新型ステップワゴンのスマートキーは使いやすい?【デザインや操作性を徹底解説】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、キーは携帯しているだけで、ドアの施錠/開錠やエンジンを立ち上げることができる”スマートキー”を全グレードに標準装備しています。

また、スマホをスマートキー代わりに使用することができるデジタルキーを用意しているのも、この新型モデルの魅力の一つです。

今回デビューを果たしたこの新型モデルののスマートキーは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、スマートキー&デザイタルキーの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)のスマートキー&デジタルキーの使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのスマートキー【デザイン&使い勝手をチェック】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスマートキーは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのスマートキー

ガソリン車とハイブリッド車でデザインは同じ

フルモデルチェンジをする前のステップワゴン(STEP WGN)のスマートキーは、ハイブリッド車とガソリン車で表面のパネルのカラーに違いがありました。

■旧型ステップワゴンのスマートキー:ガソリン車

■旧型ステップワゴンのスマートキー:ハイブリッド車

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ガソリン車/ハイブリッド車どちらも同じカラーのスマートキーを採用。

コスト削減のためかもしれませんが、個人的には、旧型モデルのようにハイブリッド車とガソリン車で異なるデザインにしてもらいたかったです。

スマートキーのスイッチの操作性はイマイチ

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)のスマートキーで気になったのは、搭載されているスイッチの操作性です。

今回デビューを果たしたこの新型モデルのスマートキーには、

・ドアの開錠/施錠スイッチ
・スライドドアの開閉スイッチ(運転席側/助手席側)
・テールゲートの開閉スイッチ(※エアー以外)

の3種類のスイッチが備わっています。

ただ、この新型モデルのスマートキーは、先代モデルよりもドアの開錠/施錠スイッチがひと回り小さくなっていました。

■旧型ステップワゴンのスマートキー:スイッチ面

スライドドアを搭載しているミニバンの場合、少し離れたところからスマートキーを使って、ドアの開錠や施錠&スライドドアの開閉をすることって多いですよね。

そのことを考えると、もう少しスマートキーのスイッチの操作性を良くしてもらいたかったです。

ドアハンドルにはタッチセンサーを搭載

スマートキーを使ってのドアの開錠/施錠に関しては少し物足りなさを感じた新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、アウトドアハンドルを使っての施錠/開錠に関しては、旧型モデルよりも進化していました。

■新型ステップワゴンのアウトドアハンドル

今回デビューを果たした新型モデルは、旧型モデルと同様、アウトドアハンドルにタッチセンサーを搭載しており、スマートキーを携帯した状態でハンドルに触れると、自動的に施錠/開錠することができます。

それだけではなく、この新型モデルでは、スライドドアのタッチセンサー部分に触れるだけで、スライドドアが自動的に開け閉めします。

■スライドドア開閉用のタッチセンサー

手にいっぱい荷物を持っている時には、この機能はかなり助かりそうですよね。

旧型モデルよりもスライドドアの開け閉めがしやすくなったのは、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の良いところの一つなのかなと思いました。

降車時オートドアロック機能も標準装備

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、スマートキーを携帯した状態でクルマから離れると、自動的にドアをロックしてくれる”降車時オートドアロック機能”を標準装備しています。

なので、クルマから降りた後、スマートキーなどを操作して、わざわざクルマを施錠する必要はありません。

しかも、この新型モデルの降車時オートロック機能は、パワースライドドアが自動で閉じ始めた状態でも作動します。

つまり、クルマから降りた後、パワースライドドアが完全に閉じるのを待つことなく、クルマから離れることができるということです。

停車後、スムーズにクルマから離れることができるのも、この新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

新型ステップワゴンのデジタルキーは便利?【使い勝手&操作性をチェック】

また、2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、スマートフォンを鍵の代わりに使うことができるデジタルキーも用意しています。(※画像はフィット4のものです。)

■新型ステップワゴンにも採用のホンダのデジタルキー

この新型モデルのデジタルキーに関しては、使い勝手で気になることも…。

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)のデジタルキーの特徴や魅力、残念なところを紹介したいと思います。

新型ステップワゴンのデジタルキーは、何ができる?

お手持ちのスマートフォンやiPhoneをスマートキー代わりに使用することができるデジタルキーですが、具体的には、どのようななことができるのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されているデジタルキーでは、次のようなことがお手持ちのスマホやiPhoneで行うことができます。

■新型ステップワゴンのデジタルキーでできること

・ドアの施錠/開錠
・エアコン&ヒーターのリモート操作
・エンジンの始動

この新型モデルのデジタルキーでは、ドアの施錠/開錠だけではなく、エンジンの始動やエアコン&ヒーターの起動なども行なえます。

特に、クルマに乗り込む前にエアコンを起動することができる”エアコン/ヒーターのリモート操作機能”は、真夏の暑い日に重宝するのかなと思いました。

ちなみに、ホンダのデジタルキーの詳細を確認したい方は、ホンダの公式ホームページを確認してみてくださいね。→ ホンダの公式ホームページ

新型ステップワゴンのデジタルキーで気になったこととは?

一見すると、非常に使い勝手が良さそうな新型ステップワゴン(STEP WGN)のデジタルキーですが、実際に使用してみると、色々と気になるところもありました。

その一つが、デジタルキーを使用する際の手間の多さです。

今回デビューを果たした新型モデルでデジタルキーを使用するには、ホンダのリモート操作というアプリを立ち上げて、アプリを操作する必要があります。

■ホンダのリモート操作アプリ

実際に操作して気が付いたのですが、ドアを開錠するためにわざわざスマホのアプリを立ち上げて、操作するのは、かなり面倒な感じが…。

遠い場所でドアの開錠できるというメリットはありますが、わざわざスマホのアプリを立ち上げるくらいなら、スマートキーを携帯して、ドアノブに触れた方が楽で良いように感じてしまいました。

また、ディーラーさんにも言われてたのですが、デジタルキーを使用できるようにしても、スマートキーは、常に持ち歩かなければいけないようなんですよね。

ホンダのホームページを確認しても、このことはしっかりと記載されています。

スマートキーを常に携帯しないといけないのなら、スマホやiPhoneをスマートキー代わりに使用できるという魅力は、半減してしまうような感じが…。

クルマから遠いところから様々な操作をすることができる新型ステップワゴン(STEP WGN)のデジタルキーですが、正直に言って、使う機能は、エアコン/ヒーターのリモート操作くらいなのかなと思ってしまいました。

まとめ:使い勝手が良さが光る新型ステップワゴンのスマートキー

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスマートキーは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ステップワゴンのスマートキーのまとめ

・スマートキーを全グレードに標準装備
・ハイブリッド/ガソリンで同じデザイン
・スマートキーのスイッチの操作性はイマイチ
・旧型よりも開閉がしやすくなったスライドドア
・デジタルキーの活躍の場面は限定的

今回デビューを果たした新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車で全く同じデザインのスマートキーを採用。

アウトドアハンドルに触れるだけで、スライドドアを自動開閉することができるなど、旧型モデルよりもスムーズに乗り降りできるようになっていたのは、好印象でした。

また、この新型モデルは、スマホやiPhoneをスマートキー代わりに使用することができるデジタルキーを用意していましたが、デジタルキーが活躍するシーンは、それほど多くはないのかなと思ってしまいました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02