新型ソルテラのET-HSグレードの見積もり【ET-SSとの乗り出し価格の差は?】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ET-HSグレードとET-SSグレードの2種類のグレードを用意しています。

先日、この新型モデルの見積もりを貰ってきたのですが、やっぱり高い!

また、上位モデルに位置をするET-HSグレードとET-SSグレードでは、見積もりの金額に大きな差がありました。

そんな新型モデルのET-HSグレードの見積もり金額は、どれくらいだったのでしょうか?また、下位モデルに位置をするET-SSグレードとの乗り出し価格の差は、どれくらいだったのでしょうか?

私がもらってきた新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルET-HSグレードの見積もり、下位モデルET-SSグレードとの乗り出し価格の差を紹介したいと思います

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのET-HSグレードの見積もり【乗り出し価格はいくら?】

こちらが、今回、私がもらってきた新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデル”ET-HSグレード”の見積もりです。

■新型ソルテラのET-HSグレードの見積もり

ボディカラーはホワイト×ブラックのツートンカラーを選択

今回デビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、モノトーン6色、ツートンカラー5色、あわせて11色のボディカラーを用意しています。

見積もりをもらう時にボディカラーについても色々と伺ったのですが、ディーラーさん曰く、ホワイトやブラックなどの定番色に加え、カタログの表紙などにも使用されているハーバーミストグレーパールの人気も高いようです。

■新型ソルテラのハーバーミストグレーパール

ただ、今回の見積もりでは、定番のプラチナホワイトパールマイカ×ブラックのツートンカラー(特別塗装料:8万8000円)を選びました。

■新型ソルテラのプラチナホワイトパールマイカ×ブラック

メーカーオプションではサンルーフなどを装着

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデル”ET-HSグレード”は、サンルーフなど3種類のメーカーオプションを装着することができます。

■新型ソルテラのET-HSに装着できるメーカーオプション

・ソーラーパネル(ソーラールーフ)
・サンルーフ(パノラマムーンルーフ)
・ルーフレール

航続可能距離を伸ばすことができるソーラーパネルが少し気になっていたのですが、2022年度の生産台数の上限に達してしまったため、現在、注文をすることができないとのこと。

■新型ソルテラのソーラーパネル

なので今回は、開放感のある車内空間にしてくれるサンルーフ(パノラマムーンルーフ)を装着。

■新型ソルテラのサンルーフ

また、SUVらしい見た目を強調してくれるルーフレールの装着もお願いしました。

■新型ソルテラのルーフレール

■今回の見積もりでお願いをしたET-HSのメーカーオプション

ディーラーオプションは基本的なアイテムのみ装着

また、今回の新型ソルテラ(SOLTERRA)の見積もりを作ってもらうにあたり、お願いをしたディーラーオプションは、このようになっています。

■今回の見積もりでお願いをしたET-HSのディーラーオプション

この新型モデルは、撥水加工をほどこしたマットで荷室・ラゲッジスペースをカバーしてくれる”カーゴソフトトレーマット”や、車内のナビに映像を出力することができるHDMI入力端子など様々なアイテムをディーラーオプションで用意しています。

ただ、今回の見積もりでは、フロアマットやドアバイザー、ナンバープレートロックなどがセットになったベースきっとやドライブレコーダーなど、基本的なアイテムのみをお願いすることにしました。

新型ソルテラのET-HSの乗り出し価格は750万円オーバー

今回、ホワイト×ブラックのツートンカラーを選び、また、サンルーフやルーフレールなどをメーカーオプションで装着してもらったのですが、私がもらった見積もりの金額は、このような感じになっていました。

■新型ソルテラのET-HSグレードの見積もり

私がもらった新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデル“ET-HSグレード”の見積もり金額は約759万円となっています。

現在、この新型モデルを購入すると、国から出る補助金85万円を差し引いたとしても、ET-HSグレードの乗り出し価格は約674万円と、ミドルクラスSUVの中では、かなり高額な部類になっていました。

充電設備の設置台もかかる

また、自宅に駐車している時に新型ソルテラ(SOLTERRA)に充電を行うには、充電設備を設置する必要があります。

ディーラーさん確認したところ、この充電設備も安いもので約20万前後、高いものだと100万円くらいするものもあるそうです。

乗り出し価格が高いだけではなく、このように充電設備の設置にもお金がかかるのも、電気自動車の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

新型ソルテラのET-SSグレードの見積もり【ET-HSとの乗り出し価格の差は?】

一方、こちらは、新型ソルテラ(SOLTERRA)の下位モデルに位置をするET-SSグレードのAWD(4WD)仕様の見積もりです。

■新型ソルテラのET-SSグレードの見積もり

ボディカラー&オプションは全く同じ

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は下位モデルのET-SSの見積もりを作ってもうらにあたって、ボディカラーは、ET-HSグレードと全く同じプラチナホワイトパールマイカ×ブラックのツートンカラーにしました。

■ET-HSグレードのホワイト×ブラックのツートンカラー

また、メーカーオプション&ディーラーオプションも、上位モデルのET-HSグレードと全く同じにしました。

■ET-SSグレードのメーカーオプション

■ET-SSグレードのディーラーオプション

ただ、新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-HSとET-SSグレードでは、ディーラーオプションのベースキットの価格に若干の違いがありました。

新型ソルテラのET-SSグレードの乗り出し価格は約713万円

上位モデルのET-HSグレードとできる限り同じ条件にした時の新型ソルテラ(SOLTERRA)の下位モデルET-SSグレードの乗り出し価格は、次のようになっていました。

■ET-SSグレードのAWDの乗り出し価格

下位モデルに位置をするET-SSグレードのAWD仕様の乗り出し価格は、約713万5000円。

ET-SSグレードのAWD仕様の車体本体価格が638万円なので、乗り出し価格で700万円を切ることを期待していたのですが、サンルーフやルーフレールなどを装着すると、思ったよりも高くなるなと思ってしまいました。

ET-HSグレードとの乗り出し価格の差は約45万円

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルET-HSグレードと下位モデルに位置をするET-SSグレードのAWD仕様の乗り出し価格の差を比較してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラのET-HSとET-SSの乗り出し価格の差

この2台のモデルの乗り出し価格の差は、約46万円5000円。

ただ、新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-HSグレードは本革シートを採用しているため、下位モデルのET-SSグレードよりも高級感&上質感がただよう内装・インテリアになっているんですよね。

■ET-HSグレードの内装・インテリア

■ET-SSグレードの内装・インテリア

また、ハーマンカードンサウンドシステムやリヤフォグランプが標準装備されるなど、上位モデルのET-HSグレードの方が機能&装備が充実しています。

■新型ソルテラのハーマンカードンサウンドシステム

せっかく700万円を超える高級車を購入するのなら、「機能や装備が充実しているだけではなく、高級感&上質感を味わえる上位モデルのET-HSグレードの方が良いな。」と。思ってしまいました。

まとめ:ミドルクラスSUVの中でも特に高い新型ソルテラET-HSグレード

2022年5月にデビューをはたした新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-HSグレードの見積もりをもらって、乗り出し価格を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラのET-HSグレードの見積もりのまとめ

・ET-HSグレードの見積もり金額は約760万円
・ET-SSグレードとの乗り出し価格の差は約46万円
・別途、充電設備の設置台が必要
・国から85万円の補助金が支給される
※補助金は予算の上限に達すると終了の可能性があり。

今回デビューを果たした新型モデルの上位グレードET-HSグレードの乗り出し価格は約760万円となっており、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの高さに…。

また、下位モデルのET-SSグレードのAWD仕様と比較すると、ET-HSグレードの方が46万円ほど高くなっています。

ただ、機能や装備、車内の高級感を比べると、上位モデルのET-HSグレードの方が満足感が高くて良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、下位モデルに位置をするET-SSグレードよりET-HSグレードの方が売れ行きは良いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02