新型ステップワゴンの外装はオシャレで機能的【特徴や魅力、欠点を実写画像で徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つは、初代モデルに原点回帰したようなスッキリ&プレーンな外装・エクステリアです。

また、機能や装備が充実しているのも、この新型モデルの外装・エクステリアの見逃せないポイントの一つです。。

その一方、外装・エクステリアで気になるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの外装・エステリアは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、購入をする際に気を付けなければいけない欠点&デメリットは、何なのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装・エクステリアの特徴や魅力、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの外装【特徴や魅力、注目ポイントを紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、見た目の雰囲気が異なる”エアー”と”スパーダ”という2つタイプの外装・エクステリアを用意しています。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、外装・エクステリアの加飾を必要最小限に抑え、シンプル&クリーンな装いに…。

■エアーの外装・エクステリア

“エアー(AIR)”という名前の通り、どこにでも馴染むシンプル・モダンなデザインになっていました。

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、フロントグリルやサイドシル、テールゲートにメッキの加飾をほどこしていることもあり、エアーよりも迫力のある外装・エクステリアに…。

■スパーダの外装・エクステリア

ただ、今回デビューを果たした新型モデルのスパーダ(SPADA)は、フロントグリルにブラックのパネルを採用していることもあり、競合車よりも迫力や押し出し感は控えめになっていました。

■押し出し感の強さが魅力のヴォクシー

そんな新型モデルの外装・エクステリアは、次のような特徴&魅力を備えていました。

旧型よりもひと回り広くなったボディサイズ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装・エクステリアの特徴の一つが、ボディサイズです。

フルモデルチェンジをする前の旧型ステップワゴンの標準モデルは、5ナンバーサイズに収まるサイズになっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、旧型モデルよりもボディサイズがひと回り大きくなり、上位モデルのスパーダだけではなく、標準モデルにあたるエアー(AIR)も3ナンバーサイズに…。

■新型モデルと旧型モデルのボディサイズ比較

ただ、この新型モデルは、運転席からの視界&視認性が非常に良く、運転のしにくさは一切なし。

むしろ旧型モデルよりも前方の見切りが良く、旧型モデルよりも運転がしやすいように感じました。

ボディカラーはエアー/スパーダそれぞれ6色を用意

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、エアー/スパーダ系(スパーダ&プレミアムライン)それぞれ6色のボディカラーを用意しています。

■エアーに用意されているボディカラー

・フィヨルドミスト パール
・シーグラスブルー パール
・プラチナホワイト パール
・スーパープラチナグレー メタリック
・クリスタルブラックパール

■スパーダ系(スパーダ&プレミアムライン)のボディカラー

・プラチナホワイト パール
・スーパープラチナグレー メタリック
・クリスタルブラックパール
・ミッドナイトブルービーム メタリック
・トワイライトミストブラック パール

下位モデルのエアーにはフィヨルドミストパール、上位モデルのスパーダ&プレミアムラインにはトワイライトミストパールなど、それぞれの外装の雰囲気にあったボディカラーを用意しています。

また、この新型モデルに用意されている有料色は、競合車・ライバル車よりも購入しやすい価格になっているのも好印象でした。

下位モデルでも機能や装備は充実

先ほどもお話した通り、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、スッキリといたシンプル&クリーンな見た目をしています。

ただ、見た目とは裏腹(うらはら)に下位モデルのエアーでも十分に満足できる機能や装備が用意されています。

例えば、タイヤ&ホイール。

車種によっては下位モデルは、コストが安い鉄チン(スチールホイール)を標準装備していますが、今回デビューを果たした新型モデルのエアー(AIR)は、切削面が美しい切削クリア塗装をほどこしたアルミホイールを標準装備。

■エアーに標準装備のアルミホイール

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーは、シーケンシャルウィンカー付きのLEDヘッドライトも標準装備しています。

■エアーのLEDヘッドライト

このように下位モデルに位置をするエアー(AIR)でも十分に満足できる機能&装備を備えているのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ステップワゴンの外装【競合車よりも劣る欠点&デメリット】

洗練されたシンプルモダンな見た目など、競合車・ライバル車とはひと味違う新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、競合車・ライバル車よりも劣ると感じたところもありました。

今回デビューを果たした新型モデルの外装・エクステリアの欠点・デメリットは、何なのか?実際にこの新型モデルを見て気になったことを、紹介したいと思います。

スライドドアの乗り降りのしやすさ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装・エクステリアで気になったのは、スライドドアの乗り降りのしやすさです。

■新型ステップワゴンのスライドドア

この新型モデルのスライドドアの開口部のサイズは、競合車・ライバル車とそれほど大きく変わりません。

■新型ステップワゴンのスライドドアの開口部サイズ

スライドドアの開口部の幅…   約780mm
スライドドアの開口部の高さ…約1,250mm

また、ステップ高(=地上からスライドドアの開口部の下端までの高さ)も十分に低く、スムーズに乗り降りをすることができます。

ただ、乗り降りをする際にカラダを支えるアシストグリップは、少し小さすぎるような感じが…。

■新型ステップワゴンのアシストグリップ

また、この新型モデルに用意されているアシストグリップは高い位置に設置されているため、小さいお子さんは乗り降りをする際、使うことができないんですよね。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー/ノアは、小さい子供でもつかむことができるサイズの大きなアシストグリップを標準装備しているんですよね。

そのため、スライドドアの乗降性は、この新型モデルよりも競合やのヴォクシーの方が良い感じが…。

このように、この新型モデルの小さいお子さんの乗降性は競合車よりも劣るので、購入を検討している方は、スライドドアの乗り降りのしやすさや乗降性をしっかりと確かめてくださいね。

見た目のデザイン性を損なうサイドアンダーミラー

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装・エクステリアで気になったのは、助手席側のサイドミラーの下に備わっているサイドアンダーミラーです。

■新型ステップワゴンのサイドアンダーミラー

今回デビューを果たした新型モデルのサイドアンダーミラーは、助手席側の前輪&後輪付近の死角をカバーしてくれる非常に助かるアイテムです。

ただ、ピョコっと飛び出ているサイドアンダーミラーは、スッキリとしたクリーンな見た目をしているこの新型モデルに少し不釣り合いな感じが…。

個人的には、旧型モデルのように車内に補助ミラーを備えて、目立たないようにして良かったような…。

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインは、クルマの周囲360度確認することができるマルチビューカメラシステムを標準装備しているのにも関わらず、サイドアンダーミラーが装着されたままになっているのも残念でした。

小回り性能

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装・エクステリアで気になったのは、小回り性能です。

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりもホイールベースが長いこともあり、小回り性能が競合車よりも劣るんですよね。

■新型ステップワゴンと競合車の最小回転半径比較

グレードによって、小回り性能を表す最小回転半径は若干変わってきますが、最上位モデル同士を比較すると、新型ステップワゴン(STEP WGN)の方が競合車よりも0.2mほど最小回転半径が小さくなっています。

この話を聞いた人の中には、「たった0.2mの違いなら、特に問題がない。」と、感じる方もいるかもしれません。

ただ、実際ににこの新型モデルと競合車を乗り比べてみると、駐車場でのバックのしやすさや細い路地での運転、Uターンのしやすさなどに大きな差が…

なので、細い路地で運転をしないといけない方は、新型ステップワゴン(STEP WGN)の小回り性能にも気を付けてくださいね。

まとめ:シンプルモダンを極めた新型ステップワゴンの外装・エクステリア

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の外装・エクステリアの特徴や魅力、欠点を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの外装の特徴&メリット

・競合車と一線を画したスッキリ&シンプルな見た目
・見た目の雰囲気にマッチしたボディカラー
・旧型よりもひと回り広くなったボディサイズ
・充実した機能&装備

■新型ステップワゴンの欠点&デメリット

・スライドドアの乗降性
・見た目のデザイン性を損なうサイドアンダーミラー
・競合車よりも劣る小回り性能

今回デビューを果たした新型モデルは、小回り性能やスライドドアの乗降性など競合車・ライバル車よりも劣るところもあります。

ただ、どこにでも馴染むスッキリとした見た目や充実した機能&装備など、この新型モデルには、競合車・ライバル車にはない魅力が…。

押し出し感が強く、オラオラとした見た目が苦手な人には、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ピッタリなクルマかもしれませんね。

ちなみに、この新型モデルは3つのグレードを用意していますが、中間モデルのスパーダ(SPADA)の人気が圧倒的に高いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02