新型ステップワゴン エアーとスパーダの内装の差は予想以上【実写画像で違いを比較】

2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、親しみやすいカジュアルな見た目のエアー(AIR)とシックで迫力のあるスパーダ(SPADA)の2つのモデルを用意しています。

見た目が大きく違うこの新型モデルのエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)ですが、内装・インテリアのデザインや機能&装備にも大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルのエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインをしているのでしょうか?また、エアーとスパーダでは、内装の装備や機能にどのような違いがあったのでしょうか?

実写画像を使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装・インテリアの装備&機能の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのエアーとスパーダの内装【デザインをチェック】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■エアーの内装・インテリア

■スパーダの内装・インテリア

全く異なる雰囲気がただよっているこの2台のモデルの内装・インテリアですが、それぞれ次のような特徴&魅力を備えていました。

ほっと落ち着くナチュラル感あふれるエアーの内装

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデルに位置をする”エアー(AIR)”は、ブラックとグレーの2種類の内装色を用意しています。

■エアーのブラックの内装

■エアーのグレーの内装

インパネやドア内側パネルには、ザックリとした肌触りの織物があしらわれており、ほっと落ち着くリビングルームのようなナチュラル感あふれる内装・インテリアに…。

ただ、上位モデルの”スパーダ(SPADA)”と比較すると、機能や装備で少し物足りなさを感じるのが、気になるところでした。

シックで大人っぽい雰囲気のスパーダの内装

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)に用意されている内装色・インテリアカラーは、ブラックのみ。

■ブラックの内装のスパーダ

ただ、下位モデルに位置をするエアー(AIR)と違いドア内側パネルのトリム部分やダッシュボードの上段には、レザーのような肌触りを楽しめるプライムスムースを採用。

そのおかげもあり、エアーとはひと味違うシック&スタイリッシュな内装・インテリアになっていました。

また、後ほど詳しく紹介しますが、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの内装・インテリアは、エアーより機能や装備が充実しているのも注目ポイントの一つですよ。

新型ステップワゴンのエアーとスパーダの内装【機能&装備の違いをチェック】

このように車内の雰囲気が大きく異なる新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装・インテリアですが、機能&装備にも差がありました。

この新型モデルのエアーとスパーダの内装・インテリアには、どのような違いがあるのでしょうか?実写画像を使って、エアーとスパーダの内装の違いを紹介したいと思います。

内装色のバリエーション

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装・インテリアの大きな違いの一つが、用意されている内装色・インテリアカラーです。

先ほども申し上げた通り、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)に用意されている内装色・インテリアカラーは、スタイリッシュな車内空間を演出するブラックのみです。

■スパーダのブラックの内装色

一方、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、ブラックとグレーの2種類の内装色・インテリアカラーを用意。

■エアーのブラックの内装色

■エアーのグレーの内装色

好きな内装色・インテリアカラーを選べるのは、かなり嬉しいですよね。

用意されている内装色・インテリアカラーのバリエーションが多いのは、スパーダ(SPADA)にはないエアー(AIR)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

インパネ・ダッシュボードの加飾

また、インパネ&ダッシュボードのデザインも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装・インテリアの大きな違いの一つです。

どちらのモデルも視認性に優れる水平基調のインパネ・ダッシュボードを採用しているのですが、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、インパネの上面の加飾にファブリック素材を採用。

そのおかげもあり、カジュアルで柔らかみのあるデザインに…。

一方、上位モデルに位置をするスパーダは、ステッチ入りの合成レザー(プライムスムース)をインパネ・ダッシュボードの加飾に採用。

■スパーダのインパネ

ハンドルやナビ、エアコンパネルとの相性も良く、スタイリッシュで落ち着いた雰囲気の運転席まわりを演出していました。

ハンドルの高級感&握り心地

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダとエアーでは、ハンドル・ステアリングホイールに採用されている素材も異なります。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)では、シンプルなウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■エアーのハンドル

そのため、高級感&上質感はイマイチです。

一方、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■スパーダのハンドル

サラサラとした素材感のため、真夏の暑い日の手の滑りなどは気になるところですが、見た目の高級感や上質感に関しては、本革巻きのハンドルを採用しているスパーダ(SPADA)の方が良かったです。

エアコンの性能&機能

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装の機能&装備で大きく異なるのが、エアコン/ヒーターです。

どちらのモデルも、運転席と助手席で別々に温度を調整することができる左右独立式の温度調節機能を備えたフルオートエアコンを備えています。

■新型ステップワゴンのエアコン

ただ、エアー(AIR)とスパーダ(SPADA)では、後部座席のエアコンの機能に差が…。

上位モデルに位置をするスパーダでは、後部座席まわりにも温度や風量を調節することができるフルオートエアコンを備えています。

■スパーダの後部座席のフルオートエアコン

一方、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、シンプルなマニュアルエアコンを標準装備。

そのため、後部座席の快適性&居心地の良さは、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)の方がワンランク上のように感じました。

真冬の寒い日に重宝をするシートヒーター

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダで大きく異なるのは、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターです。

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、3段階から温度を調整することができるシートヒーターを運転席と助手席に用意しています。

■スパーダのシートヒーター

一方、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、シートヒーターの用意はありません。

なので、真冬の快適性&居心地の良さに関しては、上位モデルに位置をするスパーダー(SPADA)の方が良い感じが…。

このように快適装備に関しては、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダで大きな差があるので、ご注意くださいね。

充電用のUSBポート

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)と下位モデルに位置をする”エアー(AIR)”で大きく異なるのは、USBポートの数です。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)に用意されているUSBポートは、1つのみ。

■エアーのUSBポート

ダッシュボードの中央にナビと接続するための通信用のUSBポートしか用意がありません。

一方、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、通信用のUSBポート以外に充電用のタイプCのUSBを各シートの1つずつ合計5つ用意。

■スパーダの充電用USB:フロントシート

■スパーダの充電用USB:2列目シート

■スパーダの充電用USB:3列目シート

なので、どのシートに座っても、気軽にスマホやiPhone、タブレット端末を充電することができます。

このように車内で快適に過ごすための装備や機能が充実しているのも、エアーにはないスパーダの魅力の一つなのかもしれませんね。

シートのデザイン&快適性

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)の内装・インテリアで大きく異なるのが、シートのデザイン&快適性です。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、全面ファブリック素材のシートを採用しています。

■ファブリック素材のエアーのシート

そのため、エアー(AIR)は、カジュルな雰囲気の車内空間に…。

ただ、エアー(AIR)のシートに採用されているファブリック素材は、サラリとした肌触りになっているため、非常に座り心地は良いです。

一方、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、シート中央のメイン部分にファブリック素材を、そして、シートサイドにプライムスムースをあしらったコンビシートを採用。

■コンビシートのスパーダのシート

また、スパーダの7人乗り仕様の2列目シートには、より一層くつろぐことができるオットマンを備えているのも、注目ポイントの一つですよ。

ドア内側パネルの高級感&上質感

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダでは、ドア内側パネルの高級感&上質感も異なります。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、ドア内側パネルのトリム部分にザックリとした肌触りが特徴のファブリック素材を採用。

■ファブリックを採用のエアーのドア内側パネル

一方、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、ドア内側パネルにプライムスムースを採用。

■プライムスムースを採用のスパーダのドア内側パネル

真夏の暑い日にドア内側パネルに手が触れると若干べとつくのが気になるところですが、高級感&上質感あふれるデザインになっていました。

まとめ:機能や装備に差がある新型ステップワゴンのエアーとスパーダの内装

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの内装・インテリアを比較してみたところ、このような違いがありました。

■エアーとスパーダの内装の違いのまとめ

・エアーブラックとグレードの内装色を用意
・スパーダの内装色はブラックのみ
・シートやドア内側パネルの素材が異なる
・USBなど快適装備&便利アイテムも差がある

ファブリック素材を多用しているエアー(AIR)とプライムスムースをあしらっているスパーダ(SPADA)では、車内の雰囲気に大きな差が…。

なので、グレード選びに迷った方は、好みの内装・インテリアのグレードを選んでみるのも良い方法です。

ただ、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)ほど快適装備&便利アイテムが揃っていないので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02