スパーダより上品!新型ステップワゴン プレミアムラインの外装の魅力や特徴を徹底解説

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするのが、スパーダのプレミアムライン(SPADA PLEMIUMLINE)です。

この新型モデルのプレミアムラインの外装・エクステリアの機能や装備は、一つ下のモデル”スパーダ(SPADA)”と、それほど大きく変わりませんが、デザインの部分で若干の違いが…。

そのため、スパーダのプレミアムライン(SPADA PLEMIUMLINE)とスパーダ(SPADA)では、見た目の雰囲気に違いがありました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの最上位モデル”プレミアムライン”の外装・エクステリアは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、このプレミアムラインは、どのような装備&アイテムを装着していたのでしょうか?

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位グレード”プレミアムライン(SPADA PLEMIUMLINE)”の外装・エクステリアの特徴や魅力を、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン プレミアムラインの外装【特徴&注目ポイントをチェック】

2022年6月にデビューを果たしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位グレード”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴン プレミアムラインの外装

先ほどもお話した通り、この新型モデルのプレミアムライン(PLEMIUMLINE)の外装の基本的なデザインは、一つ下のグレード”スパーダ(SPADA)”とほぼ同じです。

ただ、先ほどもお話した通り、用意されている機能や装備で若干の違いが…。

そんなところにも注目しながら、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”の外装・エクステリアの特徴や魅力、注目ポイントを紹介したいと思います。

全高は他のグレードより少し高め

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位グレード”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”の外装・エクステリアの注目ポイントの一つは、ボディサイズです。

■プレミアムラインとスパーダのボディサイズ比較

全長や全幅に関しては、プレミアムライン(PLEMIUMLINE)とスパーダ(SPADA)でサイズに違いはありません。

ただ、タイヤ&ホールのサイズが違うこともあり、スパーダ(SPADA)よりプレミアムライン(PLEMIUMLINE)の方が全高が5mmほどですが、高くなっていました。

スパーダとの違いはメッキ加飾

そんな新型ステップワゴンの最上位モデル”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”と”スパーダ(SPADA)”の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、フロントグリルやテールゲート、サイドシルにほどこされている加飾です。

下位モデルに位置をする”スパーダ(SPADA)”では、フロントグリルやテールゲートなどの加飾にダーククロームメッキを採用。

そのため、引き締まった印象の見た目になっていました。

一方、最上位モデルにモデルに位置をする”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”は、白っぽく光り輝くプラチナ調のクロームメッキ加飾をフロントグリルなどに採用。

■プレミアムラインのプラチナ調クロームメッキ

そのおかげもあり、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインは、スパーダよりも上品&エレガントな見た目になっていました。

スパーダにはない専用アイテムも用意

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン”は、スパーダなどにはない専用アイテム&装備も用意されてります。

その一つが、ヘッドライトです。

■プレミアムラインのヘッドライト

この新型モデルの最上位モデル”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”は、先行車や対向車を検知して、照射する範囲を自動的に調整してくれる”アダプティブドライビングビーム”を標準装備しています。

また、他のグレードよりも一回り大きい専用デザインのホイール&タイヤを装着しているのも、プレミアムライン(PLEMIUMLINE)の注目ポイントの一つですよ。

新型ステップワゴン プレミアムラインの外装【装備&アイテムをチェック】

下位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)よりも上質感ただよう見た目をしている新型ステップワゴンのプレミアムライン(PLEMIUMLINE)ですが、どのような機能&装備を備えているのでしょうか?

この新型モデルのプレミアムライン(PLEMIUMLINE)の外装の機能&装備を詳しく見ていきましょう。

上質感がただようフロントグリル

新型ステップワゴンの最上位モデル”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”の外装の注目の装備&アイテムの一つが、フロントグリルです。

■プレミアムラインのフロントグリル

グリル部分にブラック塗装を施したパネルを採用しているのは、下位モデルのスパーダ(SPADA)と同じです。

ただ、プレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、フロントグリルのまわりを囲む加飾にプラチナ調のクロームメッキを採用。

そのおかげもあり、精悍さと言うよりも上品さや高級感がただようフロントマスクになっていました。

上質感がただようヘッドライト

また、ヘッドライトも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”の注目の装備&アイテムの一つです。

L字型に光るシグネチャーランプなど基本的なヘッドライトのデザインは、スパーダやエアーと同じになっています。

■プレミアムラインのヘッドライト

ただ、プレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、ヘッドライトの内部の加飾パーツにプラチナ調のクロームメッキを採用。

そのおかげもあり、他のグレードとは、少し印象の異なる特別感のあるヘッドライトになっていました。

耳たぶミラー付きのサイドミラーを標準装備

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴンのプレミアムライン(PLEMIUMLINE)のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■プレミラムラインのサイドミラー

この新型モデルのサイドミラーは、ボディカラーと同系色を採用。

また、助手席側のサイドミラーには、ボディ下部の死角を視認性をサポートする補助ミラー(耳たぶミラー)を標準装備しています。

ただ、この新型モデルのプレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、前後左右の死角をサポートするマルチビューカメラを用意しちえるので、補助ミラー(耳たぶミラー)は、装着しなくても良いのかなと思いました。

エアーにはない専用装備のルーフスポイラー

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン”の外装の注目のアイテムの一つが、ルーフスポイラーです。

■プレミラムラインのルーフスポイラー

この新型モデルのプレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、スパーダと同様、ルーフスポイラーを標準装備。

最廉価モデルに位置をするエアー(AIR)とはひと味違うスタイリッシュな後ろ姿を強調していました。

機能面で違いがあるリヤコンビネーションランプ

今回デビューを果たした新型ステップワゴンの最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIUMLINE)のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインをしています。

■プレミアムラインのリヤコンビネーションランプ

初代ステップワゴンを彷彿(ほうふつ)とさせるような縦に長いリヤコンビネーションランプを採用しているのは、他のグレードと同じです。

ただ、最廉価モデルに位置をするエアー(AIR)と異なり、リフレクターをリヤコンビネーションランプの中に内蔵しているため、若干デザインに違いがありました。

専用デザインのホイール&タイヤを標準装備

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン(PLEMIUMLINE)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインをしています。

■プレミアムラインのタイヤ&ホイール

この新型モデルは、他のグレードよりも一回り大きい17インチのタイヤ&ホイールを標準装備。

また、プレミアムライン(PLEMIUMLINE)は、切削加工された面が放射状に広がる専用デザインのアルミホイールを採用。

そのおかげもあり、他のグレードとは全く異なる雰囲気がただようサイドスタイルになっていました。

まとめ:上質感ただよう新型ステップワゴンのプレミアムラインの外装

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしていました。

■新型ステップワゴン プレミアムラインの外装

・スパーダよりもワンランク上の上質感&高級感
・プラチナ調のクロームメッキをフロントグリルなどに採用
・スパーダよりも車高が高いプレミアムライン
・17インチタイヤなど専用装備&アイテムが充実

専用デザインのタイヤ&アルミホイールを装着しているこの新型モデルのプレミアムラインは、スパーダ(SPADA)よりも迫力のあるデザインに…。

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインは、プラチナ調のクロームメッキ加飾を採用していていることもあり、スパーダ(SPADA)よりも上品で落ち着いた雰囲気になっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02