新型ステップワゴンの3列目シートはイマイチ【競合車よりも劣る欠点&デメリット】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートは、先代モデルよりも座り心地が良く、快適に過ごせるように進化しています。

ただ、競合車・ライバル車と比較すると、少し物足りなさを感じるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたところは、どこだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートの欠点&デメリット、競合車よりも劣っていると感じたところを、包み隠さずお話します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

足元空間の広さ【新型ステップワゴンの3列目シートの欠点1】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートの欠点&デメリットの一つは、足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■新型ステップワゴンの3列目シートの足元空間の広さ

スライド機能がない新型ステップワゴンの3列目シート

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートで残念に感じたのは、シートの前後の位置を調整するスライド機能の用意がなかったことです。

競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは、前後にスライドできる機能が用意されているんですよね。

■スライド機能を備えているセレナの3列目シート

そのため、2列目シートを一番後ろにしても、足元空間(ニークリアランス)にゆとりがあるため、快適に過ごすことができます。

一方、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートは、前後にスライドできる機能はなし。

■スライドできない新型ステップワゴンの3列目シート

そのため、ロングスライド機能を搭載している2列目シートを少し後ろにスライドすると、狭く感じてしまいました。

2列目シートを一番後ろにスライドすると座ることができない

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートで気になったのは、2列目シートを一番後ろまでスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

この新型モデルの2列目キャプテンシートを一番後ろまでスライドすると、2列目シートのシートバックが3列目シートの座面にくっつていしまい足を置くスペースがなくなってしまうんですよね。

そのため、2列目キャプテンシートを一番後ろにスライドすると、3列目シートに座れなくなっていましまいます。

このような事態を防ぐためにも、3列目シートのスライド機能は用意してもらいたいところでした。

新型ステップワゴンは3列目シートも広い?【頭上&足元空間の広さを計測】

装備&アイテムの充実度【新型ステップワゴンの3列目シートの欠点2】

また、2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートの残念なところは、競合車・ライバル車よりも装備&アイテムが劣るところです。

3列目シートのUSBは上位モデルのみ

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートの装備&アイテムで気になったのは、スマホやiPhoneを充電するのに重宝をするUSBポートです。

この新型モデルは、3列目シート用のUSBポートを用意しているのですが、搭載されているのは、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)とプレミアムライン(PREMIUM LINE)のみなんですよね。

■スパーダの3列目シート用USB

下位モデルに位置をするエアー(AIR)の3列目シートには、USBポートが用意されていません。また、オプションでも装着することができないので、ご注意くださいね。

折りたたみテーブルの用意もなし

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートには、軽食やドリンク、スマホなどを置くのに便利な折りたたみテーブルの用意もなし。

競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートには、小物を置くのに便利な折りたたみテーブルを用意しているんですよね。

■セレナe-POWERの3列目シート用の折りたたみテーブル

なので、3列目シートの居住性・居心地は、競合車・ライバル車のセレナe-POWERの方が良かったです。

新型ステップワゴン(STEP WGN)は、他のクルマよりも発売が遅い後続車ということを考えると、日産のセレナe-POWERに負けない装備や機能を備えてもらいところでした。

3列目シートの収納【新型ステップワゴンの3列目シートの欠点3】

また、2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートで欠点&デメリットは、シートを収納&展開する際の手間&わずらわしさです。

競合車の中で唯一、床下収納を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、コンパクトサイズのミニバンの中で唯一、シートを荷室・ラゲッジスペースのフロアの下に収納するタイプになっています。

■床下に収納時の新型ステップワゴンの3列目シート

この新型モデルのように3列目シートを荷室の床下に収納するタイプは、3列目シート収納時、荷室・ラゲッジスペースの横幅が狭くならないというメリットがあります。

■3列目シート収納時の新型ステップワゴンの荷室

■3列目シート収納時のセレナの荷室

このように見比べると、3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースのスッキリ感&積載性に大きな差がありますよね。

3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さは、競合車・ライバル車にはない新型ステップワゴン(STEP WGN)の特徴の一つなのかなと思いました。

競合車よりも収納&展開に手間がかかる新型ステップワゴン

競合車・ライバル車よりも広くて使い勝手の良い荷室を備えている新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、競合車・ライバル車よりも3列目シートを収納&展開をする際に少しチカラが必要なんですよね。

特に気になったのは、収納した3列目シートを持ち上げる時です。

この新型モデルには、シートの収納&展開をサポートするアシスト機能が用意されているのですが、シートを持ち上げる際、男性でも、グッと腕にチカラをいれないと3列目シートが持ち上がりません。

ちなみに、こちらは、この新型モデルの3列目シートの収納&展開の参考動画です。(3列目シートの収納は4分01秒~、3列目シートの展開は4分43秒~です。)

【新型ステップワゴン スパーダ説明書】ラゲッジを徹底解説!3列目シートの格納が簡単すぎて感動!

この動画を見ていただければ分かりますが、3列目シートを展開する際、女性が「よいしょ」と言っていますよね。(動画の6分16秒あたり)

また、動画で説明している通り、片手で3列目シートを展開するのは、かなり厳しいです。

このように少しチカラを入れないと、シートを収納&展開することができないのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートの残念なところでした。

ちなみに、この新型モデルの3列目シートの収納方法は、先代モデルと全く同じになっています。

■旧型ステップワゴンの荷室

個人的には、もう少し楽に3列目シートを収納できるように改良をしても良かったのかなと思いました。

まとめ:快適性で少し物足りなさを感じる新型ステップワゴンの3列目シート

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートを確認してみたところ、次のような欠点&デメリットが目につきました。

■新型ステップワゴンの3列目シートの欠点&デメリット

・前後にスライドする機能の用意がなし
・USBポートが用意されているのは上位モデルのも
・小物を置くのに便利な折りたたみテーブルの用意もなし
・競合車よりも劣る3列目シートの収納&展開

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は非常に良いクルマに仕上がっているのですが、3列目シートの快適性&使い勝手に関しては、競合車よりも劣るります。

なので、3列目シートを利用する機会が多い方は、購入前に3列目シートの快適性や使い勝手、シートの収納&展開のしやすさなどをしっかりとチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02