オシャレで先進的!新型ソルテラのインパネのデザイン&装備を実車画像で徹底解説

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つは、トップマウントメーターやダイヤル式のシフトレバーなど先進性あふれるアイテムを備えたインパネ・ダッシュボードです。

また、機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

今回デビューを果たした新型モデルのダッシュボード・インパネは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのインパネには、どのような装備&アイテムが備わっているのでしょか?

実写画像を使って、新型ソルテラ(SOLTERRA)のダッシュボード&インパネのデザインや装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのインパネ&ダッシュボード【デザインの特徴や魅力をチェック】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのインパネ

ブラック基調のインパネを採用

この新型モデルは、ET-SS/ET-HSの2つグレードを用意しており、内装・インテリアのカラーが異なります。

■ET-SSグレードの内装色:ブラック

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

■ET-HSグレードの内装色:ブラウン

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

ただ、どちらのモデルを選んでも、インパネはブラックをベースにしたカラーになっていました。

インパネの加飾にはファブリック素材を採用

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のインパネ・ダッシュボードの加飾には、合成レザーやシボなどではなく、ブラックのファブリック素材を採用。

■ファブリックがあしらわれている新型ソルテラのダッシュボード

そのおかげもあり、この新型モデルは、やわらかい雰囲気がただよう上品カジュアルなインパネ・ダッシュボードになっていました。

先進性あふれる機能&装備が盛りだくさん

また、2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、電気自動車らしく先進性あふれる機能&装備が充実しています。

その一つが、メーターです。

この新型モデルでは、ダッシュボードの上面にメーターを配置した”トップマウントメーター”を全グレードに標準装備。

■新型ソルテラのトップマウントメーター

また、左右に回して操作するダイヤル式のシフトレバーも初採用。

■新型ソルテラのダイヤル式のシフトレバー

このように競合車・ライバル車には用意されていない最新のアイテム&装備が用意されているのも、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のダッシュボードの注目ポイントの一つですよ。

スッキリとした前方視界を確保

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)で印象的だったのは、ダッシュボードの高さです。

競合車・ライバル車のダッシュボードは、サイドウィンドウの下端(=ベルトライン)と同じ高さ、もしくは、少し高いくらいになっています。

しかし、この新型モデルのダッシュボードは、サイドウィンドウのベルトラインよりも一段低くなっています。

■ベルトラインよりも一段低い新型ソルテラのダッシュボード

そのおかげもあり、この新型モデルは、スッキリとした見晴らしの良い前方視界になっていました。

新型ソルテラのインパネ【装備&アイテムの使い勝手をチェック】

また、2022年5月にデビューをした新型ソルテラ(SOLTERRA)のインパネ・ダッシュボードには、使い勝手の良い装備&アイテムがたくさん用意されています。

この新型モデルのインパネ・ダッシュボードには、どのような装備&アイテムが用意されているのか?実写画像を使って、インパネまわりの装備&アイテムを徹底解説したいと思います。

先進性あふれるメーター

先ほども簡単に触れましたが、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ダッシュボードの上面に配置したトップマウントメーターを採用しています。

■新型ソルテラのトップマウントメーター

この新型モデルのメーターは、運転席から遠いフロントガラスに近い位置に設置しています。

そのため、運転中、わずかな視線移動で車速などを確認できるのが魅力の一つ。

また、この新型モデルのメーターは、7.0インチサイズのフル液晶を採用しているのですが、グラフィックが高精細で、視認性に優れているのも好印象でした。

上質感ただようハンドル・ステアリングホイール

2022年5月にデビューをした新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのハンドル

この新型モデルは、ET-SS/ET-HSどちらも、高級感ただよう本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

また、ET-SSのAWD仕様とET-HSグレードは、手元でアクセルペダルから足を離した際の減速度を4段階から調整することができるパドルシフトを備えているのも好印象でした。

■新型ソルテラのパドルシフト

操作性に優れるエアコンパネル

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)のインパネ・ダッシュボードに中央に設置されているエアコンパネルは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのエアコンパネル

この新型モデルは、トグルスイッチとタッチパネルを組み合わせたスタイリッシュなデザインに…。

また、上位モデルに位置をするET-HSグレードでは、エアコンパネルの両サイドにシートヒータースイッチだけではなく、真夏の暑い日に重宝をするシートベンチレーションスイッチも搭載

ただ、スイッチのサイズは、指一本分とそれほど大きくないため、運転中のスイッチの押し間違いが少し気になるところでした。

設置位置が少し珍しいパワースイッチ

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、スイッチ一つで電源を立ち上げることができるパワースイッチを全グレードの標準装備しています。

■新型ソルテラのパワースイッチ

そんな新型モデルのパワースイッチで印象的だったのは、パワースイッチが設置されている位置です

この新型モデルでは、ダッシュボードの中央、エアコンパネルのすぐ下にパワースイッチを搭載。

この位置にパワースイッチを設定しているのって、かなり珍しいですよね。

ただ、パワースイッチでエンジンを立ち上げてから、シフトレバー操作という一連の流れを考えると、この位置にパワースイッチを設置するのは、理にかなっているのかなと思ってしまいました。

ユニークな操作性のシフトレバー

また、ダッシュボード中央下部に設置されている新型ソルテラ(SOLTERRA)のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのシフトレバー

この新型モデルは、スバルで初となるダイヤル式のシフトレバーを採用。

この新型モデルのシフトレバーはシルバー塗装加飾がほどこされているため、ピアノブラック調のパネルの中で非常に映えています。

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)のシフトレバーで気になるのは、操作性です。

シフトポジションをドライブ(D)に入れる時はシフトレバーのダイヤルを右側に、バックをする時は、シフトレバーを左にまわすシンプルな操作性に…。

ただ、操作性がシンプルな分、ドライブ(D)とリバース(R)のシフトレバーの入れ間違いをしそうで少し怖かったです。

スッキリとした見た目のナビゲーション画面

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)では、ナビゲーションやオーディオ、Tコネクトなど様々な機能を備えた12.3インチサイズのナビゲーションシステムが全グレードに標準装備しています。

■新型ソルテラの純正ナビ

12.3インチと大画面なので、やはり迫力がありますね。

また、この新型モデルのナビゲーションシステムは、ダイヤルなどのスイッチが一切なく、スッキリ&オシャレな見た目になっているのも好印象でした。

操作性に優れているスイッチ類

今回私が見たモデルは、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデルに位置をするET-HSグレードだったのですが、ダッシュボードの右下には、テールゲートの開閉スイッチとオートハイビームのON/OFFスイッチが用意されていました。

■新型ソルテラのスイッチ類

スイッチのサイズはそれほど大きくないのですが、用意されているスイッチの数が2つのみなので、操作のしにくさなどは感じませんでした。

まとめ:オシャレで使い勝手に優れた新型ソルテラのインパネ

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしていました。

■新型ソルテラのインパネのまとめ

・ET-SS/ET-HSどちらもブラック基調のインパネを採用
・加飾にファブリックを採用したカジュアルな見た目
・先進性あふれる装備が充実
・視認性も良好

今回デビューを果たしたこの新型モデルのダッシュボードは、ファブリック素材を助手席側のパネルなどにあしらっており、親しみやすいカジュアルな見た目に…。

また、ダイヤル式のシフトレバーやトップマウントメーターなど、競合車・ライバル車とは一線を画した先進感がある機能や装備が充実。

そのおかげもあり、この新型モデルは、非常に運転がしやすいクルマに仕上がっていました。

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、運転席に座って、操作性&使い勝手が良さを味わってみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02