新型ソルテラのシートヒーターは快適?【機能&使い勝手、快適性を徹底解説】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターを全グレードに標準装備しています。

しかも、この新型モデルのシートヒーターは、競合車・ライバル車にはない機能も…。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているシートヒーターは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのシートヒーターの使い勝手&快適性は、どうだったのでしょうか?

スバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)に用意されているシートヒーターのデザインや使い勝手、快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのシートヒーター【デザイン&使い勝手をチェック】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのシートヒーター:フロントシートまわり

■新型ソルテラのシートヒーター:後部座席まわり

フロントシート&後部座席にシートヒーターを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、フロントシート&後部座席のシートヒーターを全グレード標準装備しています。

■新型ソルテラのフロントシート

■新型ソルテラの後部座席

フロントシートだけではなく、後部座席にもシートヒーターを標準装備しているのは、かなり嬉しいですよね。

この新型モデルは、ハンドルをじんわりとあたためてくれるステアリングヒーターも全グレードに標準装備しています。

■新型ソルテラのステアリングヒーター スイッチ

ステアリングヒーターと一緒に使えば、エアコンを使わなくても、快適に運転をできそうですね。

新型ソルテラのシートヒーターはAUTO機能付き

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターの注目ポイントの一つが、性能の高さです。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているシートヒーターは、3段階から温度を調節することができるだけではなく、自動的に温度を調節してくれるAUTO(オート)機能付き。

■新型ソルテラのシートヒーターのAUTO機能

フォレスターなど3段階から温度を調節することができるシートヒーターを備えているクルマは多いですが、このクラスのクルマでAUTO機能を備えているのは、かなり珍しいんですよね。

このように機能性に優れてたシートヒーターを標準装備しているのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の特徴&魅力の一つなのかもしれませんね。

上位モデルはベンチレーション機能も搭載

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルに位置をするET-HSグレードは、シートヒーターだけではなく、シートと乗員の間にこもった熱を吸い取ってくれるシートベンチレーション機能も標準装備しています。

ET-HSグレードは本革シートを標準装備しているため、真夏の暑い日に蒸れたり、ベトついたりするのが欠点&デメリットの一つです。

■新型ソルテラのET-HSグレードの本革シート

ただ、この新型モデルは、真夏の暑い日でも快適に過ごせるように対策がほどこされているのは、好印象でした。

ちなみに、この新型モデルのET-HSグレードにシートベンチレーション機能が用意されているのは、フロントシートのみです。後部座席には、シートベンチレーション機能が備わっていないので、ご注意を…。

すべてを一括制御してくれるフルオート機能も搭載

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の注目の機能の一つが、フルオート機能です。

この新型モデルは、航続可能距離と車内での快適性のバランスを見ながら、エアコンやシートヒーター、シートベンチレーションなどをすべて自動制御してくれるフルオート機能が用意されています。

■新型ソルテラのフルオート機能スイッチ

スイッチ一つで、航続可能距離と快適さを両立してくれるのは、非常に助かりますよね。

エアコンやヒーターを使用すると航続可能距離が短くなるのが、電気自動車の欠点ですが、この欠点を解消するフルオート機能は、非常に重宝をする機能なのかなと思いました。

新型ソルテラのシートヒーターの快適性【実際に使用した感想】

このように機能性に優れる新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターですが、実際に使用をしてみると、思ったよりも違うところもありました。

この新型モデルのシートヒーターの快適性&使い勝手は、どうだったのか?実際に使用をした感想を包み隠さず紹介したいと思います。

シートヒーターの加温範囲の広さにビックリ

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターを使用してみて、まず初めに驚いたのは、温かさを感じる範囲の広さです。

今回デビューを果たした新型モデルのシートヒーターは、サイド部分も含めて座面のすべてのエリアを温めてくれます。また、背もたれは、3分の2くらいまで温めてくれます。

背もたれを温めてくれるのは、中央やや上のラインまでだったりして、ここまで加温範囲が広いシートヒーターって、あまりないんですよね。

そのおかもげあり、この新型モデルのシートヒーターは、体全体でポカポカとした温かさを味わうことができました。

体で感じるシートヒーターの温度は競合車よりも低め

体全体をポカポカと温めてくれる新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターですが、設定温度を一番強くした時の温かさは、競合車・ライバル車よりも少し低い感じが…。

競合車・ライバル車のシートヒーターは、温度を一番高く(=High)すると、背中を背もたれにつけておけないくらいの熱さを感じる時があります。

しかし、新型ソルテラ(SOLTERRA)では、シートヒーターの温度を一番高くして、しばらく使用していたのですが、背中を背もたれにつけておけないくらい熱いと感じることはありませんでした。

電気自動車の場合、エアコンやシートヒーターで使用による電力の消費は、航続可能距離に直結するので大きな問題です。

そのため、この新型モデルは、ガソリン車やハイブリッド車よりもシートヒーターの最高温度にも気を使って、快適に感じるけど熱すぎないくらいの温度設定にしているのかなと思いました。

スイッチの操作性の悪さが気になる

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターで気になったのは、スイッチの操作性です。

この新型モデルのフロントシート用のシートヒーターのスイッチは、エアコンパネルの左右に用意されているのですが、タッチパネル式になっているんですよね。

■新型ソルテラのシートヒータースイッチ

しかも、サイズも人差し指一本分くらいしかありません。

そのため、この新型モデルのシートヒータースイッチは、運転中の操作がしにくいです。

シートヒーターをAUTOに設定しておくと、運転中のシートヒータースイッチの操作をする必要はなくなりますが、操作のしやすさを考えると、タッチパネルではなく、後部座席のような物理スイッチにしても良かったのかなと感じてしまいました。

まとめ:競合車より使い勝手の良い新型ソルテラのシートヒーター

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のシートヒーターの性能や使い勝手、快適性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラのシートヒーターのまとめ

・前席&後席シートヒーターを全グレードに標準装備
・温度調節は3段階&AUTO機能を搭載
・すべてを自動制御するフルオート機能も搭載
・快適性を重要視した温度設定
・前席のシートヒーターの操作性はイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルは、3段階から温度を調節することができるシートヒーターをフロントシート&後部座席に設置。

また、この新型モデルのシートヒーターは、余計な電力消費を抑えるため、熱すぎない快適な温度設定になっているのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、シートヒーターの快適性を確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02