スバルっぽさが良い!新型ソルテラのハンドルのデザイン&操舵感を徹底解説

2022年5月にデビューを新型ソルテラ(SOLTERRA)は、トヨタと共同開発したこともあり、他のスバル車とは一線を画したクルマに仕上がっています。

ただ、ハンドル・ステアリング関しては、スバル専用のチューニングがほどこされていることもあり、良い意味でスバルっぽさが…。

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのよなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのハンドルの操舵感は、どうだったのでしょうか?

スバルからデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドルのデザインや装備、操舵感を確認してきたので、徹底解説します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのハンドル【デザイン&使い勝手をチェック】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのハンドル・ステアリングホイール

また、この新型モデルに用意されているハンドル・ステアリングホイールは、次のような特徴&魅力がありました。

本革巻きのハンドルを全グレードに標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、ET-HSグレードとET-SSグレードの2つのグレードを用意していますが、どちらも本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

トップマウントメーターやタッチパネル式のエアコンパネル、ダイヤル式のシフトレバーとの相性も良く、高級感&上質感ただようコクピットを演出していました。

新型ソルテラのみに搭載されているパドルシフト

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールで注目なのが、ハンドルの左右の付け根に備わっているパドルシフトです。

■新型ソルテラのパドルシフト

の新型モデルは、トヨタのbZ4Xと兄弟車なのですが、回生力の強さを手元で調節することができるパドルシフトを用意しているのは、新型ソルテラ(SOLTERRA)のみなんですよね。

なので、この新型モデルは、急こう配の下り坂も安心して運転をすることができます。

このようにトヨタのbZ4Xには用意されているない機能や装備が用意されているのも、このこの新型モデルの魅力の一つですよ。

ちなみに、この新型モデルでパドルシフトが標準装備されているのは、ET-HSグレードとET-SSグレードのAWD仕様のみなので、ご注意を…。

快適装備も充実

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ハンドルのグリップ部分をじんわりと温めてくれるステアリングヒーターを標準装備。

■新型ソルテラのステアリングヒーター スイッチ

先日、この新型モデルを試乗した時にステアリングヒーターも使用してみたのですが、ハンドルのグリップ部分すべてを温めてくれるため、どこ部分を握ってもステアリングヒーターの温かさを感じることができます。

また、この新型モデルには、エアコンやシートヒーター、ステアリングヒーターをすべて自動制御してくれるオールオート機能を備えており、真冬の寒い日も快適に過ごせるようになっているのも好印象でした。

ハンドルのサイズは小さめ

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールで印象的だったのは、大きさです。

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールの直径は約358mmとなっており、フォレスター(Forester)など他のスバル車よりも一回り小さくなっています。

そのおかげもあり、この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、ダッシュボードの上面に設置してあるトップマウントメーターを妨げません。

また、の新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは小径の影響もあり、反応が非常にクイックで、スバルらしいシャープなハンドル操舵感になっていました。

ステアリングスイッチの操作性はイマイチ

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアrんぐホイールの左右には、様々な操作を行うことできるステアリングスイッチが備わっています。

ハンドル・ステアリングホイールの左側には、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目の切り替えスイッチを搭載。

■新型ソルテラの左側のステアリングスイッチ

また、ナビやオーディオ、エアコンなどを音声で操作することがっできる音声認識機能のスイッチもハンドルの左側に用意されています。

一方、ハンドル・ステアリングホイールの右側には、クルーズコントロール(クルコン)の機能だ設定を行うスイッチを搭載。

■新型ソルテラの右側のステアリングスイッチ

ただ、この新型モデルのステアリングスイッチはサイズが小さいため、あまり操作性は、よくありません。

また、マルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチも、ダイヤル式ではなく、ボタン式になっているのも気になるところでした。

新型ソルテラのハンドル【操舵感をチェック】

見た目のデザイン性だけではなく、機能も充実しているスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールですが、操舵感&操作性もイメージしていたのと違いがありました。

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールの操舵感は、どのような感じだったのでしょうか?実際に試乗をした感想を紹介したいと思います。

新型ソルテラのハンドルの操舵感は重め

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、トヨタとの共同開発と言うこともあり、ハンドル・ステアリングは、トヨタらしい軽めの操舵感になっていると思っていたんですよね。

しかし、この新型モデルを実際に運転をしてみると、ズシッとした手ごたえのある重めの操舵感に…。

初めてスバルのクルマを運転した方は、「少し重すぎる…。」と感じるかもしれませんが、良い意味でスバルっぽい乗り味に…。

と、言うのも、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のサスペンションなどは、兄弟車のトヨタのbZ4Xとは違う専用のチューニングがほどこされているようなんですよね。

なので、今までスバルのクルマを乗り継いできた人にとっては、この新型モデルは、違和感なく乗れるクルマに仕上がっています。

私自身も、「電気自動車になって、スバルらしさがなくなってしまったら嫌だな…」と思っていました。ただ、実際にこの新型モデルを運転してみたところ、電気自動車の新型ソルテラ(SOLTERRA)でも、スバルらしさを感じることができて、非常に満足でした。

ちなみに、トヨタからデビューを果たした兄弟車bZ4Xは、この新型モデルよりも少し柔らかめの乗り心地になっています。

なので、新型ソルテラ(SOLTERRA)とbZ4Xのどちらを購入しようか迷っている方は、乗り心地が自分にあっている方のクルマを選んでも良いかもしれませんね。

ハンドル操舵に対する反応の良さも魅力の一つ

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)を試乗して驚いたのが、ハンドル操舵に対するレスポンスの良さです。

この新型モデルは、ハンドル・ステアリングホイールの操舵に対する反応が非常にシャープで、キビキビとしたダイレクト感がある運転を楽しむことができます。

しかも、この新型モデルのハンドル・ステアリングは他のスバル車よりも小径のため、シャープさが増していいるような感じが…。

エコな電気自動車とは思えないスポーティな走りを楽しめるのも、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:機能性&操作性に優れている新型ソルテラのハンドル

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザイン&操作性になっていました。

■新型ソルテラのハンドルのまとめ

・本革巻きのハンドルを全グレードに標準装備
・パドルシフトやステアリングヒーターなど機能も充実
・他のスバル車よりもハンドルサイズは小さめ
・専用チューニングで操舵感は重め

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、路面の状態ながわかりやすい重めの操舵感に…。

この新型モデルを少し運転するだけで、”スバルっぽい”と実感することができるハンドルの操舵感&乗り心地になっているのが好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、スバル車らしさを味わえる新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドルの操舵感にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02