新型ステップワゴンの安全装備を比較【グレード別に特徴や注意点を紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、グレードによって内外装のデザインだけではなく、備わっている機能&装備など様々な違いがあります。

また、イザという時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備にも違いが…。

今回デビューを果たした新型モデルの各グレードは、どのような安全装備を備えているのでしょうか?また、また、グレードによって、どのような違いがあるのでしょうか?

新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されている安全装備の特徴や注意点を、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのエアーの安全装備【特徴&注意点を紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのエアー(AIR)の外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのエアーの外装

■新型ステップワゴンのエアーの内装

他のグレードとは一線を画したスッキリとした見た目とカジュアルで親しみやすい内装が特徴のエアー(AIR)ですが、次のような安全装備を備えています。

■新型ステップワゴンのエアーの主な安全装備

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故軽減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きクルーズコントロール
・車線維持支援システム(LKAS)
・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・パーキングセンサーシステム
・1列目サイドエアバッグ&サイドカーテンエアバッグ
・サイドアンダーミラー

また、この新型モデルのエアー(AIR)に用意されている安全装備は、次のような特徴&注意点がありました。

ちなみに、この新型モデルに用意されている安全装備の各機能の詳細は、ホンダの公式ホームページを確認してください。→ ホンダの公式ホームページ

下位モデルとは思えないくらい充実しているエアーの安全装備

今回デビューを果たしたた新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーは、自動ブレーキや誤発進抑制機能などがセットになったホンダの最新の安全装備システム”ホンダ センシング(HONDA Sensing)”が標準装備されています。

そのおかげもあり、この新型モデルのエアー(AIR)は、下位モデルとは思えないくらい安全装備が充実しています。

また、この新型モデルのエアーに標準装備されている自動ブレーキは、夜間でも作動する最新モデルになっているのも好印象でした。

高速道路での安全性は上位モデルより少し劣る

下位モデルとしては十分すぎる安全装備を備えていますが、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーは、高速道路で車線変更をする際、斜め後方からのクルマの接近をお知らせしてくれるブラインドスポットインフォメーションが用意されていません。

また、オプションでも装着することができません。

そのため、高速道路を運転する際の安心感や運転のしやすさは、スパーダやプレミアムラインなどの上位モデルより劣るので、ご注意くださいね。

新型ステップワゴンのスパーダの安全装備【特徴&注意点を紹介】

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)の外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのスパーダの外装

■新型ステップワゴンのスパーダの内装

この新型モデルのスパーダは、エアーよりもひと回り大きい専用のフロントグリルを備えていることもあり、迫力のある見た目に…。

また、ブラック基調となっているスパーダ(SPADA)の内装・インテリアは、エアーとはひと味違うシック&スタイリッシュな雰囲気がただよっていました。

そんな新型モデルの中間グレード”スパーダ(SPADA)”に備わっている安全装備を確認してみたところ、次のようになっていました。

ちなみに、この新型モデルのスパーダから装着される安全装備は、色を変えています。

■新型ステップワゴンのスパーダの主な安全装備

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故軽減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きクルーズコントロール
・車線維持支援システム(LKAS)
・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・ブラインドスポットインフォメーション
・LEDアクティブコーナリングライト

・パーキングセンサーシステム
・1列目サイドエアバッグ&サイドカーテンエアバッグ
・サイドアンダーミラー

また、この新型モデルのスパーダ(SPADA)の安全装備には、次のような特徴&魅力が備わっていました。

ブラインドスポットインフォメーションを標準装備

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの安全装備は、下位モデルと同様、自動ブレーキや誤発進抑制機能、クルーズコントロールなどがセットになったホンダ センシング(Honda SENSING)がベースになっています。

そのため、基本的な安全装備に差はありません。

ただ、中間モデルのスパーダ(SPADA)は、下位モデルのエアーには用意されていなかったブラインドスポットインフォメーションが標準装備となり、ワンランク上の安全性を確保。

■ブラインドスポットインフォメーションのセンサー

週末に高速道路に乗って遠出をする方や、キャンプやバーべキューなどのアウトドアに頻繁に行かれる方は、高速道路での安全な運転をサポートしてくれるブラインドスポットインフォメーションが備わったスパーダ(SPADA)の方が良いかもしれませんね。

カーブを曲がった時の視認性も向上

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの注目ポイントの一つが、ヘッドライトです。

■スパーダのヘッドライト

この新型モデルのスパーダ(SPADA)は、下位モデルのエアーと同様、LEDヘッドライトを標準装備しています。

ただ、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、ハンドルの操作に連動をして進行方向を照らしてくれるLEDアクティブコーナリングライドを標準装備。

■スパーダのLEDアクティブコーナリングライト

そのおかげもあり、この新型モデルのスパーダは、交差点を右左折する際、横断してくる歩行者の確認がしやすくなっています。

このように普段使いで重宝する安全装備が備わっているのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの魅力の一つなのかなと思いました。

新型ステップワゴンのプレミアムラインの安全装備【特徴&注意点を紹介】

新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインの外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのプレミアムラインの外装

■新型ステップワゴンのプレミアムラインの内装

最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIUM LINE)は、中間モデルのスパーダと同じ顔つきになっています。

ただ、プレミアムライン(PLEMIUM LINE)は、フロントグリルやサイドシル、テールゲートにプラチナメッキ加飾をほどこしたガーニッシュを採用しているおかげで、スパーダよりも上品な雰囲気に…。

また、ダッシュボードのパネルやシートのメイン部分には、スエード調の織物を採用しており、モダンスタイリッシュな内装・インテリアになっているのも好印象でした。

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン”に用意されている安全装備を確認してみたところ、このようになっていました。

ちなみに、この新型モデルのプレミアムラインから装着される安全装備は、色を変えています。

■新型ステップワゴンのプレミアムラインの主な安全装備

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故軽減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きクルーズコントロール
・車線維持支援システム(LKAS)
・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・ブラインドスポットインフォメーション
・LEDアクティブコーナリングライト
・アダプティブドライビングビーム
・マルチビューカメラシステム

・パーキングセンサーシステム
・1列目サイドエアバッグ&サイドカーテンエアバッグ
・サイドアンダーミラー

また、この新型モデルの最上位グレード”プレミアムライン”の安全装備は、次のような特徴&魅力を備えていました。

唯一、アダプティブドライビングビームを標準装備

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムライン(PLEMIUM LINE)の基本的な安全装備は、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)と同じです。

自動ブレーキやクルーズコントロールなどの性能にも違いはありません。

ただ、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIUM LINE)のみ、前走車や対向車を検知して、照射範囲を自動で調整してくえるアダプティブドライビングビームを標準装備。

自分のクルマの視界を確保したまま、対向車や先行車が眩しくないように配慮してくれる使い勝手の良いアイテムになっていました。

ちなみに、このアダプティブドライビングビームのためか、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインと他のグレードでは、ヘッドライトのデザインに違いがあります。

このヘッドライトのデザイン&機能の違いも、この新型モデルの注目ポイントの一つですよ。

マルチビューカメラシステムを標準装備

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインは、クルマ周囲360度確認することができるマルチビューカメラシステムを標準装備しています。

■新型ステップワゴンのマルチビューカメラシステム

例えば、細い路地で対向車をすれ違う時は、目視では確認しにくい左右の前輪付近を映しだすことができます。

また、このように真上から見下ろすような視点でクルマの周囲を確認することができる視点(アングル)も用意しています。

今回デビューを果たした新型モデルはボディサイズが大きいため、死角も多いです。

ただ、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインに標準装備されているマルチビューカメラシステムがあれば、細い路地や見通しの悪い交差点も安心して運転をすることができますよ。

ちなみに、この新型モデルに用意されているマルチビューカメラシステムの視点や視認性、使い勝手に関しては、こちらの記事にまとめてあります。

もしマルチビューカメラシステムの使い勝手や性能が気になる方は、上記の記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ:下位モデルでも安全装備が充実している新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されている安全装備をグレード別に確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの安全装備のグレード別まとめ

・ホンダセンシングを全グレード標準装備
・エアーは、ブラインドスポットインフォメーションがなし
・スパーダからアクティブコーナリングライトを採用
・プレミアムラインはマルチビューカメラを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、自動ブレーキや誤発進抑制機能、路外逸脱防止機能などがセットになったホンダの最新の安全装備システム”ホンダセンシング(Honda SENSING)が全グレードに標準装備されています。

ただ、高速道路の車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットインフォメーションが標準装備されるのは、中間モデルのスパーダ(SPADA)になるなど、グレードによって安全装備に若干の違いが…。

スッキリとした見た目など他のグレードにはない魅力がある新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーですが、運転のしやすさや安全性を考えると、中間モデルのスパーダ以上のグレードの方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02