電気自動車らしい機能も!新型ソルテラのエアコンの性能や使い勝手を徹底チェック

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、使い勝手が良いフルオートエアコンを全グレードに標準装備しています。

また、この新型モデルのエアコンには、電気自動車らしい機能も…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルのエアコンは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、後部座席のエアコンの効き具合は、どうだったのでしょうか?

スバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)に用意されているエアコンの性能&使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのエアコンは使いやすい?【デザイン&機能性をチェック】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのエアコン

デザイン性と使いやすさを兼ね備えたエアコンパネル

この新型モデルのエアコンの特徴の一つは、デザイン性の高さです。

この新型モデルのエアコンパネルは、タッチパネルをベースにしているのですが、運転中の操作性の悪さが欠点&デメリットなんですよね。

そこで、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、風量や温度の設定に操作がしやすいトグルスイッチを採用。

新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンパネルは、タッチパネルの欠点を見事に解消し、見た目のデザイン性と使い勝手の良さを兼ね備えていました。

新型ソルテラのエアコンは機能も充実

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンは、機能も充実しています。

その一つが、左右独立式の温度調整機能です。

この新型モデルは、運転席と助手席で別々に温度調整をすることができる左右独立式の温度調整機能を全グレードに標準装備しています。

また、スマホのアプリを通じて、車外からエアコンのON/OFFをすることができるリモートエアコンも用意しています。(※リモートエアコンの仕様には別途サービス料がかかります)

このように機能や装備が充実しているのも、この新型モデルのエアコン/ヒーターの魅力の一つなのかなと思いました。

電気自動車ならではのオールオート機能を搭載

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンの注目ポイントの一つが、オールオート(ALL AUTO)モードです。

この新型モデルでは、エアコンパネルの右側に用意されている”ECO”と書かれたスイッチを押すと、外気温や車室内温度などに応じて、エアコンやシートヒーター、ステアリングヒーターなどを自動制御し、航続距離延長と快適な状態を両立してくれます。

■新型ソルテラのオールオート スイッチ

エアコンやヒーターを使用すると、航続可能距離が短くなるのが電気自動車の欠点&デメリットの一つですが、快適性を維持したまま、航続可能距離が短くならないよう制御してくれるのは、かなり助かりますよね。

このオールオート(ALL AUTO)モードは、航続可能距離の長さが気になる長距離ドライブ時には、非常に重宝をする機能になりそうですね。

グレードでエアコンパネルのデザインが異なる

また、2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ET-SSグレードとET-HSグレードの2つのグレードを用意しているのですが、グレードでエアコンパネルのデザインが若干異なります。

上位モデルET-HSグレードは、真夏の暑い日に重宝をするシートベンチレーション機能のスイッチをエアコンパネルの左右、シートヒータースイッチの下の部分に用意。

■新型ソルテラのシートベンチレーション スイッチ

シートベンチレーション機能を搭載していない下位モデルのET-SSグレードとは、若干異なるデザインになっているので、ご注意くださいね。

新型ソルテラのエアコンの性能は?【快適性&風量などをチェック】

このように操作性&機能性に優れているデザインをしている新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンですが、快適性や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実際にこの新型モデルのエアコンを使った感想を紹介したいと思います。

7段階から風量を調節できるパワフルなエアコン

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコン/ヒーターでまず初めに驚いたのは、パワフルさです。

この新型モデルのエアコン/ヒーターの風量は7段階から調整できるようになっており、一番強くすると、ヴォォォ~~と言う音と共にパワフルな風を後部座席まわりまで送り届けてくれます。

エアコン/ヒーターの風量を一番強くすると、航続可能距離が短くなるという欠点&デメリットはありますが、車内の温度を一気に下げることができるパワフルなエアコンを備えているのは好印象でした。

人に直接当てない優しい吹き出し口

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンで印象的だったのは、フロントシートまわりの吹き出し口(送風口)のデザインです。

この新型モデルは、他のダッシュボードの左右&中央あわせて4つの吹き出しを用意しているのですが、左右の吹き出し口(送風口)は、縦に長いデザインになっているんですよね。

■新型ソルテラのダッシュボード左右の送風口

そのため、吹き出し口のフィンを自分に向けずにまっすぐにすると、体にエアコンの風がほとんど当たりません。

最近、エアコンの風を直接体に当てるのは、良くないって耳にしますよね。

この新型モデルに用意されているエアコンの吹き出し口は、エアコンの風を乗車している人に直接あてないための配慮なのかもしれませんね。

新型ソルテラは後部座席も快適

また、今回デビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、センターコンソールの後方に後部座席用の吹き出し口(送風口)を用意しています。

■新型ソルテラの後部座席用の吹き出し口

後部座席用の吹き出し口は、特別な加飾がない非常にシンプルなデザインになっているのが、少々残念です。

ただ、後部座席に乗車する人のためのエアコン/ヒーターの吹き出し口が用意されているのは、非常に嬉しいですよね。

また、この新型モデルの後部座席にはシートヒーターも標準装備されており、ヒーターとシートヒーターを両方使えば、真冬の寒い日も快適に過ごすことができると思いますよ。

■新型ソルテラの後部座席のシートヒータースイッチ

まとめ:航続可能距離と快適性の両立を追求している新型ソルテラのエアコン

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコン/ヒーターの性能や使い勝手、快適性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラのエアコンのまとめ

・フルオートエアコンを標準装備
・リモートエアコンなど機能も充実
・すべての自動制御するオールオート機能を搭載
・後部座席にも吹き出し口を用意

今回デビューを果たした新型モデルは、タッチパネルとトグルスイッチを組み合わせたスタイリッシュなデザインのフルオートエアコンを全グレードに標準装備。

エアコンだけではなく、シートヒーターやステアリングヒーターなどすべてを自動制御することができるオールオート機能など電気自動車ならではの機能も用意されており、航続可能距離と快適性の両立しているのが好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02