新型ステップワゴンのグレード全3種類【特徴や違い、注目ポイントを徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ガソリン車/ハイブリッド車それぞれ3つのグレードを用意しています。

■新型ステップワゴンの3つのグレード

・エアー(AIR)
・スパーダ(SPADA)
・プレミアムライン(PREMIUM LINE)

この新型モデルに用意されている3つのグレードを見比べてみると、見た目のデザインや車内の雰囲気に大きな違いが…。

また、備わっている機能や装備も異なるため、快適性や使い勝手にも差がありました。

今回デビューを果たした新型モデルの各グレードは、それぞれどのようなデザインをしているのでしょうか?また、グレードによって、機能や装備、デザインにどのような違いがあるのでしょうか?

実写画像を交えて新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されている3つのグレードの特徴や魅力、違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのエアー【特徴や魅力、注目ポイントを紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデルに位置をするエアーの外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのエアーの外装

■新型ステップワゴンエアーの内装

今回デビューを果たした新型モデルは、縦に長いリヤコンビネーションランプを採用するなど、初代を彷彿とさせるデザインに…。

そんな新型モデルのエアー(AIR)の特徴や魅力を紹介したいと思います。

スッキリとしたクリーン&シンプルな外装

今回デビューを果たしたこの新型モデルのエアー(AIR)の特徴&魅力の一つは、外装・エクステリアです。

競合車・ライバル車は大きめのフロントグリルを備え、ギラついた印象の強いクルマが多いですが、この新型モデルのエアー(AIR)は、競合車とは全く逆のシンプルでスッキリとした見た目に…。

また、スパーダやプレミアムラインに用意されていない専用色を2色用意しているのも、エアー(AIR)の魅力&注目ポイントの一つですよ。

2022年6月にホンダの人気ミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)は、フルモデルチェンジをしてデビューを果たました。 今...

ナチュラル感あふれるオシャレな内装

また、オシャレな内装・インテリアも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーの特徴&魅力の一つです。

この新型モデルのエアー(AIR)は、ダッシュボードやドア内側パネル、シートなどに目の粗いザックリとした肌触りの織物を採用。

■織物を採用しているエアーの内装

そのおかげもあり、どこかホッコリとする温かみのある車内空間に…。

また、この新型モデルのエアーの内装・インテリアは、ブラックとグレーの2色から選ぶことができるのも特徴&魅力の一つですよ。

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴンのエアー(STEPWGN AIR)は、ほっと落ち着くナ...

機能や装備は上位モデルよりも劣る

シンプル&クリーンな外装やナチュラル感あふれる内装が魅力の新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーですが、スパーダやプレミアムラインなどの上位モデルと比べると、機能や装備が劣ります。

例えば、2列目シート。

■エアーの2列目シート

上位モデルに位置をするスパーダやプレミアムラインの2列目シートには、足を伸ばして座ることができるオットマンが備わっていますが、エアー(AIR)には、備わっていません。

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も同様です。

上位モデルのスパーダやプレミアムラインは、スイッチ一つでテールゲートを開閉することができる電動パワーゲートが標準装備していますが、この新型モデルの荷室は、手動でテールゲートを開け閉めしないといけません。

それ以外にも、この新型モデルのエアー(AIR)と上位モデルと比べると、安全装備などにも違いが…。

上位モデルのスパーダやプレミアムラインとは一線を画したシンプル&クリーンが魅力のエアー(AIR)ですが、機能や装備は、上位モデルよりも劣るのでご注意くださいね。

エアーの乗り出し価格は約425万円~

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデルに位置をするエアーの車体本体価格は、299万8600円~338万2500円となっています。

■新型ステップワゴン エアーの車体本体価格

ただ、この新型モデルは、ホンダコネクトに対応しているディーラーオプションナビなどが高いこともあり、エアーの乗り出し価格は、ガソリン車でも400万円オーバー…。

■新型ステップワゴン エアーの乗り出し価格

エアー(AIR)には、シートヒーターや充電用のUSBポート、電動パワーゲートなどが用意されていないことを考えると、ちょっと割高なのかなと思ってしまいました。

2022年5月にデビューを果たしたした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最廉価モデルに位置をするのが、スッキリとしたクリーン&...

新型ステップワゴンのスパーダ【特徴や魅力、注目ポイントを紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”の外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのスパーダの外装

■新型ステップワゴンのスパーダの内装

この新型モデルのスパーダ(SPADA)の外装や内装は、エアー(AIR)とはひと味違う雰囲気がただよっています。

そんな新型モデルもスパーダの特徴や魅力、注目ポイントを紹介したいと思います。

エアーよりも上質感&迫力が増したスパーダの外装

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”の魅力の一つは、エアーよりも迫力が増した外装・エクステリアです。

スパーダ(SPADA)の外装・エクステリアの中には、薄型のLEDヘッドライトや16インチのアルミホイールなど、下位モデルに位置をするエアー(AIR)と同じデザインのアイテムもあります。

■スパーダのヘッドライト

■スパーダの16インチタイヤ&アルミホイール

しかし、この新型モデルのスパーダ(SPADA)では、エアーよりもひと回り大きいフロントグリルやテールゲートスポイラーなど、様々な専用アイテムを採用。

■スパーダのフロントグリル

また、スパーダ(SPADA)の外装・エクステリアには、エアーにはなかったダーククロームメッキの加飾もほどこさられています。

そのおかげもあり、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの外装・エクステリアは、エアーよりも迫力&存在感のある外装・エクステリアになっていました。

また、この新型モデルのスパーダ(SPADA)は、エアー(AIR)とは違い専用のボディカラーを用意しているのも、注目ポイントの一つですよ。

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は3つのグレードを用意していますが、一番人...

シックで落ち着いた雰囲気の内装

また、エアー(AIR)とは全く異なる雰囲気の内装・インテリアになっているのも、スパーダ(SPADA)の魅力の一つです。

下位モデルのエアー(AIR)は、ナチュラル感あふれる内装・インテリアをしていました。

しかし、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、ダッシュボードやドア内側パネルにプライムスムースをあしらったブラック基調の内装・インテリアを採用。

そのおかげもあり、エアー(AIR)とはひと味違う、シックで落ち着いた雰囲気の車内空間になっていました。

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、プライムスムースとファブリックを組み合わせたコンビシートを採用しており、エアーとはひと味違う座り心地になっているのも注目ポイントの一つですよ。

■スパーダのシート

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置をする"スパーダ(SPADA)"の魅力の一...

嬉しい機能や装備が充実

また、機能や装備が充実していて満足度が高いのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの魅力の一つです。

その一つが、2列目シートです。

下位モデルのエアーの2列目シートには、オットマンの用意がありませんでしたが、中間モデルに位置をするスパーダの2列目シートには、オットマンが標準装備。

■オットマン付きのスパーダの2列目シート

なので、この新型モデルの2列目シートは、足を伸ばして横になることもできちゃいます。

それ以外にも、スイッチ一つでテールゲートを開閉することができる電動パワーゲートやシートヒーター(運転席&助手席)なども標準装備しています。

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、中間モデルのスパーダ(SPADA)が圧倒的に人気が高いのですが、この充実した機能&装備が人気の秘訣かもしれませんね。

スパーダの乗り出し価格は450万円オーバー

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”の車体本体価格は、ガソリン車で325万7100円~、ハイブリッド車で364万円~となっています。

■新型ステップワゴンのスパーダの車体本体価格

ただ、車体本体価格にオプションや諸経費、税金などを加えた乗り出し価格を確認してみると、ガソリン車でも450万円オーバーとなります。

■新型ステップワゴンのスパーダの乗り出し価格

機能や装備が充実しているスパーダ(SPADA)とはいえ、ガソリン車で450万円オーバーは、ちょっと高すぎる感じが…。

しかし、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの乗り出し価格を比べてみると、26万円~27万円くらいの差しかないんですよね。

これくらいの価格差なら、機能や装備が充実しているスパーダ(SPADA)の方が、購入する価値はあるのかなと思ってしまいました。

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル"スパーダ"を先日もらってきた...

新型ステップワゴンのプレミアムライン【特徴や魅力、注目ポイントを紹介】

新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインの外装・内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのプレミアムラインの外装

■新型ステップワゴンのプレミアムラインの内装

パッと見た感じ、プレミアムラインの外装&内装は、スパーダにかなり似ている感じがします。

ただ、この新型モデルのスパーダとプレミラムラインは、様々な違いが…。

そんなプレミラムライン(PREMIUM LINE)の特徴や魅力を、スパーダとの違いに注目をしながら紹介したいと思います。

ラグジュアリー感あふれるプレミラムラインの外装

新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインの外装・エクステリアは、スパーダをベースにしているため、ほとんど違いがありません。

ただ、最上位モデルに位置をするプレミラムライン(PREMIUM LINE)は、専用の17インチのタイヤ&アルミホイールを履いています。

■プレミアムラインのタイヤ&ホイール

また、フロントグリルやサイドシル、テールゲートにあしらわれている加飾も、スパーダ(SPADA)よりも明度が明るいプラチナ調のクロームメッキとなっています。

そのおかげもあり、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミラムラインは、スパーダよりもラグジュアリー感あふれる上品な外装・エクステリアになっていました。

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするのが、スパーダの...

スタイリッシュさが増したプレミアムラインの内装

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン”は、スパーダと同様、ブラックを基調にした内装・インテリアになっています。

ただ、スパーダとは違い、最上位モデルのプレミアムラインでは、ダッシュボードやドア内側パネル、シートのメイン部分などに起毛立ち加工をほどこしたスエード調の素材を採用。

■スエードをあしらったプレミアムラインのダッシュボード

■スエードをあしらったプレミアムラインのシートのメイン部分

そのおかげもあり、プレミアムライン(PREMIUM LINE)は、スパーダよりもワンランク上の上質感&スタイリッシュさがただよう内装・インテリアになっていました。

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするのが、スパーダ ...

2列目シートまわりの快適性が増したプレミアムライン

備わっている機能&装備も、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインの注目ポイントの一つです。

2列目シートのオットマンや電動パワーゲートなど、中間モデルのスパーダに備わっている機能は、プレミアムラインでもしっかりと備わっています。

■オットマン付きのプレミアムラインの2列目シート

それだけではなく、最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)では、2列目シートにシートヒーターを標準装備。

■プレミアムラインの2列目シート用のシートヒーター

もし2列目シートまわりの快適性&居心地の良さを求めるのなら、2列目シートにシートヒーターが標準装備されているプレミアムラインが良いかもしれませんね。

プレミアムラインは7人乗り仕様のみ

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインで注意が必要なのは、乗車人数です。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)や中間モデルのスパーダ(SPADA)では、2列目にキャプテンシートを備えた7人乗り仕様だけではなく、2列目シートにベンチシートを備えた8人乗り仕様も用意しています。

■新型ステップワゴンの2列目キャプテンシート

■新型ステップワゴンの2列目のベンチシート

しかし、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)で選べるのは、2列目シートに2人座れる7人乗り仕様のみとなっており、ベンチシートを選ぶことができません。

2列目にベンチシートを備えた8人乗り仕様は、フルフラットにした時に2列目シートの間に隙間ができないのが良いんですよね。

■8人乗り仕様のステップワゴンをフルフラットにした時

■7人乗り仕様のステップワゴンをフルフラットにした時

もし新型ステップワゴン(STEP WGN)で車中泊をすることを考えているのなら、プレミアムラインよりも、ベンチシートを選ぶことができるエアーやスパーダの方が良いかもしれませんね。

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートは、2人掛けのキャプテンシー...

プレミラムラインの乗り出し価格はほぼ500万円

また、乗り出し価格の高さも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミラムラインの注意をしなければいけないポイントの一つです。

この新型モデルのプレミアムラインの車体本体価格は、ガソリン車で346万2800円~、ハイブリッド車で384万6700円となっています。

■プレミアムラインの車体本体価格

ただ、乗り出し価格を確認してみると、この新型モデルのプレミアムラインは、500万円に達しそうな勢いに…。

■プレミアムラインの乗り出し価格

機能や装備が充実している最上位グレードとは言え、ミドルクラスのミニバンで500万円は、ちょっと高すぎますよね。

このミドルクラス ミニバンとは思えない乗り出し価格の高さは、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインの売れ行きが伸びない理由の一つなのかなと思ってしまいました。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインは、ハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の差が3つのグレードの中で一番小さく、元が取りやすくなっています。

なので、プレミアムラインを購入するのなら、ガソリン車よりもハイブリッド車の方がお得感があってよいですよ。

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするが、豪華装備を備...

まとめ:グレードでデザインや機能に差がある新型ステップワゴン

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のグレードごとの特徴や魅力、注目ポイントを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのグレードの特徴&魅力のまとめ

・クリーン&シンプルな見た目が特徴のエアー
・充実した機能&装備が魅力のスパーダ
・2列目シートまわりの快適性が魅力のプレミアムライン

今回デビューを果たした新型モデルでは、グレードによって、見た目のデザインだけではなく、機能や装備にも大きな差が…。

エアーのスッキリとした見た目も良いのですが、購入後の満足度や快適性を考えると、中間モデルのスパーダ以上のグレードが良いのかなと思いました。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)の人気が圧倒的に高いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02