【競合車と違うコクピット感】新型ソルテラの運転席の特徴や魅力を徹底解説

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席まわりは、トップマウントメーターやダイヤル式のシフトレバーなど先進性あふれる装備&アイテムを用意しています。

そのため、競合車・ライバル車と全く異なるコクピット感が味わえます。

そんな新型モデルの運転席は、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルの運転席まわりには、どのような装備&アイテムが用意されているのでしょうか?

実写画像を使って、新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席まわりのデザインや装備、注目ポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの運転席のデザイン&機能性をチェック

2022年5月にデビューを果たしたスバルの電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席は、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラの運転席

グレードでシートのカラー&素材が異なる

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、上位モデルに位置をするET-HSグレードと下位モデルに位置をするET-SSグレードの2つのグレードを用意していますが、グレードによって、運転席のカラー&素材が異なります。

上位モデルに位置をするET-HSグレードの運転席は、ブラウンの本革を採用。

■ET-HSグレードの運転席

シートの素材には本革を採用しており、高級感&上質感のある運転席になっていました。

一方、新型ソルテラ(SOLTERRA)の下位モデルに位置をするET-SSグレードは、オーソドックスなブラックのファブリックシートを採用。

■ET-SSグレードの運転席

シート素材もファブリック素材になっており、上位モデルに位置をするET-HSグレードと比べると、見た目の高級感&上質感で劣るシートデザインになっていました。

新型ソルテラの運転席は機能&装備も充実

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席は、機能&装備も充実しています。

その一つが、電動パワーシートです。

この新型モデルの運転席は、前後のスライドやリフター、リクライニングだけではなく、ランバーサポートもついた10ウェイの電動パワーシートを全グレードに標準装備しています。

また、任意のシートポジションを2つ登録しておくことができるシートポジションメモリー機能や、乗降時にシートが自動的に後方にスライドする運転席オートスライドアウェイも全グレード標準装備となっています。

このように乗降やスムーズな発進する機能&装備が充実しているのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席の魅力の一つですよ。

快適装備も充実

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席は、快適装備も充実しています。

その一つが、シートヒーターです。

この新型モデルは3段階から温度調節をすることができるシートヒーターを、全グレード標準装備しています。

■新型ソルテラのシートヒーター

また、この新型モデルのシートヒーターは、”オート(AUTO)機能”も備えており、使い勝手は非常に良いです。

ただ、真夏の暑い日に重宝をするシートベンチレーション機能が用意されているのは、上位モデルに位置をするET-HSグレードのみなので、ご注意くださいね。

新型ランクル300の運転席の特徴&魅力【競合車より優れているところとは?】

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席まわりは機能&装備が充実しており、ライバル車にはない魅力がありました。

この新型モデルの運転席まわりは、どのような特徴&魅力を備えているのでしょうか?実写画像を交えて、特徴や魅力を紹介したいと思います。

先進性あふれる運転席まわり

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つは、先進性あふれるコクピット感です。

そんな新型モデルの運転席まわりの印象的なアイテムの一つが、メーターです。

今回デビューを果たした新型モデルは、ダッシュボードの上面にメーターを設置をする“トップマウントメーター”を採用。

■新型ソルテラのトップマウントメーター

六角形をしているメーターパネルのデザインも、かなり印象的ですよね。

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ダイヤル式のシフトレバーやボタンなどがなくスッキリとした見た目が特徴の12.3インチのナビゲーションシステムなども搭載しています。

■新型ソルテラのダイヤル式のシフトレバー

■新型ソルテラのナビゲーションシステム

そのおかげもあり、この新型モデルの運転席は、他のクルマとはひと味違う先進性や特別感を味わうことができますよ。

運転操作のしやすさ

また、運転操作がしやすくなっているのも、2022年5月にデビューをした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つです。

私がこの新型もモデルを試乗して良いと思ったことの一つが、アクセルペダルのデザインです。

■新型ソルテラのアクセルペダル

今回デビューを果たした新型モデルでは、オーソドックスな吊り下げ式ではなく、オルガン式のアクセルペダルを全グレード標準装備。

そのおかげもあり、この新型モデルは、アクセルワークが非常にしやすいです。

また、この新型モデルは、アクセルを戻した際の減速の強さを手元で調整することができるパドルシフトや、気分やシーンによって走行特性を変えることができるドライブモードセレクトを用意しているのも好印象でした。

■新型ソルテラのドライブモードスイッチ

ちなみに、この新型モデルの上位モデルのET-HSグレードでは3つのドライブモードを用意しているのですが、ドライブモードを変更すると、メーターのグラフィックも変わります。

このメーターグラフィックの変化も注目ポイントの一つですよ。

快適な運転をサポートする機能&装備も充実

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、快適な運転をサポートする機能&装備も充実しています。

例えば、ルームミラー。

■新型ソルテラのルームミラー

この新型モデルは、クルマの後方に搭載したカメラ映像をルームミラーに映し出す”スマートリヤビューミラー”を全グレード標準装備しています。

また、前後左右に搭載したカメラの映像を合成して、クルマの周囲を確認することができるパノラミックビューミラーを搭載しているのも、この新型モデルの魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

まとめ:先進性ある装備に囲まれている新型ソルテラの運転席

2022年5月にデビューをはたした新型ソルテラ(SOLTERRA)の運転席は、このような特徴&魅力を備えていました。

■新型ソルテラの運転席のまとめ

・グレードで運転席のカラー&素材は異なる
・電動パワーシートなど機能は充実
・シートヒーターなど快適装備も充実
・先進感あふれる運転席まわり
・快適な運転をサポートするアイテムも多数用意

今回デビューを果たした新型モデルは、グレードによって運転席のカラーや素材が異なります。

ただ、どちらのモデルも、電動パワーシートやシートポジションメモリー機能を搭載するなど、機能は充実。

また、トップマウントメーターやダイヤル式のシフトレバーなど、競合車・ライバル車と一味違う先進性あふれる運転席まわりになっているのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つなのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、競合車・ライバル車と一線を画したデザイン&機能を備えている運転席まわりにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02