新型ソルテラにサンルーフは必要?【デザインやサイズ、欠点を徹底解説】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラは、メーカーオプションでサンルーフ(パノラマムーンルーフ)を装着することができます。

先日、サンルーフを装着しているモデルに乗ることができたのですが、普通のモデルにはない開放感が…。また、車内がパッと明るくなる感じが好印象でした。

ただ、この新型モデルのサンルーフにも残念なところが…。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているサンルーフは、どのようなデザイン&サイズ感をしているのでしょうか?また、この新型モデルのサンルーフの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルに装着することができるサンルーフを確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのサンルーフ【デザインやサイズ、使い勝手をチェック】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのサンルーフ(パノラマムーンルーフ)

後部座席でも開放感を味わえる新型ソルテラのサンルーフ

サンルーフを用意しているクルマはたくさんありますが、サイズは車種によって差があり、サンルーフのサイズが小さく、フロントシートまわりしか開放感を味わえないものもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、サンルーフの中央に天井を補強するためのピラーが入っているものの、天井一面ガラス張りに…。

そのるため、後部座席に座っても、サンルーフ仕様ならではの開放感や明るさを味わうことができました。

また、この新型モデルは、ブラックルーフを採用しているため、後部座席に座ると、少し圧迫感や窮屈感を感じるんですよね。

しかし、サンルーフを装着したモデルは、サンルーフを装着していないモデルの時に感じたような圧迫感や窮屈感がなく、車内がひと回り広く感じます。

この後部座席に座った時に感じる開放感や心地良さも、サンルーフ仕様ならではの魅力の一つだと思いますよ。

自動で開閉するシェードも用意

どこに座っても開放感を感じることができる新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフ(パノラマムーンルーフ)ですが、スイッチ一つで自動開閉をする電動ロールシェードも用意しています。

フロントシート天井部の中央に備わっているスイッチを操作をして、電動のロールシェードを閉じると、このような感じになります。

■電動ロールシェード開閉スイッチ

■シェードを閉じた時の新型ソルテラのサンルーフ

この新型モデルのサンルーフのシェードのカラーはブラックなので、シェードを閉じると、シック&スタイリッシュな車内空間に…。

ただ、シェードを閉じると、圧迫感も増します。

なので、普段はシェードを開けておいて、サンルーフのシェードを閉じるのは、太陽の日差しがまぶしい時などに限るのが良さそうですね。

競合車よりも大きい新型ソルテラのサンルーフ

車内を明るく照らしてくれる新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフですが、やはり大きさがが気になりますよね。

そこで、先日、この新型モデルを試乗した時にサンルーフを計測してみました。

■新型ソルテラのサンルーフのサイズ

新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフは、前後をあわせた時のサンルーフの縦の長さは約70cmとなっており、実は、同じスバルから発売されているフォレスターよりも一回り大きいんですよね。

この新型モデルのサンルーフは、中央部分に大きいピラーがある分、そう感じませんが…。

■フォレスターのサンルーフ

■新型フォレスターのサンルーフのサイズ

ただ、この新型モデルのサンルーフでも、フォレスター(Forester)に負けないくらい広々とした開放感を味わうことができますよ。

新型ソルテラのサンルーフ【欠点&残念なところとは?】

このように明るい車内空間を演出していくれる新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフですが、残念なところもありました。

この新型モデルのサンルーフの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?実際にこの新型モデルを試乗して、気になったところを紹介したいと思います。

新型ソルテラのサンルーフは開閉することができない

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフ(パノラマムーンルーフ)の欠点&デメリットの一つは、開閉できないことです。

同じスバルから発売されているミドルクラスSUVのフォレスター(Forester)のサンルーフは、このように大きく開閉をすることができます。

■開閉できる新型フォレスターのサンルーフ

しかし、この新型モデルのサンルーフは、天井に搭載したソーラーパネルで太陽光発電を行う“ソーラールーフ”とセットになっています。

■新型ソルテラのソーラールーフ

そのため、この新型モデルのサンルーフは、開閉をすることができません。

サンルーフの魅力の一つは、自然の風を全身で感じながらドライブができるということですよね。また、サンルーフを開けて、車内から満点の星空を楽しむことができるのも魅力の一つです。

しかし、この新型モデルのサンルーフは、はめ込み式になっているため、このような楽しみをすることができません。

このようにサンルーフを装着したモデルならではの楽しを味わえないのは、新型ソルテラ(SOLTERRA)のサンルーフの残念なところの一つでした。

シェードを閉めた時の圧迫感

また、サンルーフを装着した新型ソルテラ(SOLTERRA)を試乗した時に気になったのは、電動のシェードを閉じた時の圧迫感&窮屈感です。

この新型モデルは、サンルーフの中央にあるピラーが大きく張り出しているため、シェードを閉めると、サンルーフ非装着モデルよりも圧迫感を強く感じるんですよね。

また、サンルーフ仕様は、天井のデコボコ感が気になります。

■新型ソルテラのサンルーフ仕様

■新型ソルテラのサンルーフ非装着仕様

サンルーフを開けていると、開放感があるため、ピラーの大きな張り出しは、まったく気になりません。

ただ、シェードを閉めた時の圧迫感や窮屈感は、サンルーフ装着モデルと非装着モデルで大きな差があるので、ご注意くださいね。

まとめ:どこでも圧倒的な開放感を味わえる新型ソルテラのサンルーフ

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)にオプションで用意されているサンルーフのデザインやサイズ、快適性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラのサンルーフのまとめ

・後部座席でも開放感を味わる大型サイズ
・ミドル食らうSUVでトップクラスの大きさ
・電動ロールシェードを標準装備
・サンルーフの開閉はできない
・シェードを閉じた時の圧迫感

今回デビューを果たした新型モデルにオプションで用意されているサンルーフは、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの大きさになっています。

そのため、他のクルマでは味わえない圧倒的な開放感を味わうことができます。

ソーラールーフとセットになっているため、メーカーオプション価格が22万円と高めですが、開放感あふれる気持ちが良いドライブを楽しみたい方は、サンルーフの装着を検討する価値は、十分にあると思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02