイルの見た目に合わせてスタイリッシュなデザインに…。また、この新型モデルのインパネは、先進の装備が充実しており、未来感のあるデザインになっていました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のインパネ・内装は、どのような魅力&特徴があるのでしょか?また、この新型モデルに備わっている先進装備の使い勝手・操作性は、どうだったのでしょうか?

三菱からデビューをした新型SUVの内装・インパネの特徴や魅力を徹底的にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスのインパネの実車画像レビュー

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのインパネ
グレード:Gプラスパッケージ

今回新発売された新型モデルのインパネは、悪路を走行時や横揺れ時に車体の傾きを把握しやすくするために水平基調のデザインを採用。

走破性にこだわった三菱のSUVらしいインパネのデザインになっているように感じました。

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のインパネのデザインに目を移してみると、センターコンソールの脇に施された高輝度シルバーの加飾が印象的に映ります。

センターコンソール部分には、ピアノブラック調のパネルも使用されており、この新型モデルのインパネは、スポーティーさと高級感を兼ね備えたデザインになっているように感じました。

このようなデザインになっているこの新型モデルのインパネですが、各パーツや装備は、どのようになっているのでしょうか?

実車画像を使って、インパネに備わっている各パーツや装備を詳しく見ていく事にしましょう。

ハンドルにはパドルシフトを標準装備

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのハンドル

今回新発売された新型モデルでは、全グレード本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

グリップ感も良く、パワーステアリングの重さも丁度よく、運転がしやすいデザインになっているように感じました。

またハンドル・ステアリングホイールの左右には、ステアリングスイッチを標準装備。

■新型エクリプスクロスのステアリングスイッチ

ハンドルの左側には、オーディオの操作やカメラの切り替えスイッチ、ハンズフリー通話などの操作を行えるスイッチを、右側には、クルーズコントロールの設定スイッチを搭載。

ステアリングスイッチのボタンも大きいため、操作性・使い勝手は、比較的良いように感じました。

ついつい操作したくなってしまうパドルシフト

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のハンドル・ステアリングホイールで良いと思ったのは、パドルシフトです。

■新型エクリプスクロスのパドルシフト

パドルシフト自体は、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)などの競合車・ライバル車にも搭載されており、それ程珍しい機能ではありません。

ただ、競合車・ライバル車と異なり、この新型モデルのパドルシフトは、金属製に…。
触れた時の感触がとても良く、ついつい操作がしたくなる本格的なデザインになっているように感じました。

スポーティーさが漂う満足度の高いシフトレバー

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのシフトレバー

この新型モデルのシフトレバーは、ブラックのステッチが入ったブーツ付き。
競合車・ライバル車よりもスポーティーさが漂うデザインになっているように感じました。

ただ、この新型モデルでちょっと残念だったのは、強いエンジンブレーキがかかる”Bレンジ”などが用意されていない無かった事です。

エンジンブレーキ自体は、シフトアップ/ダウンを行えるマニュアルモードやパドルシフトで掛けることができますが、個人的には、パドルシフトなどを使用しない人のためにも”Bレンジ”を用意しても良かったのかなと思いまいした。

上位モデルのG系グレードでは運転をラクにしてくれる機能が…

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の上位モデルのGグレード/Gプラスパッケージでは、電動式のパーキングブレーキ、また、信号待ちでブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールを標準装備。

このような便利な機能が充実しているのも、この新型モデルの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

4WD車には専用のスイッチが…

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の4WD車では、現行型のアウトランダーにも採用されている”S-AWC(Super-All Wheel Control)”を搭載。

そして、シフトレバーの右側には、3つの中から任意のドライブモードを選択する事ができる”S-AWDドライブモードセレクター”を搭載しております。

■S-AWDドライブモードセレクター

■新型エクリプスクロスに用意されているドライブモード
・ノーマル(NORMAL)
・スノー(SNOW)
・グラベル(GRAVEL)

この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の4WD車に搭載された”S-AWD”は、運転手がステアリング操作やペダル操作を行った際、自動車側が運転手の意図を先読みし、正しいラインを走行できるように検知&制御してくれます。

なので、滑りやすい雪道などの悪路、オフロードでも、安心して走行できるようですよ。

競合車には無いヘッドアップディスプレイも標準装備

また、エンジンのオン/オフに連動してダッシュボードの上段に現れるヘッドアップディスプレイ(HUD)も、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の注目装備の一つです。

■新型エクリプスクロスのヘッドアップディスプレイ

今回新発売されたこの新型モデルに搭載されたヘッドアップディスプレイ(HUD)では、車速以外にもクルーズコントロールの設定状況、車線逸脱機能などの作動状況など様々な情報を表示してくれます。

個人的には、フロントガラスにそのまま車速などを表示してくれる方が好みなのですが、僅かな視線の移動で様々な情報を得られるで、意外と重宝するのかなと思いました。

ちなみに、三菱のクルマでヘッドアップディスプレイ(HUD)が搭載されたのは、このクルマが初めてのようですよ。

手元で操作をできるスマホ連携ナビ&オーディオ

また、スマホ/iPhoneと連動して使用する事を前提とした機能”SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)”も注目の装備の一つです。

■エクリプスクロスのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ

ダッシュボード中央上段に設置されたSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の画面サイズは7インチとなっており、一般的なナビと比較してしまうと、若干小さめ…。

ただ、スマートフォンやiPhoneをUSBで接続すれば、このSDAでハンズフリーフォンや地図アプリを活用したナビゲーションシステム、ミュージックやショートメッセージが操作できるようになり、使い勝手はとても良いです。

また、このSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)を備えると、センターコンソールにタッチパッド式のコントローラーも搭載されます。

■新型エクリプスクロスのタッチパッド

私も実際に手元にあるタッチパッドを使って、SDAの画面操作を試してみたのですが、ディスプレイに手を伸ばして操作をするタッチスクリーンの時よりも何十倍も操作がラクになった感じが…。

指の動きに対するディスプレイのレスポンスも良く、このタッチパッドに慣れてしまうと、普通のタッチスクリーンには戻れないなと感じてしまうくらいの操作性の良さでした。

ちなみに、このSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”で標準装備になっているのですが、オプションで普通のナビに変更する事も可能ですよ。

また、SDA仕様とナビ仕様では、内装・インテリアのデザインや機能が若干異なるので、注意をしてくださいね。

ハンドルの右側にはスイッチ類が…

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のハンドル・ステアリングホイールの右側には、予防安全装備やアイドリングストップの解除スイッチ、ヘッドアップディスプレイの開閉&調節スイッチを標準装備。

■新型エクリプスクロスのスイッチ類

また、インパネの中央下には、燃費重視の制御にするエコモードボタンを標準装備。

■新型エクリプスクロスのエコモードスイッチ

ただ、このエコモードスイッチは、運転席からちょっと遠いため、操作がしにくい感じが…。

個人的には、エコモードスイッチは、センターコンソール部分などもう少し操作しやすい位置に設置して貰いたかったです。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”のインパネ・内装は、このように高級感とスポーティーさを兼ね備えたデザインになっていました。

また、SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)やタッチパッド、ヘッドアップディスプレイなど競合車・ライバル車には無い先進的な機能が備わっているのが印象的でした。

この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に搭載されているSDAやタッチパッド、ヘッドアップディスプレイは、使い勝手・操作性もかなり良いです。(SDAは、画面の小ささが少し気になりましたが…)

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、これらの先進装備の使い勝手や操作性を確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする